opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェル…

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

マガジン

  • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

    opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

  • 編集部日記

    編集部ヤナガワが書くあれこれをまとめています。

  • 神霊術少女チェルニ 小ネタ集

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の小ネタ集です。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ チェルニ本編の物語とご一緒にお楽しみください。

  • 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー

    万物に宿るとされる神霊の力を借り、人知を超える現象を引き起こす〈神霊術〉。千年の安寧を誇るルーラ王国は、国民のほとんどが、何らかの神霊術を使うことから、〈神霊王国〉と呼ばれている。  そんなルーラ王国で、史上最年少で王国騎士団長となった、レフ・ティルグ・ネイラ。彼こそは、千余年の時を経て現れ出でし《神威の覡》に他ならなかったーー。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 〈神霊王国物語〉シリーズ『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝作品です。

  • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

最近の記事

  • 固定された記事

opsol bookの出版物

opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnoteと小説家になろうにて、『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ黄金国の黄昏』のリニューアル版を投稿中です! 小説家になろう『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ黄金国の黄昏』はこちら フェオファーン聖譚曲公式サイトはこちら あらすじ 「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」  強大なる中央集権国家を維持する

    • 第3回ハナショウブ小説賞開催のお知らせ

      このたび、opsol book主催の公募企画、第3回ハナショウブ小説賞の開催が決定いたしました。 第3回では、以下の3部門で長編小説を募集します。 (1)テーマ部門第3回では「手紙」をテーマにしたフィクションの長編小説を募集します。 家族、友人、恩師、そして自分自身へ。愛情や喜びだけでなく、悲しみ、苦しみなど、さまざまな感情を込めて綴られた手紙が彩る物語をお待ちしています。 (2)opsol部門opsol部門では「介護」「医療」「福祉」のいずれか一つまたは複数をテーマに

      • 【第2回ハナショウブ小説賞】授賞式を開催しました!

        2024年4月6日(土)に、三重県伊勢市にて第2回ハナショウブ小説賞授賞式を開催しました。 当日は、5名の受賞者様に出席していただきました。 〈opsol部門〉 ●大賞 小川 マコト様 ●銀賞 ウダ・タマキ様 ●opsol book賞 本多 あにもる様 〈テーマ部門〉 ●大賞 九津 十八様 ●銀賞 目白 成樹様  ▼第2回ハナショウブ小説賞 最終結果発表はこちら ◆受賞者挨拶(opsol部門)〈大賞〉『走れ!スーパー茜号』小川 マコト様 〈受賞コメント〉 この度は

        • 編集部日記(祝・一周年編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 この日記(という名の恥さらし)の投稿を始めてから、昨日で丁度一年が経ちました。一本目の日記は、2023年3月21日に投稿した料理の失敗談を綴った「待ちとせっかちと私」。 投稿を始めた頃は、このように記事毎にタイトルをつけていましたが、8月よりタイトルを「編集部日記(○○編)」に変更しました。 実を言うと、「○○編」の部分を「○○の巻」とするつもりだったのでした。実際に、編集部日記の中で一本だけ巻バージョンが投稿されていま

        • 固定された記事

        opsol bookの出版物

        マガジン

        • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話
          17本
        • 編集部日記
          103本
        • 神霊術少女チェルニ 小ネタ集
          7本
        • 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー
          3本
        • 神霊術少女チェルニ 往復書簡
          102本
        • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉
          114本

        記事

          編集部日記(睡眠編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 昨年、SNS断食についての記事を投稿しました。 あれから約4か月。スマホ中毒の自覚があるので、当然のごとくSNSの使用を控えることはできませんでした。というか、正直控えるつもりもありませんでした。SNSの話題は把握しておきたいし、知人の投稿も気になるし、動画の視聴はやめられないし。週末にスマホのスクリーンタイムの通知が届くたびに、レポートを見ては毎回引いています。 一日24時間、仕事が8時間、睡眠が6時間、その他の食事や

          編集部日記(睡眠編)

          編集部日記(湯たんぽ編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 昨晩、就寝時に布団に入って思いました。湯たんぽって最強なのでは、と。今回のnoteネタにすべく「note 湯たんぽ最強説」とスマホにメモを残し、湯たんぽの温もりを感じながら、その日は眠りにつきました。 昔から、冬の夜は湯たんぽを愛用しています。我が家のスタメンはプラスチック製のオレンジ色の湯たんぽ。布団に足を入れたときのあの優しい温もりは、生命すら感じさせます。いや、さすがに言い過ぎかも。 暖房をつけていなくても、湯たん

          編集部日記(湯たんぽ編)

          編集部日記(クッキー缶入手編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 本日の更新で、編集部日記は記念すべき100本目を迎えます。先日まで「これで50本! 折り返し!」と思っていたのですが、気付けばこんなに投稿していたようです。偶然マガジンを開いたから気付いたものの、危うく見逃すところでした。 さて、今回はクッキー缶についてです。 いつかクッキー缶を買いたいと願望を綴った記事を過去に投稿しています。 この記事を投稿してすぐ、同じ編集部のヤマザトさんが、いくつかクッキー缶を紹介してくれました

          編集部日記(クッキー缶入手編)

