見出し画像

連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-7

 ネイラ様から、不思議なお誘いの手紙をもらった夜、わたしは、衝撃のあまりあっさりと寝落ちしたらしい。気がついたら、翌日の朝になっていて、ふっくふくの巨大な雀のスイシャク様と、真紅のルビーみたいに輝いているアマツ様が、左右の枕元に寝転がって、可愛い寝息を立てていたんだ。
 
 考えてみると、神霊さんのご分体が、こうして一緒に寝ていること自体、あんまり普通じゃないのかもしれない。
 そもそも、神霊さんっていうのは、実体を伴わない霊的な存在なんだから、人が触れられるものじゃないって、習ったんじゃなかったっけ? スイシャク様もアマツ様も、簡単に触れられるし、スイシャク様なんて、完全にわたしの膝を台座だと思っているんだけど?
 スイシャク様とアマツ様が、あんまり親しげで優しいから、普通じゃないことに慣れてきちゃってたよ、わたし。
 
 実をいうと、わがカペラ家は、昔からわりと神秘体験に事欠かない家だった。アリアナお姉ちゃんの偽装もそうだし、わたしが生まれてからは、〈尊く神聖な何か〉の存在を感じるようなことが、しょっちゅう起こっていたんだって。
 うちの家や〈野ばら亭〉って、そういう〈磁場〉みたいな土地に、建っちゃってるんだろうか? スイシャク様とアマツ様は、まだ気持ち良さそうに寝ているから、後で教えてもらおう。
 
 冷たい水で顔を洗って、頭をすっきりさせてから、お父さんが用意していてくれた、おいしい朝ごはんを食べることにする。
 町立学校がお休みに入ってから、わたしはちょっとだけ朝寝坊になったから、皆んなは先に済ませている。でも、この頃には、スイシャク様とアマツ様も来てくれるから、一人と二柱ふたはしらで、仲良く食卓を囲むんだ。
 
 白身のふちのところを、カリカリに焼いた目玉焼きと、お父さん特製のハーブの香りのソーセージ。レタスをさっと湯がいて、甘酸っぱいソースで和えた一品は、ちょっと辛味も効かせてあって、いくらでも食べられる感じ。今朝のスープは、緑の野菜を何種類も裏漉うらごしした、エメラルドみたいな色合いのもので、薄っすらとオリーブオイルの輝きをまとっている。黄色と赤のパプリカと、旬の真っ白なカブの三色サラダは、身体の中から綺麗になれるような味がするんだ。お父さんの今朝の焼きたてパンは、素朴な堅焼きパンと、ハーブを練り込んだパンの二種類で……って、違う、違う!
 朝ごはんのメニューより、昨夜のネイラ様の不思議な手紙と、手紙をもらうきっかけになった、〈神託しんたく〉が問題なんだった。
 
 機嫌良く起きてきたスイシャク様とアマツ様は、他に誰もいないから、食卓の上に座って、ごはんを食べることにしたみたい。考えてみたら、鳥が座るっていう表現も、ちょっと変なんだけど、まあ、そこはいいだろう。
 
 じっくりと焼き上げて、いい色の焼き目をつけたソーセージを、スイシャク様が、おいしそうに食べている。鳥には歯がないはずなのに、噛みちぎるたびに、パリッていい音がするのは、気にしないことにする。
 口直しに三色サラダを差し出すと、黒曜石みたいな瞳が、うっとりと細められて、ものすごく可愛い。ふすふす鼻息を漏らしながら、ふんわりと膨らんでいるスイシャク様に、わたしは戸惑いがちにメッセージを送ってみた。ネイラ様の手紙に書かれていた、〈魂魄こんぱくで会いましょう〉って、どういう意味ですかって。
 
 わたしの質問に対して、返ってきた答えは、深い溜息だった。スイシャク様ってば、三色サラダを飲み込んだ途端に、ふすーーーって、肩を落としたんだ。丸い可愛い頭まで、うなだれちゃってるよ?
 続いて、わたしに送られてきたメッセージも、何だか困った感じだった。〈文字通りの意味也〉〈神威しんいげき法外ほうがいなること〉〈彼の御方おんかたは、の魂魄を別次元へといざなわんとす〉〈人のことわりを知らんとて、降臨いたせしはずであろうに〉〈□□□□□□□よ、如何いかがなすや〉って。ネイラ様のお誘いは、スイシャク様から見ても、唐突だったんだろう。
 
