見出し画像

連載小説 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー〈前編〉

opsol book

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
こちらは、現在連載中の、〈神霊王国物語〉シリーズ『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝作品です。前編・中編・後編の全3部構成となっています。 

 なお、本作『邂逅』と『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』『神霊術少女チェルニ〈往復書簡〉』では、作品のイメージに合わせて文体が大きく異なります。

 ぜひ、『〈連載版〉』そして、同作の登場人物による文通の様子を描いた『往復書簡』と、合わせてお楽しみください。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


 その日、ルーラ王国の王国騎士団をべる騎士団長、レフ・ティルグ・ネイラは、数人の部下を連れて、王城の長い回廊を進んでいた。
 堅牢な石造りの土台の上に、純白の大理石を惜しげもなく張り巡らせた巨大な王城は、高い尖塔せんとうを連ねた優美な外観から、〈白鳥城〉の名で知られている。造営から千余年、一度として戦火に焼かれたことがなく、美しい純白を保ち続ける王城は、ルーラ王国民の誇りであり、他国の羨望せんぼうの的でもあった。

 回廊を突き当たり、優雅極まりない螺旋らせん階段を登ったところで、三人の男達が一行を待ち受けていた。そのうちの一人、王城の高等官吏こうとうかんりであることを示す、漆黒の官服を身に着けた壮年の男が、片膝をついて礼を取りながら、うやうやしい口調で言った。

おそれながら、言上ごんじょうつかまつります。本日はわざわざの御運びをたまわり、恐悦至極きょうえつしごくに存じます、王国騎士団長閣下。宰相閣下が御待ちでございますので、先導をさせていただきたく、御待ち申し上げておりました」

 レフ・ティルグ・ネイラは、まだ二十代半ばの青年である。ルーラ王国でも指折りの大貴族、ネイラ侯爵家の嫡男として生まれ、史上最年少で王国騎士団長の座に上り詰めた逸材とはいえ、自身も貴族位を持つであろう高等官吏の態度は、不自然な程に慇懃いんぎんだった。
 レフは、視線を合わせることさえ畏れるかのような官吏の姿に、特に関心を向けることもなく、穏やかな表情のままうなずいた。レフにとっては、物心のついた頃から繰り返される、当たり前の情景だったからである。
 レフのすぐ後ろを守っていた、副官とおぼしき壮年の騎士が、静かに進み出て口を開いた。

「御迎え、恐縮でございます。御先導の程、御願い致します」
かしこまりました。宰相さいしょう閣下に御到着を御知らせ致したく、先触さきぶれの神霊術しんれいじゅつを使わせていただいても、よろしゅうございますか」
「もちろんでございます」
「では、そのように。ありがとうございます」

 高等官吏は、視線を下げたまま背後を振り返ると、背後に控える濃紺の官服の男に向かって、一つ頷きかけた。濃紺の官吏は、胸元から小さな紙片を取り出すと、それを左の手ひらに乗せたまま、素早く右手の指先で〈いん〉を切り、小声で詠唱を行なった。

「風を司る御神霊に願う。我が手にある紙片を、宰相閣下の執務室前、護衛に立つ近衛騎士に届け給え。対価は我が魔力を必要なだけ」

 すると、男の目の前に指先ほどの小さな水色の光球が現れ、二度三度、手のひらの紙片の上を旋回する。そして、光球が水色の光となって溶け出したかと思うや否や、ふわりと浮かび上がった紙片が、どこへともなく飛び去っていった。巨大な王城では、一日に何十度も使われるであろう、風の神霊術の一つだった。

 神霊術とは、万物に宿るとされる神霊の力を借り、自らの魔力などを対価に捧げることによって、人知を超える現象を引き起こすことをいう。ルーラ王国の別名は、千年の安寧を誇る〈神霊王国〉。国民のほとんどが、何らかの神霊術を使うことから、そう呼ばれているのである。

 〈森羅万象しんらばんしょう八百万やおよろずあまね神霊みたま御坐おわします〉。この世の全てのものに、ことごとく神霊が宿っているという、この言葉こそが、千年の時を経ても変わらない、ルーラ王国の国是こくぜだった。

 神霊術を行使するためには、神霊から〈印〉と呼ばれる証を得なくてはならず、その印は無数といって良い程に細分化されている。風や火、水や土というように、応用範囲の広い力を持った神霊から印を与えられることもあれば、〈釘〉〈卵〉〈絹糸〉〈まな板〉など、極めて限定的な物質を司る神霊から、印を与えられることもある。
 誰に何の印が与えられるのか、いつ与えられるのか、いくつの印を与えられるのか。その決定は、人の身には予測することさえ叶わない、神の領域なのである。

 こうしたルーラ王国の神霊術は、他の国々からは、およそ理解不能な現象だといわれている。全ての人々が魔力を持ち、魔術を使う世界にあって、他国が行使するのは魔術だった。複雑に決められた術式に、身の内の魔力を流し込むことによって、様々な現象を引き起こすのである。
 ルーラ王国の国民でない者は、どれだけの努力を重ねても、神霊術を会得えとくできず、神霊術を使うルーラ王国の民も、決して魔術の行使はできない。それぞれの〈ことわり〉が違うのだと、ルーラ王国では、幼い子供でさえも知っていた。

 風の神霊術によって、宰相執務室への先触れが行われたことを確認すると、ひざまずいていた官吏たちは、微塵みじんも上半身を動かさないまま、真っ直ぐに立ち上がった。高等官吏は、レフに深々と一礼すると、優雅な足取りで歩き出し、二人の部下がそれに続く。
 王国騎士団の側も、副官が先に立って官吏たちの後方を歩き、さらにその後ろをレフと部下達が進んでいく。王城の慣例となっている儀礼は、洗練を極めた様式美であり、無意味な程に典雅だった。

