見出し画像

opsol bookの出版物

opsol book

opsol bookの出版物についてご紹介します。
noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください!


フェオファーン聖譚曲オラトリオシリーズ

noteと小説家になろうにて、『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ黄金国の黄昏』のリニューアル版を投稿中です!

フェオファーン聖譚曲透過

小説家になろう『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ黄金国の黄昏』はこちら
フェオファーン聖譚曲公式サイトはこちら

あらすじ
「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」
 強大なる中央集権国家を維持するため、稀代の悪法を用いて繁栄を極めてきたロジオン王国が、今、ひそやかに、変革の時を迎えようとしていた。その引き金を引いたのは、魔術師団長のゲーナ・テルミンとその甥のアントーシャ・リヒテル、そして、王国への怒りが限界に達しつつある地方領主たちだった。
 洗練を極めた王族、老練な政治家、忠義に生きる騎士たちは、その流れを堰き止めることができるのか。一方、アントーシャたちが強大な王国を倒すために採ろうとしている前代未聞の手法とは――。

現在書籍は絶版となっています。リニューアル後、改めて新刊として発売予定ですので今しばらくお待ちください。

『フェオファーン聖譚曲オラトリオ op.Ⅰ 黄金国の黄昏』
『フェオファーン聖譚曲オラトリオ op.Ⅱ 白銀の断罪者』
『フェオファーン聖譚曲オラトリオ op.Ⅲ 鮮紅の階』

著者:菫乃 薗ゑ


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

神霊術少女チェルニ

小説家になろうで好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が、待望の書籍化!『神霊術少女チェルニ① 神去り子爵家と微睡の雛』とタイトルを変え、さらに大幅加筆修正&書下ろし短篇「チェルニ・カペラの心尽くし」を収録して、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定です。


神霊術少女チェルニカバー表1


小説家になろう『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』はこちら
神霊術少女チェルニ公式ページはこちら

累計ページビュー134万超え、ユニークユーザー43万超え。気鋭のデジタルアーティストwatabokuさんによる美しいイラストにも注目です!

あらすじ
〈森羅万象、⼋百万、遍く神霊の御坐す〉ほとんどの国⺠が〈神霊術〉を使うルーラ王国。やさしい家族に囲まれて平穏に暮らしていた、優れた神霊術の使い⼿であるチェルニは、運命の⽇、〈神威の覡〉ネイラと出会い、そして神去り⼦爵家の継嗣問題に巻き込まれていく。ネイラとの邂逅の意味、そして〈微睡の雛〉とは——

著者:須尾見 蓮
公式ツイッターはこちら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!