 スイシャク様に話を振られたアマツ様は、シャクシャクとレタスを食べながら、上機嫌に微笑んだ。ご神鏡みたいな銀色の瞳をゆるめて、にっこりと。鳥型のお姿だから、笑顔になれるはずがないんだけど、なぜかはっきりとわかっちゃったよ。
 
 アマツ様は、スイシャク様とは違って、あんまり困っていなかった。真紅の美しい羽根先を振って、緑色のスープを差し出すように、わたしに指示を出しながら、元気良くイメージを送ってきたんだ。
 〈拙速せっそくに傾きしは、待ちびていたがゆえ〉〈我らが眷属けんぞくにして、□□□□□□□□□□の愛子まなごたる雛なれば、魂魄にての逢瀬おうせも可也〉〈我らが導きにて、月の銀橋ぎんきょうへと夜空をけん〉って。
 
 スイシャク様とアマツ様は、わたしのことをそっちのけにして、そんなメッセージを次々に交換し始めた。別にいい争ってるわけじゃないんだけど、お互いに意見の相違があったんだろう。
 スイシャク様は、いきなり〈魂魄で会う〉なんていい始めたネイラ様を、強引すぎるって思っていて、アマツ様は、別に大丈夫だって思っているみたいだった。普通に〈野ばら亭〉を訪ねてくるか、手紙を送ってくればいいのにって、困りながら呆れているスイシャク様と、親しくなれていいんじゃないのって、軽くいっちゃうアマツ様……。
 これは、あれだ。慎重派の優しいお母さんと、どんどんやってしまえっていう、行動派のお父さんの会話っていう感じだね。話しているのは、巨大な白い雀の神霊さんと、やっぱり巨大な真紅の炎の神霊さんだけど。
 
 結果的に教えてもらったところによると、〈魂魄で会いましょう〉っていうのは、比喩でも何でもなく、本当にそういうお誘いなんだって。
 人の身として、現世うつしよに顕現していても、ネイラ様の本質は、神々の化身である〈神威の覡〉に他ならない。だから、ネイラ様は、自分の意志によって、自由自在に魂魄だけを分離させることができるし、魂魄だけの存在のときは、人の身のネイラ様を遥かに超える力を振るえるらしい。
 そして、ネイラ様にとっては、魂魄だけで行動するのは、別に特別なことじゃないから、わたしのことも、わりと気軽に誘ったんじゃないかっていうんだけど……もう、どこから突っ込んだらいいのかわかりませんよ、ネイラ様……。
 
 さっきのスイシャク様みたいに、溜息をついて肩を落としたわたしを、アマツ様が慰めてくれた。すべすべした真紅の頭を、わたしの頬に擦り付けながら、心配しなくても大丈夫だよって、優しくいった。
 ネイラ様の〈至らぬところ〉は、アマツ様が補佐するようになっているから、わたしが寝ている間に、魂魄だけで〈月の銀橋〉に行けるように、助けてくれるんだって。何の危険もないし、残された身体も安全だから、一緒に行こうって誘ってくれたんだ。
 
 ネイラ様の無茶振りに文句をいっていたスイシャク様も、ふすーっ、ふすーって、鼻息を吹き上げながら、可愛い薄茶の羽根先で、ふっくふくの胸を叩いてくれた。
 こうなったらしょうがないから、〈逢瀬〉を楽しみなさいって。スイシャク様とアマツ様の眷属であるわたしなら、星の海を渡っても、魂の器が耐えられるだろうから、一緒に連れて行ってあげようって、約束してくれたんだ。
 
 あまりの展開に衝撃を受けながら、わたしは、一生懸命に考えた。魂魄っていうのは謎だけど、ネイラ様に会えるのは、とっても嬉しい。でも、同じだけ、会うことが怖くて仕方がなかったからね。
 
