opsol book
フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-7
見出し画像

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-7

opsol book

05 ハイムリヒ 運命は囁く|7 旅立ち

 ゲーナの遺品の整理を終えたアントーシャは、腰を落ち着ける時間さえ持とうとはせず、早々に王都ヴァジムを後にした。ゲーナと暮らしていた邸宅には、アントーシャの許しを得た者だけが立ち入れるように魔術を掛け、着の身着のままの出立である。魔術触媒しょくばいも魔術陣も必要とせず、超長距離を転移することの出来るアントーシャは、敢えて領地までの長い旅を選んだのだった。

 アントーシャが継承したテルミン子爵領は、ゲーナが魔術師団長として王都に縛り付けられていた長い年月、領地の代官によって統治されてきた。ロジオン王国の地方貴族にはめずらしい選択ではなく、アントーシャが王都で貴族らしい華やかな暮らしを送ろうと思えば、簡単に叶えられただろう。しかし、アントーシャは一切の躊躇ちゅうちょなく、王都での未来を捨て去ったのである。

 二度と王都で暮らす心算つもりのないアントーシャは、邸宅の数少ない使用人を集め、念入りに感謝と謝罪を繰り返した。王都に残る者達には、破格の礼金を渡して別れを告げ、テルミン子爵領にまで付いてくると言い張る者達には、代官への手紙と潤沢な旅費を手渡した。気難しいゲーナを支え、長年にわたって支えてくれた使用人達に対して、アントーシャは手厚く報いたのだった。

 叡智えいちの塔を訪れた翌日には、アントーシャは馬上の人となった。ロジオン王国の子爵、増して領地を持つ子爵家の当主ともなれば、遠出の際には数台の馬車を仕立て、護衛騎士や使用人を多く伴って旅をするのが普通だが、アントーシャの旅装は極めて簡だった。大人しく賢い青毛の牝馬ひんばを買い入れ、そのくらに猫達の籠を一つだけ積んだだけのアントーシャは、遠駆けの貴族にすら見えなかっただろう。

 王都の人混みを抜けてからは、ベルーハとシェールがアントーシャの鞍の前に座り、コーフィは肩に乗って、興味津々に周囲を見回した。愛くるしい瞳をした牝馬はネーロ〈黒〉と名付けられ、機嫌良く尾を振っている。アントーシャと三匹の猫、青毛の愛馬との旅は、それから二週間以上も続いていった。

「ぼくは、移動というと転移魔術ばかりだったから、こうして馬でのんびりと動くのは初めてだよ。おまえ達も王城の猫だったのだから、郊外に出た経験はないだろう。御覧、この景色を。小さな花が辺り一面に咲き誇って、まるで何処どこまでも黄色の絨毯じゅうたんが広がっているようだ。美しい所だね、ロジオン王国は。王城のきらびやかな黄白おうはくよりも、この慎ましい黄色の花の方が遥かに美しいよ」

 ロジオン王国の郊外では、初夏になると至る所でポーチュラカの花が咲く。その可憐な黄色の花を眺めながら、アントーシャは自分の連れに話し掛ける。ベルーハとシェールは同意するかのように甘く鳴き、コーフィはひらひらと飛ぶ蝶を追って目を動かす。ネーロは黒い被毛を光らせて、小さくいなないた。何事にも効率を尊ぶダニエなどが目にしたら、怒って叫び出しそうな程に長閑のどかな道行だった。

 幾つもの地方領を抜け、青々と葉を茂らせた山道を進み、やがてアントーシャ達は大きな通用門に差し掛かった。どの地方領の門と比べても巨大であり、領地の規模と歴史をうかがわせるだけの風格を漂わせている門は、オローネツ領の領都オローニカに入る為の関所であり、アントーシャの当面の目的地だった。アントーシャは、ここからオローネツ城におもむき、己が領地に立ち寄るよりも先に、オローネツ辺境伯に面会する心算つもりなのである。
 アントーシャは、貴族専用の大門には行こうとせず、一般用の通用門の列に行儀良く並んだ。籠にも入れずに三匹の猫を連れた青年の姿は、否応いやおうなく周囲の注目を集めていたが、アントーシャは少しも気にしていなかった。