 ルーラ王国の宰相執務室は、そこから広々とした廊下を進み、さらに階段を登り切った、王城でも奥まった一角に設けられている。近衛騎士が守っている扉を、三度までも通り抜け、王国騎士団の一行は、ようやく宰相執務室に隣接する面談室へとたどり着いた。
 先触れによってレフの到着を知らされていた、ルーラ王国の宰相、王国随一の大貴族である、アル・ティグネル・ロドニカ公爵は、長椅子にゆったりと座ったまま、にこやかにレフに話しかけた。

「呼び出してすまないな、レフ。供の者達も、楽にしなさい。茶菓さかの用意もしてあるので、そちらの椅子に座って、自由におあがり」

 大王国の宰相にしては、気安く親しみのこもった口調に、王国騎士団の者達は、丁寧に頭を下げることによって謝意を示した。レフは、ロドニカ公爵の向かい側の椅子に腰掛けてから、こう言った。

「御召しにより参上致しました、宰相閣下。王城でわたしを御呼びとは、何か急なことでもございましたか」
「あった。かねてからの懸案事項が、進展を見せたので、そなた達の力を借りたいのだ」
「御意に。御話を御聞かせください」

 ロドニカ公爵が視線を投げると、壁際に控えていた官吏の一人が、恭しく歩み寄った。襟元に、銀糸で三つの星の刺繍を施された漆黒の官服は、官吏の最高峰ともいえる、宰相府の主席事務官の身分を示すものである。

「レフに詳細の説明を」
「畏まりました、閣下。誠に僭越せんえつながら、御説明申し上げます、王国騎士団長閣下」
「ええ。よろしく御願いします」
「畏まりました。この場には、既に防音の神霊術が施されておりますので、率直に御説明を申し上げます。かねてより、宰相閣下が御心痛であられました、ルーラ王国の少年少女誘拐に関しまして、有力な情報が得られたようでございます。現在のところは、真に有力情報かどうかの確定までには、至っておりませんけれども」

 主席事務官の言葉に、宰相執務室にいた者達の間に、密かな緊張が走り抜けた。少年少女の相次ぐ誘拐は、千年の平和を維持するルーラ王国にあって、まれに見る重大事件だったのである。
 主席事務官は、資料一つ見ることもなく、次々に正確な数字を上げていった。

「改めて御説明申し上げますと、ルーラ王国内で、少年少女の誘拐が頻発化ひんぱつか致しましたのは、ここ二年の間のことでございます。それまでも、単発的な事例としてはあったのでございましょうから、王城に報告が相次ぐようになったのは、という意味ではございます。数的には、それまでは年間十件未満であった誘拐事件が、二年間で三十八件に達し、被害者は百五十人を超えるものと思われます。被害者のほとんどは、寄る方なき孤児でございますので、件数、人数とも、実際にはこの数を大きく上回る可能性が高うございます」

 王国騎士団長という、王国の重職にあるレフはもちろん、その側近を務める部下達も、かねてから誘拐事件の概略は知らされている。しかし、改めて語られた事態の深刻さに、誰もが息を飲まずにはいられなかった。
 レフは、眉間にしわを寄せただけで、無言を貫いた。その沈黙によって先を促された主席事務官は、淡々とした声音で報告を続けた。

「王国騎士団長閣下も御承知の通り、市井しせいの誘拐事件の捜査に当たるのは、各町村の守備隊でございます。我が王国の守備隊は、それぞれに規律正しく、王国の民を守護する使命に注力しておりますが、町村ごとに半ば独立した組織であることから、広域的な犯罪には対処の及ばぬ部分がございます。過去の誘拐事件につきましては、基本的に町村内で起こった限定的な事件であり、逃亡犯を追うために町村をまたぐ程度のことでございましたので、これまではおおむね検挙してまいりました。しかし、この二年間の事件は、王国中の町村を対象とした犯罪と申し上げて良い程に、発生地点が点在しているのが特徴でございます」

 ほのかに芳香を立ち昇らせる紅茶を、苦い表情で口にしてから、ロドニカ公爵が話を引き継いだ。

「これらの状況から、宰相府では一つの仮説を立てている。二年前までに起こった誘拐事件が、別々の犯人によって起こされた偶発的なものである一方、この二年間の誘拐は、同一の犯人による組織的な犯行ではないか、と。その見通しについては、そなたにも話していた通りだよ、レフ」
「存じ上げております。宰相閣下が、広域犯罪であるという仮定の元、我ら王国騎士団の投入を御考えであり、適切な機を計っておられることも」
「どうやら、その機が訪れたらしい。昨日、王都の南西にあるセアラという街の守備隊から、重要な情報が入った。孤児院から子供をさらった犯人を追っていたところ、目の前で逃げられてしまったのだが、その際、転移魔術と思しき術が使われる現場を、何人かの守備隊員が目撃したというのだ」
「転移魔術ですか。何らかの神霊術ではなく」
「そうだ。遠目に追いついた犯人どもは、印も切らず、魔術陣を展開したらしい。痕跡も残されていたと申したな」