 本当のことをいうと、ネイラ様の名前を聞くだけで、胸がぎゅっと痛くなっちゃうんだよ、わたし。どきどきして、震えてきて、顔が赤くなっているのが、自分でもわかるくらい。こんなふうに、誰が見たって、こっ、恋をしているってわかっちゃうような状態で、ネイラ様に会っても、大丈夫なものなんだろうか?
 誘ってもらったのが嬉しくて、今も泣きそうなくらいで、すぐにでも顔を見たいって思ってるけど、実際にネイラ様に会ったら、こっ、恋心なんて、お見通しになっちゃうんじゃないの? そして、わたしの気持ちがわかったら、ネイラ様を困らせるんじゃないのかな?
 
 ネイラ様は、王立学院に推薦してくれて、わたしの未来を大きく広げてくれた。優しい手紙をたくさん書いて、わたしを〈友達〉だっていってくれた。ただの十四歳の平民の少女に、これ以上ないくらい親切にしてくれて、お姉ちゃんとフェルトさんを守るために、力を貸してくれた。
 そんなわたしが、ネイラ様に、こっ、恋をしちゃったのは、ネイラ様を裏切ることにならないんだろうか? ネイラ様に失望されるのは、きっと何よりつらいのに。
 
 正直なところ、こっ、恋が成就するなんて、わたしはさすがに思っていない。だって、わたしとネイラ様とでは、あまりにも身分に差があるし、そもそも存在としての〈格〉が違いすぎるからね。
 でも、だったら諦められるのかというと、多分、きっと、無理だと思うんだ。わたし、チェルニ・カペラは、一生、ネイラ様のことだけを好きなんだと思う。やたらと鋭いわたしの勘が、はっきりとそう告げているんだよ。
 
 十四歳の少女にして、一生ものの失恋をしたのかもしれないショックで、頭がいっぱいになっていたわたしは、スイシャク様とアマツ様が、〈神託しんたくかも知れぬ宿命よりも、いとけなき恋情に惑うとは、我らが雛のきことよ〉って、楽しそうに紅白に発光している様子には、ちっとも気が回らなかったんだよ……。
 
     ◆
 
 わたしの長所のひとつは、気持ちの切り替えが早いことだと思う。ネイラ様を、すっ、好きになっちゃったのは、もうどうしようもない。この気持ちが、ネイラ様への裏切りにならないかどうか、とっても心配ではあるんだけど、今はどうしようもない。〈魂魄で会う〉なんて、考えただけでくらくらするのも、やっぱりどうしようもない。あれもこれも、わたしには、どうしようもないんだから、いったんは諦めるしかないよね?
 
 わたしは、ブラウスの袖のところで、にじんできちゃった涙を拭いて、一生懸命に朝ごはんを食べた。最高においしいお父さんのご飯には、深い深い愛情がこもっているんだから、適当に食べたりはしたくないんだ。
 困ったことが起きたり、悩み事ができたりしたときは、おいしいご飯をたくさんたべて、身体を暖かくするといいって、お母さんがいつも話してる。お腹がいっぱいで、暖まった状態だと、人は絶望に囚われたりはしないものなんだって。
 
 うん。本当にそう思うよ、お母さん。今朝のご飯もおいしくて、スイシャク様とアマツ様が、慰めるみたいに寄り添ってくれるのが、ふくふく、つやつやと暖かくて、わたしは何とか立ち直ったからね。
 深刻な悩みは悩みとして、今は自分にできることをしよう。わたし、チェルニ・カペラ十四歳は、優先順位を理解する少女なのだ。
 
 食後のデザートとして用意してもらっていた、りんごのコンポートまで完食してから、わたしは自分の部屋の壁と向き合った。うじうじと悩むんじゃなく、ちゃんと考えようと思ったんだ。
 座礼の形を取った、わたしの左右には、スイシャク様とアマツ様が座っている。興味津々に瞳を輝かせて、〈其は面白き者也〉〈く、思案せよ〉〈我らが助言をば行わん〉とかって、イメージを送ってくるから、ちょっとだけ迷惑だったことは、わたしだけの秘密にしよう。
 
