見出し画像

連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-4

opsol book

 突然現れた巨大な雀は、不機嫌そうな顔のまま、わたしをじっと見詰めている。わたしはさっと床に下りると、雀の前でひざまずいた。
 ふくふくした羽毛とか、真っ黒でまんまるな瞳とか、ジタバタしたくなるくらい可愛いくても、これはただの雀じゃない。いや、もちろん大きさ的にもただの雀じゃないんだけど、それ以前に、この雀は神霊さんの分体なんだから、礼を尽くすのは当たり前なんだ。
 
 でも、わたしが学校で習ったご挨拶の〈祝詞のりと〉を口にする前に、雀は強いイメージを送ってきた。ずっと呼び出されるのを待ってたのに、声をかけるのが遅いって。せっかく時が至るより前に、□□□□□□□が道を開いてくれたんだから、さっさと呼べって。
 イメージそのものははっきりしているのに、□□□□□□□が何のことかは、まったくわからなかった。あの紅い鳥、炎の神霊さんのお名前じゃないかと思うんだけど、あまりにもおそれ多くて、怖くって、読み解くことを心が拒否するみたいな感じなんだ。
 
 わたしが戸惑っているのがわかったのか、雀はふんって鼻を鳴らしてから、違うイメージを送ってくれた。別に怒っているわけじゃないから、気にしなくていいって。ただし、今度からは〈紅いの〉と同じくらい、自分も呼び出すようにって。
 
「はい! そうさせていただきます! とっても嬉しいです!」
 
 わたしが大きな声で返事をすると、雀はふすーって鼻息を漏らし、羽毛を膨らませた。これは、あれだ。喜んでくれているんだ。
 可愛すぎる神霊さんの反応に、すっかり緊張の解れたわたしは、改めてご挨拶をすることにした。分体との遭遇も二回目だから、ちょっと慣れてきたのもあると思うし、いつもお世話になっているから、お礼をいいたかったんだ。
 
「雀を司る神霊さん。いつも助けていただいて、ありがとうございます。あ、その前に、印を下さってありがとうございます。ご存知だとは思いますが、わたしはチェルニ・カペラ、十四歳です。今後とも、よろしくお願いします。あれ? そういえば、神霊さんって、わたしたちの名前とかご存知なんでしょうか?」
 
 白い巨大雀は、わたしの挨拶を聞いて、丸い瞳をもっと丸くした。びっくりしたみたいなんだけど、どうしてだろう。紅い鳥といい、白い雀といい、鳥系の姿をとる神霊さんって、ちょっと変わった感性の持ち主なのかな。
 
 わたしが首を傾げていると、気を取り直したらしい雀が、三回目のイメージを送ってくれた。わたしと神霊さんとの回路を、もう少し広げてみるから、心を平静に保って受け入れるようにって。嫌だったら、そういってもいいよって。
 迷う間もなく、わたしは神霊さんの言葉を受け入れた。ほんの少しだけ、畏れのようなものを感じたけど、お断りするっていう選択肢はなかった。
 雀を司る神霊さんは、絶対にわたしの味方だって知っていたし、わたしはもっと神霊術を磨きたい。大好きなお父さんやお母さん、アリアナお姉ちゃんを護りたいし、いろんな人の役に立ちたい。それに、きっとネイラ様が見ているはずの世界を、少しだけでも見てみたかったんだ。
 
「大丈夫です! お願いします!」
 
 元気よく答えた途端、わたしは不思議な空間に浮かんでいた。上も下も、右も左もなくて、狭いのか広いのかもわからない。ただ、ほんのりと暗いだけの何もない空間。そこへ、真っ白な光が射しこんで、わたしの身体を包み込んだんだ。
 その瞬間、わたしは号泣した。悲しいような、嬉しいような、苦しいような、切ないような、何ともいえない感情が爆発して、泣き叫ばずにはいられなかった。白い光は、そんなわたしを包み込んだまま、ゆらゆらゆらゆら、ゆらゆらゆらゆら、優しく身体を揺すってくれる。まるで、生まれる前の赤ちゃんに戻ったみたい。これが〈救済〉なんだって、よくわからないまま、わたしは思った。
 