          編集部日記(運編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 突然ですが、私は一番くじが大好きです。 アニメやゲーム、キャラクターもののくじが多くある中、最近はさまざまな企業とのコラボ商品も多数展開されています。 私が特に欲しかったのが、『珈琲所 コメダ珈琲店』の一番くじ。以前noteにも書きましたが、こちらの商品は近隣店舗で出会うことができず、残念ながら手に入れることができませんでした。A賞のシロノワールのぬいぐるみとB賞のブランケットを狙っていたのですが、どうやら私には縁がなか

          編集部日記(運編)

          編集部日記(歯編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 1月にかかりつけの歯科医院に予約の電話をして、2月には定期検診を済ませる予定だったのに、気付けば3月になってしまいました。まだ予約の電話すらしていません。 治療さえ始まれば、もう逃げ道はないので腹をくくるのですが、検診までの待ち時間がどうしても苦手で、つい検診をサボってしまいます。「もし虫歯があったら治療が始まるのか」とか、「麻酔打つの嫌だな」とか、「ドリル怖い」とか。 あと、待合室で見ているテレビ番組も、治療に呼ばれた

          編集部日記(歯編)

          編集部日記(春のヒロイン編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 早いもので、ついに3月となりましたね、 2月の初めに、こんな記事を投稿しました。 春の脅威である花粉。花粉は一年中飛散しているため、何も春に限ったことではないのですが、やはり個人的な体感だとスギとヒノキの威力はレベルが違います。 なんだかちょっと目が痒いなあなんて思っていたら、あっという間に花粉が体内に侵入し、気付けば目も鼻も肌も攻撃を受けていました。おかしいですね、2月の上旬には耳鼻科に行って薬を貰っていたのですが…

          編集部日記(春のヒロイン編)

          編集部日記(洗濯トラップ編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 先週は天気の悪い日が続きましたね。私はお日様の下で洗濯物を干すのが好きなので、洗濯物が乾かないとなるとテンションが下がります。テンサゲです、テンサゲ。久しぶりにこの言葉を使った気がしたので調べてみたところ、「テンアゲ」「テンサゲ」が流行したのは2012年頃のことらしいです。10年以上前……。ちなみに、「てへぺろ」も同時期とのこと。 話は洗濯に戻ります。こういうときに限って予備のバスタオルが行方不明になり、雨なのにバスタオル

          編集部日記(洗濯トラップ編)

          編集部日記(来たる健康診断編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 先日、健康診断に行ってきました。 「ダイエットを頑張ること」を2月の目標としたのは、健康診断の体重測定で昨年よりも良い数字を叩き出すためでした(会社に結果を提出しないといけないので)。果たして結果はどうだったのか、まずは健康診断当日までの日々を振り返りたいと思います。 2月6日の日記にも書いたとおり、最大の目標であったジム通いは失敗となりました。そこで私が細々とチャレンジしたのが、食事制限と就寝前の腹筋です。正直、腹筋が

          編集部日記(来たる健康診断編)

          編集部日記(傘編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 先日、仕事終わりに商業施設内にあるとあるお店で夕飯を食べました。 この日は小雨がぱらついていたので、念のためビニール傘を持っていくことに。今は問題なくても、お店を出るときに土砂降りになっている可能性がありますからね。 19時30分頃に夕飯を済ませ、帰る前にウィンドウショッピングをしました。せっかく寄り道をしたのですから、隅から隅まで楽しんでから帰らなければ。 カプセルトイコーナー、書店、アパレルショップ。時間の許す限り

          編集部日記(傘編)

          編集部日記(しゃぶしゃぶ編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 最高気温が16度を超えた地域もあるようで、しゃぶしゃぶのおいしさが染みる冬がもうすぐ終わろうとしていますね。「夜ご飯何が食べたい?」と聞かれたら、私は3回に1回「しゃぶしゃぶ」と答えています。答えているだけでそんなに頻繁に食べているわけではありませんが。 鍋は鍋でおいしいですが、やっぱりしゃぶしゃぶが好きです。今まではゴマダレ派でしたが、最近はゆずポン酢派に乗り換えました。サッパリしつつもゆずの味が口いっぱいに広がるあの瞬

          編集部日記(しゃぶしゃぶ編)

          編集部日記(甘味編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 明日はバレンタインデーですね。幼稚園時代の私は、好きな人の人数に上限はないと思っていたので、5人に本命チョコをあげていたことを覚えています。全員に淡い恋心を抱いていたのでしょう。 さすがにもう複数人に本命チョコを渡すようなことはありませんが、日常のありとあらゆる場所に存在しているスイーツに対しては、すぐに心が浮ついてしまいます。ケーキ、クレープ、おまんじゅう。洋菓子も和菓子も、この世に存在する全ての甘味に感謝を伝えたいほど

          編集部日記(甘味編)

          編集部日記(納豆を想ふ編)

          こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 本日は最初にお知らせです。 昨年開催した第1回ハナショウブ小説賞の短編部門にて大賞を受賞した「光を受ける者たち」に加筆修正を行い、opsol bookより電子書籍として発売しました。 ▼詳細はこちらをご確認ください。 ここからはいつもの編集部日記にもどります。以前、noteにこんな記事を投稿しました。 早いもので、あれから約9か月が経ったようです。納豆に興味を持っていたのはつい最近のことだと思っていたので、投稿日を見

          編集部日記(納豆を想ふ編)