 ロドニカ公爵が確認した相手は、かたわらに立つ首席事務官だった。首席事務官は、重々しくうなずいた。

「御意にございます、閣下。神霊術と魔術、双方の観点から急ぎ検証致しましたところ、ほぼ魔術の行使で間違いはないものと存じます。物証と致しましては、魔術の威力を増大させるために使われたと思しき〈触媒しょくばい〉の一部が、現場に残されておりました。いくつかの国で好んで用いられる、高純度の水晶であり、魔力の痕跡も検出できております」
「この情報から導き出される回答は、今のところ一つしかない。我ら、ルーラ王国の国民であれば、魔術は使わず、使えない」
「つまり、犯人は他国ですか。他国の者たちが、ルーラ王国の少年少女を誘拐しているとおっしゃるのですね。そう考えれば、拐われた子供たちの行方がようとして掴めないことにも、納得がいきますけれど」
「転移魔術を用いて、他国に連れ去ったと考えるのが、合理的な結論というものだろう。これは、極めて深刻な事態だよ、レフ。子供たちの安全とは、全く別の次元においてな」
「自国の子供たちを、百五十人以上も拐われたとすれば、国家としての誇りに懸けて、見過ごしになどできません。不戦を貫くルーラ王国とはいえ、厳しく立ち向かうしかないでしょうね」
「そう。内心はどうであれ、開戦するしか道はなかろうな。それが、国際政治の常道だよ。御神霊に守護され、平和を謳歌おうかしてきたルーラ王国とはいえ、所詮はこの世界に生きる国家の一つに過ぎないのだから」

 そうして、ロドニカ公爵の密かなため息と共に、宰相執務室を支配したのは、不安をはらんだ重苦しい沈黙だったのである。

     ◆

 やがて、自らのもたらした暗雲を吹き払うかのように、ロドニカ公爵は表情を改めた。長椅子の上で威儀を正し、じっとレフを見つめる瞳に、ルーラ王国の宰相たるに相応しい覇気が漲っていく。

「とはいえ、みすみす開戦などという事態を招いては、我らは無能のそしりを免れないであろう。早急に事態の鎮静化に当たらねばならぬ。誘拐犯どもが、いずれかの国家の意思によって動いているのではなく、単なる犯罪者であれば、国と国との関係においては、穏便にすませることも可能なのでな。そうであってほしいものだ」

 ロドニカ公爵の言葉に、レフが初めて頬を緩めた。すると、どこか人形めいた無表情にも見え、近寄りがたい雰囲気をまとっていたおもてに、青年らしい明るさが浮かぶ。王国騎士団の中ではめずらしくはなく、貴族社会にあっては滅多に見られない、レフの打ち解けた表情だった。
 身体から力を抜き、長い足をゆったりと組んでから、レフはロドニカ公爵に屈託なく微笑みかけた。

「相変わらず、伯父上は〈政治家〉でいらっしゃる。いずれかの国が意図して起こした誘拐事件ではなく、単なる犯罪者どもの仕業であると、伯父上が御判断なさるのでしょう」
「そなたは、高位貴族のくせをして、言葉を飾ることをしないので困る。もちろん、そうだとも。今回の誘拐事件は、国家的な犯罪などではなく、一部の愚かな犯罪者が強行したに過ぎぬ。したがって、どの国に対しても開戦はしない。真実はどうであれ、それがルーラ王国の選ぶ事実だよ。構わないであろう、レフ。我が愛するおいにして、王国の守護神たる王国騎士団長よ」
「もちろん、異論など一切ございませんよ、伯父上。戦をしたがる愚か者など、この場には連れてきておりませんので。しかし、そう決まったのであれば、なおのこと犯人どもの検挙に努めなければなりませんね」
「そうだとも。相手の国家そのものを救ってやるのだから、相応の対価は支払わせなくてはならぬ。子供たちを残らず救出し、犯人を逮捕して厳罰に処し、関係者のことごとくを処分させる。それが他国の王族であろうともな」
「当然ですね。子供を拐うような犯罪者には、手加減など必要ありません。わたしは、何をすればよろしいですか、伯父上。王国騎士団は、英邁えいまいなる宰相閣下の御命令を、今か今かと御待ちしておりますよ」
「まずは、実行犯の確保が先決であろうな。子供たちの救出と背後関係の洗い出しは、宰相府の指揮のもと、王国騎士団と他部署との合同で行うことになろうし、実行犯の確保には、そなた自身にも出張でばってもらわなくてはならぬ。いかなる魔術であれ、必ず打ち破ることのできる者は、神霊王国と呼ばれる我が王国でも、只一人、〈げき〉であるそなただけなのだから」

 レフは、黙って微笑みを深くしただけだった。謙遜けんそんするまでもない、ロドニカ公爵が口にしたのは、単なる事実に過ぎなかったからである。

 ルーラ王国では、神霊の恩寵おんちょうを受けて現世うつしよに降臨した者を、〈巫覡ふげき〉と呼ぶ。女であれば〈〉、男であれば〈覡〉であり、神霊そのものの体現者として、世の常の神霊術を超えた、大きな力を振るうといわれているのである。
 千年を超える歴史の中で、ルーラ王国には、何人かの巫覡が出現している。巫だけのときもあれば、覡だけのときもあり、その頻度はおよそ数十年に一度。巫覡ともに現れなかった空白期間はあっても、同時に複数の巫や覡がいたこともなければ、巫覡がそろって存在したこともなかった。

 ネイラ侯爵家の嫡男として生を受けたレフは、産まれた瞬間から覡だった。レフが産声うぶごえを上げるまさにそのとき、神霊に関係する諸事をり行う、神霊庁と呼ばれる役所に奉職する神職と、王家の血を引く者の全てに、神託が降ったからである。