「ねえ、御兄さん。急に話し掛けたりして御免なさいね。さっきから気になってしょうがなくてさ。あんたの連れている猫達は、随分と大人しいんだね。籠に入れなくても、逃げて行ったりしないのかい。馬を怖がらない猫っていうのも、めずらしいと思うけどね」

 アントーシャのぐ前に並んでいた中年の女が、何度も様子を伺った後、好奇心を抑え兼ねた顔で聞いた。見るからに穏やかな表情を見せるアントーシャに、遠慮する気持ちも薄らいだのだろう。アントーシャもまた、柔らかく微笑みながら答えた。

「ええ、大丈夫です。籠は一応用意してみただけで、一度も使ったことはありません。この猫達はとても賢いので、迷子にもならず、ちゃんとぼくの側にいてくれるのです。馬とも仲良しなので、怖がったりもしませんよ」
「おやまあ、凄い猫達だね。こんなに器量良しなだけじゃなく、頭まで良いなんて、まるで王様や御妃様が御飼いになる猫みたいだよ。馬の方も大人しくて、本当に可愛いね。良い御仲間が居て良かったね、御兄さん」
「はい。有難うございます。この子達とこの馬の御陰で、ぼくも楽しく旅が出来ました。とても良い経験でしたよ」

 如何いかにもほのぼのとした二人の会話に、アントーシャの直ぐ後ろに並んでいた商人らしい男が、小さく吹き出した。いまだ若さの残る利口そうな男は、アントーシャ達に目を奪われていた一人であり、すかさず話に入ってきた。

「兄さんは、御育ちが良いのかして、何とも穏やかで邪気のない御人だね。だから猫達にも好かれるんだろうな」
「有難うございます。ぼくは、この猫達が大好きなので、猫達に好かれているのだと言って頂けると、とても嬉しく思います」
「好きに決まっているさ。猫ってものは、嫌いな人間に飼われるくらいなら、さっさと逃げ出しちまう奴らだからな。それにしても、兄さんは随分と軽装のようだが、それで旅をしてきたのかい。何処どこから来たんだ」
「王都から来ました」

 気負った様子もなく、平然と答えたアントーシャに、中年女や商人だけでなく、周りで楽しそうに話を聞いていた者達までが、一斉にアントーシャを二度見した。白シャツと黒いトラウザーズの上に、旅行用の軽い上着を羽織っただけで、何の荷物も持たないアントーシャが、遠い王都から来たという言葉が、にわかには信じられなかったのである。商人らしき男は、驚きに目を見開いて言った。

「王都。このオローニカから王都まで、急ぎの馬車でも十日は掛かるだろう。それだけの距離を手ぶらで、猫を三匹も連れて旅をして来たというのかい。何とまあ、変わった兄さんだな。その話をすんなり受け入れてしまえるのも、実に不思議だがね」

 男は楽しそうに笑い出し、アントーシャの肩を気安く叩いた。アントーシャは嫌な顔一つせず、男と一緒になって笑う。反対側の肩に乗っていたコーフィは、揺すられたことに抗議するように鳴き、それがまた周囲の笑いを誘ったのだった。

 爽やかな初夏の風に吹かれ、オローニカの通用門に並ぶ人々が楽し気に言葉を交わす中、不意にアントーシャの名を呼ぶ声がした。呆れと戸惑いに揺れながら、何処どこか切実な響きをまとった声である。アントーシャが振り向くと、通用門の人混みをくぐり、簡素な騎士服に佩刀はいとうした青年が、慌てて駆け寄って来る所だった。

「アントーシャ様。ああ、ようやく御目に掛かれました。良かった。御待ち申し上げておりました。皆、本当に、一日千秋いちじつせんしゅうの思いで御待ち申し上げていたのです。貴方様は、そんな所で一体何をしておられるのですか」

 アントーシャに呼び掛けた青年は、オローネツ辺境伯爵領の代官、ルーガ・ニカロフの部下であり、ルーガの護衛騎士を務めるルペラだった。ルペラの前後には数人の騎士がおり、全員が素早くアントーシャを取り囲む。ルペラの同僚らしい騎士の一人は、その様子を確認するや、急いで大門の中へと駆け戻っていった。アントーシャは、微笑みながら答えた。

