opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

      • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

        『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

      • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

        リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    最近の記事

    固定された記事

    opsol bookの出版物

    opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnoteと小説家になろうにて、『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ黄金国の黄昏』のリニューアル版を投稿中です! 小説家になろう『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ黄金国の黄昏』はこちら フェオファーン聖譚曲公式サイトはこちら あらすじ 「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」  強大なる中央集権国家を維持する

      • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-16

         わたしの大好きなお母さんに、あっさりいい負かされたカリナさんたちは、キュレルの街の通用門のところで、〈風屋〉さんを頼むと、さっさと王都に帰っていった。  使者AとBは、少し遅れて通用門に到着したんだけど、風屋さんを待っている間に合流できたから、やっぱり一緒に王都に帰っていった。  二人の表情は、雀たちの視界で見ても暗いままで、なんだか売られていく子牛みたいだった。売られていく子牛って、実際は見たことがないんだけど、つまりはそういうイメージが浮かんでくるぐらい、悲しそうだった

        • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-15

           クローゼ子爵家には、後継ぎになるはずの長男がいること。カリナさん自身にも、婚約者に近い人がいるらしいこと。そのふたつの事実を突き付けた上で、儚げに微笑んだお母さんは、本格的に追撃を開始した。   「貴族様のご事情はわかりませんけれど、不思議には思いますの。生まれてから、ただの一度も顧みられることなく、クローゼ子爵家の籍にも入っていないフェルトさんが、どうして急に必要とされるのでしょう? よろしければ、教えてくださいませんか、お嬢様? フェルトさんも、この疑問が解消されない限

          スキ
          1
          • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-14

             守備隊の本部を出発したカリナさんたちは、まっすぐに〈野ばら亭〉を目指しているみたいだった。  たくさんの雀たちに、交代で見張ってもらいながら、わたしたちも、カリナさんたちを迎えるための準備を始める。といっても、お父さんとお母さんが〈野ばら亭〉に戻っていって、わたしはヴェル様と一緒にいるだけなんだけど。    お母さんは、わたしのことをぎゅっと抱きしめてから、気合い十分に出て行った。お父さんは、わたしの頭を大きな手でなでてから、静かに出て行った。  うん。わたしのお父さんとお

            スキ
            1
            • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-16

              10時間前
              • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-15

                スキ
                1
                1日前
                • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-14

                  スキ
                  1
                  2日前

                マガジン

                すべて見る
                • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

                  • 17本

                  『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

                • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

                  • 58本

                  リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

                • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

                  • 17本

                  『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

                • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

                  • 58本

                  リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

                記事

                すべて見る
                  • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-13

                     〈鬼成り〉のことは、町立学校でならった記憶がある。といっても、ちゃんとした神霊術の授業じゃなくて、低学年のときに読んでもらった物語の話だけど。  心悪き男と女は、神霊様のご恩を踏みにじり、悪行を重ねて人々を苦しめたあげく、人から鬼へと変化してしまいました。これを〈鬼成り〉というのです――そう書かれていた本の、妙に生々しい挿絵が怖くって、今でも鮮明に覚えているんだ。    優しいスイシャク様とアマツ様が、すぐに紅白の光を強くして、わたしをぐるぐる巻きにしてくれたから、叫んだり

                    スキ
                    1
                    • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-12

                       作戦二日目の朝、元気いっぱいに朝ごはんを食べたわたしたちは、それぞれの〈持ち場〉についた。まあ、フェルトさんとアリオンお兄ちゃんは守備隊、お父さんとお母さんは〈野ばら亭〉に、それぞれ出勤しただけなんだけど。  わたしは、家の応接間に参考書を持ち込んで、力試しに受けさせてもらうことになった、王立学院の入試に向けて勉強する。そばにはヴェル様がいてくれるし、相変わらず膝の上にスイシャクさま、肩の上にアマツ様がいるから、何の心配もない。クローゼ子爵家に動きがあったら、それをわたしか

                      • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-11

                         風の神霊術を使って、すごい速さで王都まで帰っていった使者AとBは、そのままクローゼ子爵家のお屋敷に戻っていった。    今は秋の初めだから、気持ちの良い風が吹いているはずなのに、クローゼ子爵家のお屋敷は、そこだけがどんよりと曇っているみたいだった。ベタベタして、重苦しくて、気持ちの悪い気配は、雀たちの目を通してでもわかるくらい。  正門の前に貼られている、神霊さんからの〈縁切り状〉も相変わらずで、わたしは何だか悲しい気持ちになった。クローゼ子爵家の人たちに、印を授けていた神

                        スキ
                        1
                        • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-10

                            ネイラ様たちの罠によって、じわじわと追い詰められているらしいクローゼ子爵家は、作戦一日目にして、フェルトさんに接触してきた。  でも、フェルトさんも総隊長さんも、まったく相手にしなかったからね。クローゼ子爵家からの使者は、すっかり途方に暮れたみたいで、何と〈野ばら亭〉に来るみたいなんだ。    さっさと守備隊を追い出された使者の人は、スイシャク様の雀たちが聴いている前で、こそこそと話し合っていた。   「くそ。何という無礼者たちだ。由緒正しきクローゼ子爵家の使者に対して、