〈ネイラ侯爵家が嫡男は、めでたく現世に降臨したる覡なれば、護れ、寿げ、よく仕えよ。かの者は、覡の中の覡にして、千余年の時を経て神霊王国に現れ出でし《神威しんいの覡》也〉

 おごそかな神命として、人々の魂に刻み付けられた神託は、くつがえしようのない重さをもって、レフの人生を決定した。
 覡が神霊の体現者であるとすれば、神の威をまとった〈神威の覡〉は、神霊の化身そのものである。神託によって〈神威の覡〉であると予言されたレフは、地上の権力とは別の次元で、生まれながらに神霊王国の頂点に君臨する存在となったのである。

 ロドニカ公爵は、自身もレフに微笑みかけてから、首席事務官に視線を投げた。有能な首席事務官は、それだけで宰相の意図を察し、漆黒の官服の胸元から小さな絹の包みを取り出すと、そっとテーブルの上に置いた。包みの中から現れたのは、指先ほどの大きさの水晶の欠片かけらである。

「この水晶が、現場に残された魔術触媒なのですか、伯父上」
「そう。周囲を隈なく捜索させたが、他の物証は出なかった。この水晶についても、現在のところ、使用済みの魔術触媒であり、転移魔術の痕跡が残されていることしか判明していない。何かわかるかね、レフ」

 そう言って、ロドニカ公爵は、水晶を無造作につまみ上げ、レフの手に載せた。わずかの間、水晶を凝視した後、レフは尋ねた。

「この水晶の記憶を探ってみましょうか、伯父上」
「そんなことが可能なのか、とは問うまいよ。覡が申されるのであれば、その程度は造作もないのだろう。頼むよ、レフ」
「鉱物を司る神霊に、調べてもらう手もありますが、もう少し詳細に見てみましょう。幼い子供たちを拐うような、大罪人が相手なのですから、我々も力を尽くさなくては。今からここで、神霊術を使います。御人払いはよろしいですか、伯父上。我が部下は、わたし自身よりも信頼のおける者だけを、選んで連れてきております」
「大丈夫だよ、レフ。この部屋の者はもちろん、扉を護る近衛騎士さえも、今日は手の内の者で固めておる。如何様いかようにもしておくれ」
「御意にございます。では、〈鏡〉にたずねてみることに致しましょう」
「〈鏡〉とは、彼の御神鏡ごしんきょうか」
「はい。それが最も早く、確かですから」

 ロドニカ公爵は、レフの答えを聞くや否や、椅子から立ち上がって、周囲の者たちに声をかけた。

「我らが覡が、御神鏡を召喚なされる。皆、神威に備えなさい」

 そう指示された者たち、王国騎士団の騎士や首席事務官、先導をしてきた高等官吏たち、宰相付けの官吏らは、即座に宰相の命に従った。ロドニカ公爵を含めた全員が、広々とした応接室の一角に、壁を背にして寄り集まり、床に両膝をついたのである。
 戸惑いもなくひざまずいた人々は、背筋を伸ばして腰を落とし、軽く握った両手を床につけた。視線は目の前の床に置いたまま、じっとその姿勢を保つ。広い世界の中にあって、ルーラ王国だけで行われる、神事の際の座礼だった。

 応接の椅子に残されたレフは、その場で威儀を正し、即座に神霊術を行使する。印も切らず、詠唱もせず、只一言、こう言った。

神照かみてらす

 その瞬間、部屋を満たしたのは、目に見え、手でつかめる程に濃密な、神霊の気配だった。無条件に人を圧倒し、根源的なおそれを呼び起こす、こうした神の威光を、ルーラ王国では〈神威〉と呼ぶのである。

 部屋にいた者たちは、握り締めた手に力を込め、姿勢を低くすることで、押し寄せる神威に耐えた。恐怖にかられたのではなく、我を忘れたわけでもなく、畏れ多さに震える心を、ひたすらに強く保とうとする。
 彼らが、ルーラ王国の宰相と選び抜かれた側近たち、王国騎士団の精鋭でなければ、あまりの尊さに押し潰され、うずくまってうめくことしかできなかっただろう。

 レフは、人々の様子を一瞥いちべつすると、自分の目の前の空間に向かって、すぐに言葉を続けた。

「我が宝具たる〈神照〉よ。この場では、そなたの神威を抑えてほしい。魂にけがれなく、神霊の守護ある者たちにとってさえ、そなたはまぶしすぎるのだよ」

 レフが言うと、部屋をおおい尽くしていた神威が、たちまちのうちに消え去った。そっと微かに、誰かが安堵の溜息を吐く。そして、ようやく身体の強張りを解いた人々が、いつの間にか深く下げていた頭を上げたとき、否応なく視線を奪われたのは、レフの目の前にふわりと浮かんでいる、一枚の鏡だった。

     ◆

 鏡は、両手で捧げ持つ程の大きさの、まったき真円に見えた。鏡の周りには一切の縁飾りがなく、仄かに発光した鏡面は、まるで夜空に輝く月だった。そして、縁飾りの代わりであるかのように、鏡を飾っているのは、きらめきながらたなびいている、淡い五色ごしきの雲である。
 神霊に守護され、人智を超えた力に親しみ、人々が神霊術を行使するルーラ王国にあってさえ、見る者をおののかせずにはおかない、神秘なる神の遺物。レフの一言で顕現けんげんした鏡こそは、王国の宝物殿の奥深くに護られているはずの、国宝〈神照〉だったのである。