「貴方は確か、ルペラさんでしたね。ルーガさんの護衛騎士をしておられる。こんにちは、ルペラさん。御久し振りです。御元気そうで何よりです。ぼくは御覧の通り、オローニカに入る許可を得る為に、通用門に並んでいる所です」

 アントーシャの長閑のどかな挨拶に、ルペラは何とも形容しがたい表情でうなった。ゲーナ・テルミンを襲った惨劇は、遠くオローネツ辺境伯爵領まで聞こえており、ゲーナやアントーシャに所縁ゆかりの有る人々は、ゲーナへの哀惜あいせきとロジオン王国への怒り、更にはアントーシャへの憂慮ゆうりょの余り、胃の痛くなる思いをしていたのである。
 アントーシャを恩人として敬い、礼儀正しい言動を崩さないはずのルペラが、絶句して立ちすくんでいる様子に、ようやく異常を感じ取ったのだろう。微笑みを消したアントーシャは、心配そうにルペラの顔を覗き込んだ。

「いつもと御様子が違いますね。ルペラさんは、今日は関所の警備に当たられているのですか。まさか、閣下やイヴァーノさんに、何か問題が起こったのではないでしょうね」

 一気に表情を引き締め、オローネツ辺境伯爵領の心配を始めるアントーシャに、大きな溜息を吐いてから、ルペラは何とか言葉を返した。

「閣下もイヴァーノ様も御健勝で在られますので、その点は御安心下さいませ。我々は、オローネツ辺境伯爵閣下の御命令で、ずっとアントーシャ様を御待ち申し上げていたのです。三日前に貴方様からの御手紙が届いて、オローネツ城を御訪ね下さると分かり、閣下が即座に御迎えを命じられたのでございます」
「ぼくの迎えですか。どうしてまた、そんなことを。勝手知ったるオローネツ城なのですから、御迎えなどなくても大丈夫なのに」

 アントーシャは、驚きに目を瞬かせた。魔術の深淵しんえんに至ったアントーシャに、身の危険など有る筈がなく、オローネツ城は故郷にも等しい場所である。態々わざわざ迎えを出される理由を見つけ出せず、アントーシャは首を傾げた。
 アントーシャの疑問に答えたのは、足早に近付いてきたルーガだった。知らせに走った騎士を始め、門番や農民姿の部下を引き連れ、周りの視線を一身に集めて登場したルーガは、アントーシャの言葉を聞き付け、呆れたように言った。

「何故か、馬でオローネツ城に御出でになるというアントーシャ様が、気が変わったとおおせになって、何処どこかに行ってしまわれないか心配でたまらない。是非とも御迎えに行って、貴方様を捕まえて来いと、閣下に厳命されたのですよ。閣下の御心配も御もっともですな。子爵家の御当主様が、何だって一人の供も連れず、一般用の通用門に並ばれているのですかね」
「ルーガさんも御久しぶりです。御目に掛かれて嬉しいですよ。子爵と言っても、小さな田舎町の領主になったばかりの成り上がりですから、わざわざ皆さんを御迎えに出して頂くなんて、大袈裟過ぎて困ってしまいますよ」

 本当に困惑しているらしいアントーシャに、笑って良いのか呆れて良いのかめ分からず、ルーガは肩をすくめた。

「アントーシャ様の御生家は、王都の侯爵家と伺っておりますがね。まあ良いでしょう。閣下とイヴァーノ様が、心配の余り食事も満足に喉を通らない御様子ですので、早くオローネツ城に御越し頂けませんか。アントーシャ様の御顔を御覧になれば、御二人も安心なさるでしょう。我々からも御願い致します」
「差し出口とは存じますが、オネギンさんを始めとするオローネツ城の騎士達も、溜息ばかり吐いておられます。今のオローネツ城は、まるで秋の長雨に降られているかのごとき有様なのです。アントーシャ様さえ御出で下されば、城の空気も明るくなると思います。どうか、早々に我々に御同行下さいませ」

 口々に訴え掛けながら、ルーガとルペラの視線は、時折り猫達に吸い寄せられていた。二匹はくらの上に座り、悪戯いたずら猫のコーフィは相変わらずアントーシャの肩の上である。緑金の瞳をきらめかせた、自分達の話に耳を傾けているかに見える猫達に就いて、問い質したい気持ちは山々だったが、二人とも今は無視する道を選んだ。オローネツ辺境伯とイヴァーノは、実際、身も細るばかりにアントーシャを待っているのである。