 同級生の女の子たちが肩に載せていた、小さな蛇については、結論が出ている。一回だけ、真剣に忠告をして、それで変わらないようだったら、わたしは一切かかわらない。冷たいようだけど、それが道理だと思うんだ。
 
 わたしが、〈神託しんたく〉である可能性については、保留にしておくべきだろう。いろいろと悩んだところで、正解なんて出そうにないしね。
 本当は、すぐにでも答を知りたいけど、人の都合で神霊さんを動かそうとしてはいけないって、ルーラ王国では子供だって知っている。神霊さんと人とでは、時間の感覚も、善悪のとらえ方も、大元おおもとことわりだって違うから、人の思い通りにはならないんだよ。
 
 ただし、自分で考えること自体は、悪いことじゃないと思う。逆に、何でもかんでも神霊さんに答だけを教えてもらおうとする方が、不敬なんじゃないかな? わたしがそうであるかどうかは別にして、〈神託の巫〉とは何か、自分でも調べてみようか?
 目をつぶっていても感じられる、スイシャク様とアマツ様のきらきらした瞳の輝きと、さっきから紅白に発光しちゃってる様子からすると、どうやら正解らしいんだけど、こういう〈合いの手〉って、やる気を削ぐというか、ちょっとやりにくい……。
 
 わたしは、左側でふっくふくに膨らんでいるスイシャク様と、右側でぱちぱちと鱗粉を撒き散らしているアマツ様に向かって、メッセージを送ってみた。わたしが言葉で尋ねたら、二柱はすぐに答えてくれるけど、メッセージを送ること自体が、神霊さんへの〈祈祷きとう〉の訓練になると思うから、最近はずっとそうしているんだ。
 
 〈神託の巫について知りたいんですけど、何かの本に書かれていますか?〉って聞いたら、スイシャク様もアマツ様も、揃って首を傾げた。多分、神霊さんから見て価値のある文献って、ないんじゃないかな?
 〈王立学院に行けば、教えてもらえますか?〉って聞いたら、二柱とも、さっきと反対側に首を傾げた。きっと、王立学院の先生でも、はっきりとは教えられないんだろう。
 〈ネイラ様にお尋ねしたら、教えてもらえますか?〉って聞いたら、ぴかぴかぴかぴか、目が痛くなるくらいの勢いで、紅白に発光された。うん。ネイラ様なら、やっぱり知っているんだね。
 
 ちょっと質問を変えて、〈わたしが祈祷の練習を重ねたら、何かの役に立てますか?〉って聞いたら、ぴかーっ、ぴかーって発光したうえに、メッセージが送られてきた。〈殊勝しゅしょうなる心掛け也〉〈祈祷こそは、其が役目の内〉〈く始めん〉〈微睡より目覚め、我らが名を呼ばん〉って。
 何だかよくわからないけど、わたしが祈祷の訓練をするっていうと、スイシャク様もアマツ様も、いつもとっても喜んでくれるから、意味のあることなんだろう。
 
 よし! 二柱には、とてつもないご恩を受けているし、〈神託の巫〉について調べる方法も、今のところなさそうだし、入試の勉強はとっくに終わっているし、今日は祈祷の訓練をしてみよう。
 ぴかぴかぴかぴか、ぴかぴかぴかぴか。上機嫌で発光する、紅白の鳥を横目で見ながら、わたしはまたまた考えた。神事の場合、よく歌や舞を奉納するよね? 舞の方は、まったくわからないけど、歌だったら、祝詞のりとふしをつけたらいいんじゃないだろうか?
 とっても恥ずかしいけど、スイシャク様とアマツ様が喜んでくれるかもしれないから、やってみようかな?
 