「我がルーラ王国の子供たちを、力ずくで拐っていった極悪人がいるのだよ、〈神照〉。机の上の水晶には、憎むべき犯人の記憶の欠片が眠っている。あまねく全てを照らし出す、いとも尊き神鏡よ。わたしたちに、犯人の姿を見せてほしい」

 レフが口にした、詠唱ともいえない言葉を受けて、〈神照〉は純銀の光に煌々こうこうと鏡面を輝かせた。鏡から溢れ出た光は、真っ直ぐに机の上に降り注ぎ、透明の水晶を五色に染め上げる。そして、銀色の光が消え、水晶が色を失ったかと見るや、〈神照〉は滑るように動き出し、床下近くまで移動した。
 部屋中の人々が固唾かたずを飲んで見守る中、鏡面を上に向けて、低い位置で浮かんだ〈神照〉から、再び天井に届く程の銀光がほとばしり、その光の幕の中に、数人の男たちの姿が等身大に映し出された。

 実体よりはいくらかぼんやりとした輪郭を見せて、銀光に浮かび上がった男の一人は、商人らしき身なりの中年男であり、目を離した瞬間に忘れてしまいそうな、特徴のない目鼻立ちをしていた。ただし、極めて注意深い者や、人を疑うことに慣れた者が見れば、男の度を越した平凡さこそが、不自然であると気づいただろう。
 商人風の男と共にいるのは、荷運びの仕事をする者らしき服装をした、三人の男たちである。彼らの肩には、いくつかの大きな麻袋が担がれており、一見すると、商人風の男が扱う荷物を、運んでいる最中にも思われた。
 最後にもう一人、男たちの影に隠れるようにして身を潜めているのは、白髪まじりの黒髪を無造作に束ねた、痩せぎすの男だった。やはり商人風の身なりで、中年男の部下にも見えるが、狷介けんかいな表情は商人には不似合いであり、青白い顔に汗を浮かべる様子からは、激しい焦燥しょうそうが感じられた。
 こうした五人の男たちは、どこかの街の裏路地だろう物陰で、声を抑えて言い争っているのである。

「おい、早くしろ。守備隊の奴らが追ってくるぞ。時間がない。転移魔術陣はまだ発動しないのか」
「うるさい。気が散るから、静かにしてくれ。これだけの大人数を転移させる魔術なんだ。そう簡単に発動できるものか」
「だからこそ、一級品の水晶を用意したんだろうが。魔術触媒として必要だとはいえ、その水晶一つで、子供が一人買えるくらいの金がかかるんだぞ」
「いい加減にしろ、おまえたち。騒いだところで、事態は悪化するだけだ。魔術発動に集中力が必要なことくらい、おまえたちにもわかるだろう」
「しかし、隊長」
「黙れ。その言葉を口にするな、愚か者」
「申し訳ありません。気をつけます」
「わたしたちは、守備隊の者たちに顔を見られている。りになって逃げても、追い立てられる可能性が高い。守備隊がこの路地まで迫ってきたら、倒すしかあるまい。おまえたちは、荷物を持って魔術陣の発動地点で待機しろ」
「あなたが、一人で戦われるのですか」
「魔術を使う。我が術なら、守備隊の者たちなど、何十人おろうと恐るるに足りん」
「それは、確かに。しかし、そうすると、我らがルーラ王国のものではないと、悟られる結果になりますが」
「仕方あるまい。荷物の中身を改められたら最後なのだ。ともかく、この場を切り抜けるしかない。拠点まで逃げ込んでしまえば、この国の者は誰も手を出せないからな」
「来ました。来ました。守備隊の奴らです」
「発動準備完了。転移します」
「よし。全員、魔術陣に乗れ」

 そこからは、騒然とした場面となった。路地裏の古ぼけた敷石の上に、赤々とした魔術陣が浮かび上がり、人の身長を超す程の大きさに広がっていく。五人の男たちが、魔術陣の上でひと塊になって身を寄せると、赤い魔術陣が輝き出す。路地裏の入口に、ルーラ王国の守備隊が突入して、必死に追い迫ってくる直前で、男たちは首尾よくその場から消え失せたのである。
 男たちの姿が消え、赤い輝きを失った魔術陣の上で砕け散った水晶の欠片が、守備隊と思しき男の手に拾われたところで、水晶の記憶は途切れていた。

 忠実に一連の情景を再現した〈神照〉は、水晶の記憶が終わると同時に銀光を消し、滑るようにレフの眼前へと戻っていった。レフは、役目を果たした〈神照〉に、優しい口調で話しかけた。

「ありがとう、〈神照〉。そなたには、いつも助けられるよ。宝物殿の奥の奥、十重二十重とえはたえに守護された結界の中へ戻って、また微睡まどろんでおいで」

 〈神照〉は、今度はレフの言葉に従おうとはしなかった。まるで嫌だと訴えかけてでもいるかのように、ゆらゆらと揺らめくと、瞬く間にその姿をちぢめ、五色の雲を持ち手にした小さな手鏡に変じて、レフの上着の隠しに滑り込んだのである。
 ゆっくりと立ち上がり、官吏の手で丁寧にほこりを払われたロドニカ公爵は、レフの前の椅子へと戻ってから、苦笑まじりに言った。