 そのうち、白い光は、わたしの魂に二つの言葉を刻み始めた。一つは□□□□□□□□で、イメージとしてはわかっているんだけど、言葉としては認識できないし、口に出すこともできないもの。もう一つは、〈スイシャク〉っていうものだった。
 白い光に命じられるまま、スイシャクって口にすると同時に、光は何万倍にも強くなって、空間いっぱいにほとばしったんだ。
 
 すごく長い時間、そうしていたみたいな気もするけど、ほんの一瞬だったのかもしれない。その空間には、時間っていうものもなかったから。気がついたときには、わたしは家の応接間でひざまずいたまま、白い巨大な雀を腕に抱いて、ぐずぐずと泣いていた。
 
 しばらくして正気に戻ったわたしは、途端に泣き止んだけど、同時に真っ青になった。だって、畏れ多くも神霊さんの分体を抱きしめちゃってるよ、わたし。
 人間が神霊さんの分体に気安く触れるとか、ゆるされるはずがない。しかも、ぐずぐず泣いてたから、純白の羽毛に鼻水とかつけちゃったかもしれないし。どうしたらいいの、これ?
 
 わたしがおろおろしていると、腕の中の雀は、ふすーって鼻息を漏らしてから、なだめるみたいなイメージを送ってくれた。
 印を与えるのは簡単だけど、御名おんなを赦されるのは大変なことだから、わたしの魂が耐えやすいように、神霊さんが自分で抱っこされてくれたんだって。□□□□□□□□の名は、わたしの魂ではまだ受け止められないから、刻んだだけで伏せてあるって。
 そして、〈スイシャク〉っていうのは、神霊さんの世界でのあだ名っぽいものだから、そちらで呼べばいいって。
 
 本当にいいのかなって、ちょっとだけ不安になったけど、神霊さんがそういってくれるんだから、赦されるんだろう。多分。わたしはそっと、雀を司る神霊さんのあだ名っぽい名前を呼んだ。
 
「スイシャク様」
 
 ふすーっ、ふすーっ。雀は上機嫌で鼻息も荒く、さっきよりももっと羽毛を膨らませた。尊い存在なのはわかってるけど、わかってるけど、可愛いな、雀。
 
「スイシャク様」
 
 ふすーっ、ふすーっ。 
 
「スイシャク様」
 
 ふすーっ、ふすーっ。
 
 おお、ふっくふくになってるよ、巨大雀。別にお願い事のないときでも、うちにいてくれないかな。可愛いから。お父さんに聞いてみようかな。
 
 そう思って、わたしがお父さんの方を見ると、何だかすごい顔をして、わたしと雀を凝視していた。
 不思議に思って、お母さんやアリアナお姉ちゃんを見ると、二人はお揃いのエメラルドみたいな瞳を見開いて、青ざめていた。
 そして、フェルトさんや総隊長さん、フェルトさんのお母さんを見ると、三人は蒼白になって、椅子の上で硬直していたんだ。
 
 あれ? さっきから、誰もなんにもいわないと思ってたんだけど、皆んなそうして固まってたの? 何だかわたしの方がびっくりして、慌ててお父さんに聞いてみた。
 
「お父さん、どうしちゃったの? お母さんも皆んなも、カチコチになってるよ?」
「……あのな、チェルニ。そのでかい雀は、御神霊の分体なのか? ネイラ様の手紙を運んでくださった、炎の御神霊の分体と同じか?」
「そうだよ。スイシャク様っておっしゃるんだって。さっき、わたしと神霊さんをつなぐ回路を広げてもらったから、今度からはいつでも分体が現れてくださるみたい。でね、お父さん。スイシャク様に家にいてもらったらだめかな? もちろん、スイシャク様がいいよっていってくれたらなんだけど」
 
