見出し画像

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 7通目

レフ・ティルグ・ネイラ様
 
 わたし、チェルニ・カペラは、海よりも深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした、ネイラ様。
 
 で、何を謝っているかというと、前の手紙で書いてしまった、〈住む世界がちがう〉っていう言葉です。自分とは関係のない人だよって、はっきりと線引きされているみたいで、いわれた方からしてみたら、確かにいい気持ちはしませんよね。
 
 ネイラ様は、王都の高位貴族で、王国騎士団長で、ルーラ王国の英雄です。改めて考えると、ちょっと顔が青くなるくらい、本当にすごい人だから、無意識のうちに書いちゃったんだと思います。
 でも、人と人が仲良くなるには、本当はあんまり関係のないことでした。〈そんなつもりはなかった〉を言い訳にしないように、ちゃんと反省しています。ごめんなさい。
 
 反省したついでに、わたしは密かに決意を固めました。王立学院に入学したら、一生懸命に勉強して、ルーラ王国にとって必要だと認められるくらいの人になれるように、頑張ってみます。そうしたら、ぐすぐすと遠慮なんかしないで、ネイラ様の役に立てますもんね!
 〈わたしは、何かの役に立ってもらおうと思って、きみを王立学院に推薦したのではありません。きみは、そんなことで自分の未来を縛ろうとせず、自由に、元気に、きみの望む道を歩いてください〉
 ネイラ様だったら、きっとこんなふうに書いてくれると思います。(自分でもびっくりするくらい、ネイラ様っぽさが出せたと思うんですが、どうですか?)でも、だから、わたしは自由に頑張ります。頑張るって、結構楽しいことだと思うんです。
 
 それから、ネイラ様が〈げき〉だっていうことをわからない人って、本当にいるんですか? 小さな子供たちならともかく、学校に通うくらいの年になっていたら、誰にでも一目瞭然じゃないんですか?
 ネイラ様の銀色の瞳は、とっても不思議だけど、とっても美しいと思います(美しいって、こういうときに使うべき言葉ですよね)。太陽に照らされて輝いている、強い力を持った鏡みたい。学校の教科書に載っていた、国宝の〈神照かみてらす〉の鏡って、きっとネイラ様の瞳に似ているんじゃないでしょうか。〈覡〉じゃない人が、そんな瞳を持っているなんて、ちょっと考えられないんですよね。
 
 大好きなアリアナお姉ちゃんは、もうセーターを編み上げて、わたしに贈ってくれました。今年はすごく手が込んでいて、りんご色のふわふわなモヘアで、ポケットは秋りんごの色と形になっていて、とっても可愛いんです。(モヘアって、わかります? 柔らかいアンゴラヤギの毛糸です。そういえば、貴族の人でも、セーターって着るんですか? いつもドレスとか着てそうなんですけど)
 今はまだ、ちょっと暑さが残っているから、着るのは先になりますね。今からその日が楽しみです。
 
 最後にひとつ。ご両親がお留守にするときに、猟犬の犬舎の中に放り込まれていたって、どういうことですか、ネイラ様? あと、〈覡〉である影響で、人見知りになるって、どうしてですか? 
 サラッと流さず、そこはちゃんと教えてくださいね。もちろん、聞いても大丈夫なことなら、ですけど。
 
 では、また。次の手紙でお会いしましょう!
 
 
     出世っていうのを目指すのも、おもしろいかもって思っている、チェルニ・カペラより
 
 
 
        ←→
 
 
 
素晴らしい観察力を持っている、チェルニ・カペラ様
 
 きみがくれた手紙の中の、〈ネイラ様っぽい〉という文章を読んで、一瞬、自分が書いたのではないかと、錯覚しそうになりました。いかにも、わたしが書きそうですし、本当に思っている通りの言葉でもあります。きみの観察力は、本当に素晴らしいですね。
 
 〈住む世界が違う〉という言葉に、わざわざ反応してしまったのは、わたしの未熟さに他なりません。きみに他意がないことくらい、わかっていたのですから、簡単に流してしまえばよかったのに。大人気なかったと、わたしこそ反省しています。
 わたしが生きてきた二十五年間の人生において、たくさんの人たちに、数え切れないほどの回数、〈住む世界が違う〉という意味のことをいわれてきました。今までは、気にしたことなどなく、それが当たり前だと思ってきました。
 ですが、わたしが〈覡〉であると一目で理解し、その上で普通に接してくれるきみには、距離を置かれたくなかったようです。自分でも、そうした感情があったことに驚いています。わたしこそ、申し訳ありませんでした。
 
 きみが一生懸命に勉強して、出世をしてくれるのであれば、もちろん大歓迎です。わたしのことはともかく、ルーラ王国にとっては、素晴らしい人材を得ることになりますから。
 きみが、生き生きと王城を駆け回る姿が、今から目に浮かぶような気がします。無理をせず、けれども一生懸命に学んでほしいと思います。心から応援しています。
 
 さて、〈覡〉といえば、きみはごく自然に、人にはわからないはずのことを書いていることに、気づいてはいないのでしょうね。
 きみには、わたしの瞳は銀色に見えているのでしょう(ほめてくれて、どうもありがとう)。しかし、神霊王国たるルーラ王国でも、〈神霊術を使っていないとき〉のわたしの瞳が、銀色に見えている人は、十人ほどしかいないのですよ。
 わたしの両親であるネイラ侯爵夫妻、神霊庁の最高位神官である七人の〈神使〉、国王陛下と王太子殿下。確実にわかっているのは、この方々だけです。他の人には、普段のわたしの瞳は、淡い灰色に見えているのだそうです。
 
 彼らによると、わたしが神霊術を使うと、瞳は少し銀色を帯びるそうです。そして、強い神霊術を行使したときには、完全な銀色になるのだと聞いています。自分の瞳の色は、自分では見えませんので、伝聞ではあるのですが。
 
 そうそう。猟犬たちのことでしたね。我が家では、屋敷の防犯も兼ねて、ずっと訓練された猟犬たちを飼い続けています。少ないときで十頭、多いときには二十頭以上はいるので、犬舎もかなり大きいのです。
 幼い頃のわたしは、自分の力を上手く制御することができず、常に暴走してしまう危険性がありました。ご神霊も、わたしを止めようとはしませんでしたので、〈わたしを嫌うもの〉〈わたしを恐れるもの〉〈わたしを害そうとするもの〉が近づくと、暴力的に排除してしまいかねなかったのです。
 ですから、わたしの両親は、わたしが好まないものたちを、わたしから守るために、猟犬たちに守護を頼んでいったそうです。
 
 大きな犬舎の中に置かれた子供用寝台の中に、わたしを寝かせておくと、犬たちが総出で子守をして、わたしを遊ばせてくれたのだとか。猟犬たちは、すっかり代替わりをしてしまいましたが、今でもかけがえのない友人でいてくれます。
 いつか、きみにも、我が家の犬たちを紹介させてください。きっと仲良くなれると思います。
 
 では、また。次の手紙で会いしましょうね。
 
 
     残念ながら、セーターを着たことがない、レフ・ティルグ・ネイラ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!