「どうやら〈神照〉の御神鏡は、宝物殿へ御戻りになるおつもりはないらしい。いつものことではあるけれど、御神鏡の御気の済むまで、そなたの身近に置いて差し上げるしかなかろうな、レフ」
「清浄なだけの宝物殿など、退屈なのですよ、〈神照〉は。わたしが、国宝を私物化したと言われても困りますので、持ち歩くのは望ましくないのですが」
「馬鹿馬鹿しい。御神鏡が、御自おんみずからの御意志によって、〈神威の覡〉の元におられるのだ。神ならぬ身で口出しをするなど、畏れ多い限りだよ。そもそも、御神鏡はルーラ王国のものではない。王家、王国といえども、神の遺物を物として所有することなど、許されるはずがないではないか。わたしの目の黒いうちは、誰にも文句など言わせるものか」
「伯父上の仰せの通りだと、胸元の〈神照〉が喜んでいますよ。まあ、今回は、退屈以外の理由もあるのでしょう。子供たちの誘拐事件が解決するまで、わたしと共にいてくれるそうですから」
「ということは、御神鏡の御助力が必要になるのであろうな。先程、犯人どもが漏らした言葉を聞けば、予測がつくというものだ」
「〈隊長〉。確かにそう言いましたからね、犯人は」
「盗賊のたぐいであれば、隊長などとは呼ぶまいし、その言葉をとがめることもあるまい。彼奴あやつらの物腰も、専門の教育を受けたものとしか思われぬ。いずれかの国の騎士団か、暗部の者であろうな」
「今後の御指示をいただけますか、宰相閣下。単なる犯罪者として処理するためには、先手を打たなくてはならないでしょう」

 ロドニカ公爵は、しばらくの間、半眼となって考え込んだ。有能な高等官吏たちは、紅茶の入れ替えを手配し、王国騎士団の者たちを席につけ、記録を取る用意を整えて、宰相の言葉を待った。
 やがて、ゆっくりと顔を上げたロドニカ公爵は、迷いのない口調で、次々と指示を出していった。

「御神鏡の御力によって、我々は極めて有力な情報を得ることができた。新たに判明した事実は五つである。一、犯人は他国の者であり、組織的な犯行である。二、犯人の中には、魔術師らしき者が含まれる。三、犯人は拠点を確保しており、その安全性に強い自信を持っている。四、犯行には高価な魔術触媒が使われていることから、金銭だけが犯行の目的ではない可能性がある。五、犯人の中の最低一人は、戦闘における魔術に長じている」

 部屋中の者たちが、一言も口をはさまず、宰相の言葉に耳を傾ける中、官吏がペンを滑らせる音だけが、かすかに響く。ロドニカ公爵は、淀みなく言葉を続けた。

「以上の情報から、我々は二つの点に力を入れなくてはならない。一つは、相手の魔術に備えることであり、もう一つは、犯人の背後関係を探ることである。レフ」 
「何でしょう、宰相閣下」
「先程も申した通り、今回は指揮官ではなく、現場の戦力として働いてほしい。えある王国騎士団長にして、ルーラ王国の英雄たるそなたには、申し訳なきことながら」
勿論もちろん、仰せの通りに致します。御遠慮なく、何なりと御申し付けください」
「〈隊長〉と呼ばれていた男は、何十人もの守備隊員を一人で倒せるのだと、自ら豪語していた。余程、強力な魔術を使う自信があるのであろう。この者の魔術を打ち破り、生きて捕らえてほしい」
「畏まりました」
「さて、問題は、どうやって犯人どもの居所を探るかであろうな」
「それは、造作もなきことのようです。〈神照〉が、そう伝えてくれております」
「御神鏡は、何と仰せなのかね」
「犯人どもの姿を映したのだから、居場所を知ることなど容易たやすい、と。セアラの街の守備隊が、犯人を追い詰めてくれた御陰ですね」
「成る程。一度ひとたび鏡面に映り込んだ者は、何人なんぴとたりとも御神鏡の御威光から逃れることはできないのだな」

 ロドニカ公爵の言葉に呼応するかのように、レフの胸元の〈神照〉が、上着の布越しに光を瞬かせた。レフは、左胸の隠しを右手で押さえながら、微笑んで言った。

「では、早速、犯人どもを捕らえに参りましょう。どこに逃げ込もうと、すでに彼らは〈神照〉の虜囚りょしゅうです。鏡に映し出された姿が、水晶の記憶に残るだけの、はかない残像に過ぎなかったとしても」

      ◆

 ニコラ・ド・バクーニは、中位貴族の庶子しょしとしてこの世に生を受けた。血統上の父親は、アイギス王国の伯爵位を持つ男であり、花を摘むよりも気まぐれに侍女に手をつけ、ニコラを産ませた。
 アイギス王国では、正妻以外の女が産んだ子供は、母親の身分を受け継ぐと決まっている。したがって、父方が貴族であっても、庶子は一切の継承権を持つことができず、父親が養子に迎えない限り、父子の関係さえ認められない。父系相続を基本とするアイギス王国では、それが貴族家の法だった。

 ニコラの母親は、それなりに裕福な商人の娘で、行儀見習いのために貴族家の侍女となった女である。側室にもなれない平民である以上、相場通りの金銭を支給された上で、ニコラと共にバクーニ伯爵家を出されるのが、ありきたりな結末だった。ニコラが平凡な赤児あかごであり、特別な才能を持って生まれてこなかったら、実際にそうなっていただろう。
 ニコラの父であるバクーニ伯爵は、片手間に侍女をもてあそぶような男だったが、貴族としての計算にはけていた。ニコラの魔力量が、相当に多いことを確認すると、すぐに養子の手続きを取って、バクーニ伯爵家の一員とした。母親についても、本人の望むままめかけとして屋敷に留め、ニコラの養育に当たらせたのである。