 わたしがそういうと、腕の中のスイシャク様はふすーって上機嫌に膨らんでくれたんだけど、お父さんは両手で頭をかきむしって、何だかうめいているみたい。
 お父さんの具合が悪くなっちゃったのかと思って、わたしの心臓がぎゅっと痛くなった。すかさず、スイシャク様が優しいイメージを送ってくれる。お父さんも皆んなも、分体の〈神威しんい〉に打たれているだけだから、心配しなくていいって。
 
 スイシャク様は、わたしの腕の中からふわって飛び出すと、もう一度テーブルの上に行った。次の瞬間には、乳白色の優しい光が応接間を満たし、すぐに消える。それだけで、皆んなの顔色が良くなったから、きっと神威を抑えてくれたんだろう。
 
 最初に動いたのは、お父さんだった。お父さんは、わたしがしたみたいに、床に下りてスイシャク様の前にひざまずいた。他の皆んなも、同じようにひざまずく。お父さんは、それを待ってから、深みのある声で祝詞のりとをあげた。
 
「掛けまくも畏き御神鳥 いとも気高き御方に 畏み畏み物申す 計らずも拝謁の栄に浴し 我ら恐懼の極みにて 身の置き所もなかりければ 只我が娘への御恩寵に 拝跪の感謝を奉らん」
(かけまくもかしこきおんかみどり、いともけだかきおんかたに、かしこみかしこみまもおす。はからずもはいえつのえいによくし、われらきょうくのきわみにて、みのおきどころもなかりければ、ただわがむすめへのごおんちょうに、はいきのかんしゃをたてまつらん)
 
 お父さんに続いて、全員が同じ祝詞を繰り返す。わたしが〈娘〉になるのは、お父さんとお母さんだけなんだけど、〈娘〉には女の子っていう意味もあるから、それほどはおかしくないんだ。
 わたしたちのルーラ王国では、年の初めとか結婚式とか、何なら入学式や卒業式にも祝詞を上げるから、それなりに聞き慣れているし、簡単なものなら自分でもあげられる。そうなるように、学校で教えられるからね。
 
 お父さん達は、祝詞をあげ終わると、深々とぬかずいた。皆んなの姿からは、本当に神霊さんへの感謝と敬意がみなぎっていて、とっても立派だ。神霊さんの分体を抱っこして、鼻水までつけちゃったかもしれないわたしは、自分の無作法が恥ずかしくて、顔が真っ赤になってる気がする。
 スイシャク様も、ふすーっとかいわないで、きりっとした澄まし顔で、真っ白な羽を広げた。可愛い薄茶の羽先からは、きらきらした光の粒みたいなものが生み出されて、お父さん達に柔らかく降り注ぐ。これは、あれだ。畏れ多くも、神霊さんの言祝ことほぎをたまわったんだ。
 
 スイシャク様は、またふわって飛んできて、わたしの腕の中に収まった。わたし、自分の無作法を反省しているところなんだけど、気にしなくていいって。お父さん達のことは、なかなか立派で気に入ったけど、わたしは御名を赦されたんだから、同じようにしなくていいんだって。
 うん。反省は後でするとして、今はスイシャク様の御好意に甘えさせてもらおう。すっかり忘れかけてたけど、クローゼ子爵家の調査をしなくちゃいけないんだから。スイシャク様も、いろいろとイメージを送ってくれてるしね。
 
「お父さんも皆んなも、席に座りなさいって、スイシャク様がいってくれてるよ。わたしたちの話を聞いて、問題がなければ助けてもらえるみたい。あ、それから、スイシャク様に言祝ぎを賜ったお礼は、お母さんの蜂蜜クッキーと、お父さんの焼き立てパンのお供えでいいって」
 
 わたしが元気よくいうと、お父さんはまた変な顔をして、恐る恐るっていう感じで、わたしに聞いた。
 
「なあ、チェルニ。おまえ、さっきから何といってるんだ。おまえの言葉の中に、おかしな発音が混じってるんだがな」
「ん? 何のこと? わたしは普通に話してるよ?」
「ああ。おまえはそうだと思うんだが、俺たちには聞き取れない言葉があるんだ。その、何だ。変なふうに聞こえるんだ」
 