「分かりました、ルーガさん。どうやら、ぼくがのんびりとし過ぎたようですね。御二人に申し訳ないので、先を急ぎましょうか」

 生真面目な表情でルーガに頷き掛けたアントーシャは、一緒に通用門に並んでいた人々を振り返った。最初に話し掛けてきた中年の女は、薄っすらと顔を青くしてアントーシャを見詰め、他の者達も困惑の表情で身を固くしている。アントーシャは、困ったように微笑んでから、丁寧に頭を下げて言った。

「御騒がせしてしまいましたね、皆さん。思い掛けない御迎えが有りましたので、一足御先に失礼します。皆さんも並んでいらっしゃったのに、順番を飛ばしてしまう形になってしまって申し訳ありません。皆さん、どうか御元気で」

 楽し気にアントーシャを取り巻いていた者達は、突然の成り行きに驚くばかりで挨拶すら返せず、何度も頭を下げるだけだった。ただ一人、アントーシャの肩を叩いていた商人らしき男が、口もりながら言った。

「兄さん、いや貴方様は貴族様だったのですか。知らなかったとはいえ、気安い口を利いてしまって、大変失礼致しました」
「とんでもない。一般向けの通用口に並んでいたのは、ぼくの勝手なのですから、御気になさる必要などありませんよ。皆さんに話し掛けて頂いて、ぼくも猫達も、とても楽しい時間を過ごせました。有難うございました。御縁が有りましたら、きっとまた何処かで御目に掛かりましょうね」

 そう言って、アントーシャは商人らしき男に優しく微笑み掛けた。ルーガとルペラは、もうここで笑うことに決めた。彼らの命を救ってくれた奇跡の魔術師は、つまりはこういう男なのである。オローネツ辺境伯やイヴァーノが、あれ程までにアントーシャを案じ、心をかけるのは、オローネツ辺境伯爵領の恩人、ゲーナ・テルミンの身内だからでも、魔術の天才だからでもないのだろう。

 ルーガに先導され、ルペラ達に周りを囲まれるようにして、アントーシャはオローニカの街に足を踏み入れた。アントーシャの愛馬となった青毛のネーロは、騎士達の一人に手綱を引かれ、猫達は大人しくくらの上で座っている。一行の様子は、否応いやおうなく周囲の視線を集めていたが、アントーシャは少しも気にはしなかった。オローネツ辺境伯らの憔悴しょうすいぶりを聞かされ、段々と不安を感じ始めていたのである。

「皆さんに御心配を御掛けしてしまって、本当に申し訳ありません。手紙さえ御出しすれば良いと考えたのは、ぼくの未熟さです。これ以上、皆さんを御待たせしたくはないので、転移か速度上昇の魔術を使いたいと思います。構わないでしょうか、ルーガさん」

勿論もちろんですとも、アントーシャ様。一ミラでも早く、あの御二人に御顔を見せて頂きたいですからね。その為の魔術は大歓迎ですよ。所で、あの、出来ましたら、速度上昇の魔術というものを、私共々掛けて頂くわけにはいかないでしょうか。厚かましい御願いですし、アントーシャ様の御負担になるのなら諦めます。ただ、あのとき救援に来てくれた奴らが、如何いかに素晴らしい体験だったかを事有る毎に自慢するので、すっかり羨ましくなってしまいましてね」

 ルーガは申し訳なさそうに頭をきながら、アントーシャを覗き見た。オローネツ辺境伯爵領でも随一の騎士、剣を取らせれば並ぶ者の居ない武人と名高い男の、少年のごとき無邪気さに触れたアントーシャは、ルーガに明るく笑い掛けた。

「構いませんよ、ルーガさん。御安い御用です。もしよろしかったら、御仲間の皆さんも御一緒に、早駆けでオローネツ城まで戻ってみましょうか。清々しい夏空の中を走るのは、きっと気持ちが良いだろうと思うのです」

 大らかな笑顔で告げられた提案に、ルーガは勢い良く拳を握り締め、アントーシャを囲んでいた騎士達は、揃って賑やかな歓声を上げた。オローネツ城までの道のりを、彼らは風になって駆けて行けるのである。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
opsol book
三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。