                          スキ
                          2
                          • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-9

                             フェルトさんが、クローゼ子爵家のいいなりにならなかったら、アリアナお姉ちゃんたちを誘拐して脅迫するか、フェルトさんやわたしたちを殺そうとするかもしれない……。    ヴェル様の話が怖すぎて、思わず硬直していると、腕の中のスイシャク様と、肩にとまったままのアマツ様が、白と紅の光で、わたしの身体をぐるぐる巻きにしてくれた。  何も心配することはない、ちゃんと守ってあげるから、自分にできることで立ち向かいなさいって。そのメッセージが本当に優しくて、心の底からありがたくって、わたし

                            スキ
                            1
                            • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-8

                               神去りのクローゼ子爵家から、フェルトさんとアリアナお姉ちゃんを守り、子供たちの誘拐事件の真相に迫るために、ネイラ様と王城が罠を仕掛ける一日目……って、長いな。この先は、単に〈作戦一日目〉とかにしよう。    作戦一日目は、気持ちの良い快晴だった。朝起きると、左の肩口にスイシャク様、右の肩口に紅い鳥のアマツ様がいて、わたしの頬にぴったりとくっついて眠ってた。  柔らかくて、温かくて、すごく気持ちがいい。これが本当の羽毛布団だねって、わたしは軽く現実逃避しながら思った。畏れ多い

                              スキ
                              1
                              • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-7

                                  二つの大きな力は、あっという間に近づいてきて、うちの家に到着した。でも、すぐには入ってこなくて、スイシャク様と紅い鳥は、ゆっくりとうちの家の上を回っている。スイシャク様は右回りに三回、紅い鳥は左回りに三回。  わざと軌道をずらしているみたいで、分体が動いた後にできる光の帯が、まるで何かの印みたいに見える。そう、家のなかにいるのに〈視える〉んだ。万事に気の利くスイシャク様が、今だけ視点を共有させてくれたから。    旋回が終わると、スイシャク様と紅い鳥は、音もなく応接室に入

                                スキ
                                3
                                • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-6

                                   さて、それからも長い時間をかけて話し合ったわたしたちは、翌日からさっそく行動を起こすことにした。善は急げっていうし、いろいろと予想していながら、結果的に間に合わなかったりしたら、余計に悔しいからね。    わたしの最初の役割は、ネイラ様に手紙を書いて、事情をお知らせすることだ。できるだけ正確に情報を伝えて、ネイラ様の指示を仰ぐ。  本当にクローゼ子爵家とセレント子爵がつながっているとしたら、ルーラ王国にとって一大事だから、ネイラ様の指示に従うのが一番だって、皆んなで決めたん

                                  • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-5

                                     クローゼ子爵家のお屋敷にいる雀は、一羽だけじゃなかったみたい。入り口に張り廻らされている、神霊さんからの〈縁切り状〉を見て、わたしが硬直していると、今度はヒョイって視点が上がったんだ。    目に入ってきたのは、大きくて立派な部屋だった。多分、応接間とか居間とか、人が集まる場所なんだろう。そこには十人近い人たちがいて、怖い顔で何かを話し合っていたんだけど、わたしは話の内容どころじゃなかった。だって、その人たち、顔が大変なことになっているんだよ!?    その人のたちの額の真

                                    • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-4

                                       突然現れた巨大な雀は、不機嫌そうな顔のまま、わたしをじっと見詰めている。わたしはさっと床に下りると、雀の前でひざまずいた。  ふくふくした羽毛とか、真っ黒でまんまるな瞳とか、ジタバタしたくなるくらい可愛いくても、これはただの雀じゃない。いや、もちろん大きさ的にもただの雀じゃないんだけど、それ以前に、この雀は神霊さんの分体なんだから、礼を尽くすのは当たり前なんだ。    でも、わたしが学校で習ったご挨拶の〈祝詞〉を口にする前に、雀は強いイメージを送ってきた。ずっと呼び出される

                                      • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-3

                                         神去りっていうのは、わたしたちルーラ王国の国民にとっては、ものすごく怖い言葉だ。神霊さんの恩寵を失って、何の術も使えなくなること。神霊さんに見放されて、見守ってもらえなくなること。それを神去りっていう。    何かの犯罪を犯したとか、意地悪な人だとか、それだけでは神去りになるとは限らない。わたしたちの目から見て、神霊さんの恩寵に相応しくないような人でも、神霊術を使い続けられたりするし、逆に立派な人だと評判だったのに、いきなり神霊さんに去られたりする場合もあるんだって。  神

                                        • 連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-2

                                           アリアナお姉ちゃんとフェルトさんは、順調に結婚を前提にしたお付き合いというのを始めた。半年くらいお付き合いしてから婚約し、結婚式とか具体的なことを決めるんだって。普段から優しい笑顔のアリアナお姉ちゃんが、もっと幸せそうに笑っているから、お母さんもわたしも、とっても嬉しい。  お父さんだけは、ちょっと寂しそうな顔をして、仲良くなった総隊長さんと一緒に、お酒を飲みに行ったりしているらしいけど、そこは仕方がないだろう。花嫁の父は複雑なんだって、わたしでも知っているからね。