opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。
    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

固定された記事

opsol bookの出版物

opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnote…

opsol book
8か月前

『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ 黄金国の黄昏』最終話の掲載につきまして

皆様  いつも『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ  黄金国の黄昏』をお読みいただきた、ありがとうございます。  さてこの度、本来は昨年アップロードされているべきであり…

opsol book
5か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-11

 朗らかな表情のアントーシャに、最初に言葉を掛けたのはルーガだった。滅多に遠慮というものをしないルーガは、がりがりと頭を掻き毟りながら、呆れたように言った。 「…

opsol book
5か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-10

05 ハイムリヒ 運命は囁く10 宣言  短くはない時間を掛けて、真実の間で起こった出来事を語り終えたアントーシャは、もう一度深々と頭を下げた。頬には薄く涙の跡が光…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-9

05 ハイムリヒ 運命は囁く9 約束  召喚魔術の術式を破壊した直後、真実の間に立ち|竦み、星灯さえない虚無の夜空を見詰めていたアントーシャは、ゲーナの死と同時に出…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-8

05 ハイムリヒ 運命は囁く8 再会  オローネツ城の領主執務室では、オローネツ辺境伯と|家令のイヴァーノが、落ち着かない面持ちで書類に向かい合っていた。その日だけ…

opsol book
7か月前