 ニコラは、自分が不幸だとは思わなかった。伯爵家の養子に迎えられ、母親と同じ屋敷で何不自由なく育った。魔術の才能に恵まれ、学問も苦手ではなかった。伯爵家の当主である父親や正妻、正妻の産んだ嫡子ちゃくしたちとは、打ち解けた関係ではなかったが、いじめを受けた覚えはない。貴族の庶子としては、ずいぶんと恵まれた暮らしだと、ニコラは考えていたし、それは事実でもあった。

 成人したニコラは、父親の勧めに従って、アイギス王国の王国騎士団に入団した。ニコラの使う魔術は強力であり、生来の性格である冷静さも、騎士団では高く評価された。入団から十数年、二百人の部下を持つ中隊長にまで上り詰め、騎士爵の一代爵位を与えられたニコラは、順風満帆じゅんぷうまんぱんの人生を送っていた。王国騎士団の極秘任務として、ルーラ王国への潜入を命じられるまでは。

「用意はいいか。もう一度、手がかりとなるものを残してはいないか、よく確認しろ」
「我らの身分を示すものは、全て破棄しました。あちらに繋がるものも、何一つ残しておりません」
「いいだろう。早々にこの屋敷を引き払う。出発の準備はどうだ」
「全員、すでに終えています」
「では、撤収するとしよう」
「了解致しました。忌々いまいましいルーラ王国を離れ、祖国に帰れるかと思うと、嬉しい限りですよ。なあ、皆んな」
「全くです。この国は、本当に気味が悪い。あの神霊術とかいう怪しげな術は、我らの使う魔術とは、相容あいいれないものですよ」
「まあ、だからこそ、今回の任務を命じられたのだろうよ」
「迷惑なことですよ。栄えある王国騎士団の騎士ともあろう者が、人さらいの真似事をさせられるとは。我が祖国の大義のためには、仕方のないことだとわかっていても、いい気はしませんね」
「それも今宵こよいで終わる。夜通し馬を走らせて、国境線まで行けば、後は転移魔術で帰国するだけだ。新しい触媒は持ったのだろうな」
「もちろんです、バクーニ隊長。先日は、貴重な水晶を壊してしまって、申し訳ありませんでした」
「いや。あの緊急時では、仕方がないだろう。我らが魔術を使うことを、ルーラ王国側に悟られた可能性があることは、面倒だがな」
「しかし、隊長。だからこそ、緊急帰国の命令が出たのですから、我々としては願ったり叶ったりですよ」

 慌ただしく出発の準備を整えながら、ニコラの部下たちは、内心の不満を次々に口に出していた。王都の郊外、周囲には貴族たちの別邸が立ち並ぶ、湖畔の屋敷の中である。ニコラは、特に叱責しっせきしようともせずに聞き流し、証拠の隠滅いんめつだけに気を配っていた。
 昨日、セアラという街で、三人の孤児を拐ったときに、たまたま行き合わせた守備隊に不信を持たれてから、ニコラは得体の知れない不安にさいなまれている。本国の上官と緊急に連絡を取り、半ば強引に帰国の許可をもぎ取ったのも、押し寄せる不安に従ったからだった。騎士として研ぎ澄まされた、こうした直感こそが、幾度となく自身を救ってきたことを、ニコラは知っていた。

 七人の部下を伴って、ニコラが屋敷の裏口を出たとき、外は月の光さえ射さない闇夜だった。手元のランタンに灯った薄明かりを頼りに、ニコラたちは裏庭に馬を引き出した。
 千年もの間、一度として戦火に焼かれたことのないルーラ王国では、街々を繋ぐ道筋でさえ、美しく整備されている。まして、貴族の別邸の多い王都郊外ともなれば、石積みの街道が遠くまで伸びていた。
 夜闇の中、その街道を馬で走る。夜が開けたら、暁の光を頼りに森に分け入り、国境線を目指すというのが、ニコラたちの計画だった。

「これだけの闇夜だと、人目にもつきにくいだろう。皆んな、不自由だろうが、屋敷の敷地を出たらランタンを消し、夜目を凝らして進んでくれ」
「大丈夫ですよ、バクーニ隊長。この忌々しい国は、街道の整備にかけては万全ですからね。夜目が効くように、魔術さえかけてもらえば、闇夜でも十分に走れますよ」
「これから夜通し、八人に夜目を強化する魔術をかけ、明日には長距離の転移魔術だ。魔力は持ちそうか、ウリスラ一等魔術師」
「上質の魔術触媒を御預かりしているので、何とかなると思いますよ、隊長。このミゲル・ウリスラは、我が王国騎士団の中でも、有数の魔術師だと自負しておりますので」
「そうは言うが、ミゲル。お前の魔術も、バクーニ隊長には及ばないじゃないか」
「攻撃魔術は、確かに。バクーニ隊長は、規格外ですからな」
「わたしは攻撃魔術以外、不得意なのだがな。まあ、いい。万が一、途中で守備隊に追われたら、今度こそ我が魔術を御見舞いしてやろう。さあ、皆んな騎乗しろ。祖国に向けて、出発するぞ」
「残念ながら、そなたたちが祖国の土を踏む未来など、来はしないよ」

 屋敷の裏庭に、不意に聞き慣れない声が響いた。怒鳴るのでもなく、叫ぶのでもなく、静かに発せられた声に、ニコラたちは、雷に打たれたかのようにおののいた。

「誰だ。誰かいるのか。何の気配もしなかったのに」 
「名を名乗れ。ここは私有地の中だぞ」
「構わないから、侵入者を取り押さえろ」
「灯りだ。皆、ランタンを侵入者に向けろ。くそ、方向はどっちだ」
「魔術だ。ウリスラ、照らせ」