 お父さんってば、どうして口ごもってるんだろう。わたしが首を傾げていると、大好きなアリアナお姉ちゃんが、ちょっとだけ眉毛を下げた可愛い顔で、横からいった。
 
「あのね、チェルニ。一つの単語だと思うんだけど、わたしたちには、そこだけ違って聞こえるの。チェルニはずっと、チュンチュンっていってるのよ」
「チュンチュン?」
「そう。チュンチュン」
「まじで? スイシャク様って聞こえない?」
「ああ、その言葉よ。やっぱりチュンチュンいってる。すごく可愛いわ、チェルニ」
 
 そういって、お姉ちゃんはふんわりと笑ったけど、それどころじゃないよ、お姉ちゃん。
 
 チュンチュンって何さ?
 
      ◆
 
 それからしばらくして、わたしが衝撃から立ち直った頃に、もう一度話し合いが始まった。スイシャク様がいいっていってくれたので、皆んなはそれぞれの席に戻ったし、わたしも自分の椅子に座った。
 で、スイシャク様はというと、わたしのひざの上にいるんだよ。こっちに可愛いお尻を向け、背中をわたしのお腹に預けて、お父さん達を見渡してる。神霊さんの分体は霊的な存在だから、体温なんかはないはずなんだけど、ほんのり暖かいのはどうしてなんだろう? 
 もう、あれだ。自分のことは、御神体をまつる台座だと思うことにしよう。台座なんだから、分体を抱っこしても不敬じゃないはずだ。わたしは台座、わたしは台座……。
 
 わたしが神妙な顔で自分にいい聞かせていると、お父さんが皆んなを代表して、質問をしてきた。スイシャク様がそういってくれたから、祝詞みたいな言葉じゃない、普通の丁寧語で。
 
「雀を司る御神霊の御分体については、聞きたいことは山ほどあるが、今はアリアナとフェルトの将来が優先だ。おまえがいうように、御分体に情報収集をお願いできるものなのか、お尋|《たず》ねしてみてくれ、チェルニ」
 
 お父さんがいうと、スイシャク様はちょっと胸を張ってから、優しくて頼もしいイメージを送ってくれた。
 
「大丈夫だって、お父さん。事情は知ってるし、お父さん達のことも気に入ったから、神霊さんの〈ことわり〉の範囲内だったら、いくらでも協力してあげるって」
 
 そういいながら、わたしはちょっと驚いていた。何だろう、これ。スイシャク様の御名を赦されてから、イメージはますます鮮明で、言葉で伝えられるのと同じくらいはっきりと、スイシャク様のいいたいことがわかるんだ。
 ちなみに、学校の授業で聞いたところによると、神霊さんが人間の言葉を話すことはないんだって。神霊さんのお言葉には、どうしても〈言霊ことだま〉が宿るから、人の身には受け止められないらしい。言葉と同じくらいっていうのと、言霊そのものは、やっぱり全然違うんだろう。
 
「誠に畏れ多いことだが、正直なところ助かる。御分体によくよく感謝を申し上げてくれ、チェルニ」
「了解です! あとね、王都の雀を通して見ると、ちょうど今、クローゼ子爵家の人たちが集まって、何だか揉めてるんだって。スイシャク様が、会話をそのまま伝えられるようにしてあげようかって、いってくれてるよ」
 
 お父さんは、困った顔でうなった。わたしのお父さんは、本当に正しい人だから、いくら事情があっても、そこまではっきりと他のお家を覗き見するなんて、抵抗があるんだろう。
 お母さんは、そんなお父さんの顔を見て、優しく微笑んだ。よくお母さんがいってる言葉を再現すると、〈わたしの大事なダーリン、愛しいわ〉っていうやつだ。ダーリンって。今どき、小説の中でもいわないよ、お母さん。
 