 わたしが、視線でお伺いを立てると、スイシャク様もアマツ様も、勢い良く首を振って、期待のこもった目を向けてくれた。
 スイシャク様とアマツ様に、深い感謝を伝えるための祝詞……。そう考えたとき、わたしの頭に浮かんできたのは、なぜかこんな一説だった。
 
〈四方万里に轟弥 垂迹神の弥栄 神代の威光輝かし 別天津神天津神〉
(しほうばんりにとどろきわたる すいしゃくしんのいやさかえ かみよのいこうかがやかし ことあまつかみあまつかみ)
 
 どうして、こんな祝詞が浮かんできたのか、自分でもわからない。習った覚えもないし、何だったらまったく意味もわからない。わたしは文学少女だから、むずかしい祝詞でも、大抵の内容はわかるんだけど、これはお手上げだった。
 
 でも、途中で祈祷を止めるのは、とっても失礼なことだから、わからないなりに、心を込めてやってみよう。そう決めて、〈四方万里に〉あたりまで歌ったところで、両肩に軽い衝撃がきた。
 集中していたから、びっくりして目を開けると、ものすごく困った表情のスイシャク様と、ものすごく笑いをこらえているアマツ様が、左右からわたしの肩を揺さぶっていたんだよ。
 
 微妙に視線を逸らして、わたしの目を見ないようにしているアマツ様からのメッセージは、こんな感じだった。〈面妖めんようなる節の面白きこと〉〈人の子には、向き不向きのありければ、無理はせぬが良き〉〈其は、非常なる音痴也〉〈其の心情は届きたる〉〈愛し愛し〉だって!
 そうなんだよ。うっかり忘れていたけど、わたしってば、あのアリアナお姉ちゃんが吹き出したことがあるくらいの、すっごい音痴だった……。
 
 ふすううううって、深い溜息をついたスイシャク様からのメッセージは、こんな感じだった。〈其の天稟てんぴんは、歌舞音曲かぶおんきょくにはあらぬらし〉〈人の子は、完璧にはならぬもの〉〈其が言霊ことだまにて、祈祷を成すが吉〉だって!
 つまり、わたしには歌や踊りの才能は皆無だから、その方面は諦めろってことだよね? いたわりと慰めに満ちた、スイシャク様の黒曜石の瞳が、余計に心に刺さる気がする……。
 
 スイシャク様とアマツ様は、わたしの頭に浮かんできた、不思議な祝詞の内容については、何もいわなかった。むしろ、話題を逸らす感じで、音痴をからかわれていたことに気づかないまま、このときのわたしは、がくんと肩を落としたんだ。
 
 優しいスイシャク様は、くつくつと笑っているアマツ様を、軽く羽根先で叩いてから、いってくれた。〈其が未だ知らぬ神に、祈祷にて出会いをわん〉って。
 なるほど。スイシャク様やアマツ様とは、かなりメッセージのやり取りができるようになっているから、わたしの知らない神霊さんに、言葉を届ける練習をするんだね?
 
 素直な少女であるわたしは、さっきの祝詞のことはすっかり忘れて、真剣に考え込んだ。知らない神霊さんっていわれても、漠然とお祈りするだけだと、多分、何もメッセージを届けられない。ほんの少しでもいいから、何かの〈縁〉のある神霊さんか、お願いしたいことのある神霊さんじゃないと、イメージが湧かないんだよね。
 
 壁に向かって座礼を取るのをやめて、わたしは、何となく部屋の中を見回した。ふかふかで可愛い、水色のじゅうたん。ほんのちょっとだけ、小さなサクラの花びらの模様が入っている、お気に入りの家具類。ぎっちぎちに本が詰まった、大切な本棚。二柱の神霊さんと一緒に寝るようになった、わたし好みの堅めのベッド。お姉ちゃんが買ってくれた、猫足の文箱を置いているのは、深い茶色の色合いが綺麗な飾り棚で、一番目立つ場所には、ネイラ様の編んでくれたショートマフラーを飾ってあって……。
 おお! ぴんときちゃった! あの畏れ多いマフラーには、アマツ様の羽根が編み込まれていて、羽根を毛糸にするために、羊を司る神霊さんに、協力してもらったんじゃなかったっけ? だったら、羊を司る神霊さんに、わたしからもお礼をしよう!
 
 スイシャク様もアマツ様も、満足そうな感じだったから、わたしは早速、精神を集中させることにした。もう歌うなっていわれたから、言葉として祈祷するんだ。
 
 アマツ様の羽根を毛糸にしてもらったので、グレーのショートマフラーの中に、チカチカって、紅いきらめきが入っていて、本当に綺麗です。ありがとうございましたって、心を込めてお祈りをしたら……来ちゃったよ……。
 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!