 部下たちが恐慌に陥る中、ニコラは、素早く魔術師に命じた。心得た魔術師が術式を展開すると、裏庭全体を淡い光が照らし出し、侵入者の姿を映し出した。

 そこにいたのは、十人程の男たちだった。隙のない立ち姿と鍛えられた体格、何よりも漆黒に銀糸をあしらった団服が、彼らの素性を物語っていた。ルーラ王国の守護神にして、他国からは恐怖と不条理の象徴として恐れられる、王国騎士団の騎士である。
 その騎士たちを従えて、気負いもなくたたずんでいたのは、紅玉を溶かし込んだような、見事な赤毛の青年だった。秀麗な面にあって、冷たい光を放つ瞳は、世にもめずらしい灰色の金剛石にも見えた。
 青年の団服の襟元に、きらめく銀糸で刺繍ししゅうされているのは、五つの星の意匠である。一つ一つの星が、ルーラ王国の持つ五つの戦力を意味することは、他国でも広く知られている。近衛騎士団と王国騎士団、各地の守備隊、地方領主の領軍、さらに必要に応じて召集される可能性のある国民兵という、五軍全ての統帥権を持つ者は、ルーラ王国の歴史上、只一人しか存在しない。世界最強の騎士とも呼ばれる、ルーラ王国の王国騎士団長、レフ・ティルグ・ネイラその人である。

 信じられない侵入者に、部下たちが言葉を失って立ち尽くす中、いち早く正気を取り戻したニコラは、魔術師に向かって叫んだ。

「光を消せ、ウリスラ」

 そう言いながら、ニコラは、魔術を発動するための術式を展開していった。夜闇に乗じて時間を稼ぎ、自身の強力な魔術によって場を押さえる。世界最強の騎士などと持てはやされていても、不意打ちでニコラの魔術を浴びせられては、ひとたまりもないだろう。ニコラも、ニコラの部下たちも、そう信じて疑わなかった。
 アイギス王国騎士団でも、指折りの攻撃魔術の使い手であるニコラは、暗闇の中で瞬く間に術式を組み上げ、術の発動に成功した。その途端、侵入者のいた方向に向かって、広範囲に魔術を放つ。何十人もの敵を倒したことさえある、希少にして強力な攻撃は、全ての対象を押し潰そうとする重力魔術だった。

 人が地面に叩きつけられたらしい物音と、苦しげな呻き声を耳にしたニコラは、勝利を確信した。流石に動揺しているからなのか、相手を圧殺したという手応えはなかったが、動きさえ阻害してしまえば、後はどうとでも対処できるだろう。
 世界最強のルーラ王国騎士団長を、ニコラ・ド・バクーニが討ち取った。その巨大な功績があれば、アイギス王国の王国騎士団長の座など、すぐにでも手に入るだろう。この場でとどめを刺さず、レフ・ティルグ・ネイラを、生け捕りにして本国に連行するのは、やはり危険だろうか。そんなことを考えながら、ニコラは魔術師に声をかけた。

「もういいぞ、ウリスラ。灯りをつけろ」

 しかし、魔術師は応えない。部下たちも何も言わず、悲痛な呻き声だけが細く響く。不審を感じたニコラが、ランタンに火を入れようとしたところで、冷ややかな声が聞こえた。

「灯りが必要なら、わたしが引き受けよう。〈神照〉」

 次の瞬間、劇的な変化が訪れた。真昼かと思うばかりの光が差し込み、裏庭を煌々と照らし出したのである。息を飲んだニコラが、その目に映したのは、光を放ちながら浮かぶ一枚の鏡と、血を吐いて倒れ伏す部下たち、そして何一つ変わりなく佇むルーラ王国の騎士たちだった。
 ニコラは、今にも崩れそうになる足に力を入れ、必死で言った。

「なぜだ。なぜ、わたしの部下が倒れ、おまえたちが立っているんだ。確かに、おまえたちに向けて魔術を放ったのに」
「わたしの鏡が、おまえの魔術を反射しただけのことだ。術を弱めておいたので、おまえの部下たちは、一人残らず生きているよ」
「魔術の反転だと。そんな馬鹿な。おまえが魔術そのものを切れるという噂は、事実だったのか」
「切ったのではなく、〈神照〉で反転させただけだというのに。切るというのは、こういうことだ」

 そう言うと、レフは、無造作に佩刀はいとうを引き抜いた。ニコラの目には、頼りない程に細く見える刀である。そして、何の前触れもなく、舞うかの如く優雅に、レフは、一度だけ刀を握った手を頭上で旋回させた。
 たったそれだけの動作で、ニコラは膝から崩れ落ちた。ニコラが展開していた魔術は、術式ごと跡形もなく消え去り、溢れるばかりに満ちていた魔力も、完全に枯渇こかつしてしまった。そして、なぜかかすみ始めた瞳で、必死に敵を見据えようとするニコラに、静かに宣告が下された。

「おまえの魔術と、魔力そのものを、完全に断ち切った。おまえの部下たちも同じこと。おまえたちは、この先二度と魔術を使えない。おまえの魔術は、中々に強力だったので、先手を打たせてもらったよ」

 裏庭の土の上で、ニコラは、必死にレフ・ティルグ・ネイラの顔を見た。澄んだ灰色だったはずの瞳が、鏡のような銀色に輝くのを、確かに見たと思った瞬間、ニコラの意識は深い闇に飲まれたのだった。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!