 言語感覚は変だけど、豪腕のお母さんは、早速お父さんを説得にかかった。こういうときは、黙ってお母さんに任せておけば間違いないんだ。
 
「ねえ、あなた。情報収集と会話を盗み聞きすることに、そこまで大きな違いがあるのかしら。他のお家を覗き見するのは、確かに問題のある行為だけど、今回は仕方ないわよ。ことは〈神去かんさり〉にかかわるんですもの。アリアナとフェルトさんを守り切るには、手段を選んでいられないでしょう。第一、それが理に外れることなら、御分体がご提案くださるはずがないと思うの」
 
 お父さんは、大きなため息を吐いてからお母さんを見て、アリアナお姉ちゃんを見て、フェルトさんを見た。うん。フェルトさんのお母さんをいじめた人たちのプライバシーより、お姉ちゃんたちの方が大切だよね、お父さん。
 
「わかった。今は非常事態だから、御分体のご好意に甘えさせていただこう。おまえも協力してくれるか、チェルニ?」
「もちろんだよ、お父さん。任せて!」
「ありがとうな、チェルニ。御分体、衷心ちゅうしんより感謝をたてまつる」
 
 そういって、お父さんは深々と頭を下げたし、皆んなも同じ。スイシャク様は、満足げにふすーって鼻息を出してから、柔らかな乳白色の光を顕現させたんだ。
 
 スイシャク様からあふれ出た光は、そのままわたしの身体を包み込む。何だろう、この感じ。スイシャク様とのつながりが強くなって、逆に自分の身体とのつながりが希薄になっていく気がする。乳白色の光が支えてくれるから、怖くはないんだけど。
 
 しばらくすると、わたしの視界が変わった。いつも依代よりしろである雀が送ってくれるようなイメージじゃなく、まるでわたし自身の目で見ているみたいな確かさ。スイシャク様が、直接、雀の視界につないでくれたんだ。
 
 わたしの目は、遠くにお城を捉えていた。何回か王都に遊びに連れて行ってもらったことがあるから、ひと目でわかった。あれは王城だ。真っ白な塔が連なっていて、すごく大きくて、お伽話に出てくるお城みたいにきれいだった。
 
 雀はどんどん飛んでいって、立派なお屋敷が建ち並ぶ通りに出た。そして、そのうちのひとつ、焦げ茶色のれんがを積み上げて建てられた。大きなお屋敷に入っていったんだ。
 多分、この焦げ茶のお屋敷が、クローゼ子爵のお家なんだろう。スイシャク様のお力を貸してもらっているから、お屋敷全体によどんだ空気が漂っていて、まったく神霊さんの気配がしていないって、すぐに気づいた。
 
 そして、アーチ型の門をくぐって、正面の入り口に着いたところで、わたしははっきりと見てしまった。大きくて重そうな入り口と扉には、びっしりと白い紙が貼られていたんだよ。
 
 百枚近くありそうな紙は、本当は人の目には見えないもので、神霊さんの分体と霊的につながっている今だから、わたしにも見えるんだって、スイシャク様が教えてくれた。
 気配りのできる雀は、白い紙のそばまで近寄ってくれる。書かれていることも、只の人であるわたしに判読できるはずがないんだけど、今だけは読める。それぞれの紙には、こんな言葉が並んでいたんだ。
 
〈印剥奪 遺棄 □□□□□□□□〉
〈印剥奪 義絶 □□□□□□〉
〈印剥奪 久離 □□□□□□□□□□□□□〉
〈印剥奪 必罰 □□□□□〉
 
 怖い、怖い、怖い。わたしはものすごく怖くなって、必死でスイシャク様にすがりついた。スイシャク様が、乳白色の光をもっと強くして、わたしをぐるぐる巻きに包んでくれたから、すぐに落ち着いたけど。
 
 これって、神霊さんからの〈縁切り状〉みたいなものだよね? 一族分まとめて、本家の入り口に貼り出してあるんだよね?
 
 うん。このお屋敷が、クローゼ子爵家で間違いないよ……。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!