見出し画像

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 33通目

レフ・ティルグ・ネイラ様

 ネイラ様が、わたしの名前の意味を考えてくれるなんて、ものすごく贅沢で、ものすごく特別な気がします。一言でいうと、嬉しいです。ありがとうございます。

 わたしの名前って、実はちょっとだけ変わっているみたいなんです。わたしの大好きな、おじいちゃんの校長先生が、むにゃむにゃいいながら、首を傾げていたことがありました。〈母上がローズ、姉上がアリアナ。それなのに、サクラっの名前がチェルニとは、響きが違う気がするのう。チェルニよりは、チェルシーかレイチェルの方が、並びが良いのにな〉って。
 そういわれてみると、ちょっと外国風の名前な気がしますね。それも、アイギス王国やヨアニヤ王国みたいな大国じゃないところ。自分では、わりと気に入っている名前だし、生まれたときからチェルニに慣れているので、別に問題はないんですけど。(アイギス風やヨアニヤ風の名前は嫌なので、小国っぽい名前でいいです)

 ちなみに、お父さんに名前の由来を聞いたら、〈わからない〉っていわれてしまいました。わたしが生まれた瞬間、お父さんとお母さんの頭の中に、〈チェルニ〉っていうイメージが流れてきたんだそうです。
 お父さんは、〈ご神霊が名付け親になってくださったのかもしれない〉って、真面目な顔でいってました。現世うつしよを遠く離れた神霊さんが、そんな人間みたいなことをするんでしょうか? わたしは、仲のいいお父さんとお母さんが、似たような名前を思い浮かべただけだと思うんですけどね。

 ちなみに、ネイラ様のお手紙を読んで、わたしは〈後ろの方のレフ様〉と、呼ばせていただくことにしました。〈獅子の中の獅子〉だから、前の方は〈獅子全体〉で、後ろの方がより〈特別な個体〉っていう気がするからです。
 自分でも、よくわからないことをいっていると思いますので、聞き流してもらえると嬉しいです。それでいいでしょうか? だめだったら、教えてくださいね。

 ヴェル様とは、仲良くさせてもらっています。わたしを不安にさせないように、ずっとそばにいてくれて、たくさんお話を聞かせてくれます。主な話題は、王立学院のこととネイラ様のことです。

 ネイラ様の執事さんって、ヴェル様が二人目だそうですね。ネイラ様が生まれてすぐ、一人目の執事さんが選ばれて、十五歳になってから、ヴェル様になったんだって、教えてもらいました。
 ヴェル様は、〈わたくしの上司が、執事の職を賜っていたのですが、別の役目に就くことになり、わたくしがその栄誉に浴しました〉って、にこにこ笑っていました。子爵様であるヴェル様の上司って、ちょっと意味がわからないんですが、そのうちに説明してくれるそうです。わたしは聞き分けの良い少女なので、気長に待っていようと思います。

 ヴェル様は、ネイラ様のことが大好きみたいで、いろいろなことを覚えていて、わたしに聞かせてくれます。
 前の執事さんが〈じい〉って呼ばれていたから、自分もそう呼んでもらえると思っていたら、ずっと〈パヴェル〉呼びで、ちょっと寂しいこと。服装に関心のないネイラ様は、出された服をそのまま着るだけなので、周りの方が準備に神経質になっていること。お休みの日は、わりと長い時間、犬や猫と遊んでいること。甘いものは好きじゃなくて、デザートにはほとんど手をつけないこと……。
 ヴェル様のおかげで、わたしはネイラ様のことに詳しくなっちゃいました。なんだか、ネイラ様が身近な人になった気がして、とても嬉しいです。

 ということで、また、次のお手紙で会いましょう!

     ヴェル様がネイラ様に叱られないか、ちょっと心配なチェルニ・カペラより

        ←→

少しずつ真理に近づきつつある、チェルニ・カペラ様

 他でもないきみが、わたしを〈後ろの方〉のレフだと考えてくれるのなら、その名で呼ぶことを認めるのは、家族ときみだけにしましょう。これ以後、他のものには〈前の方〉のレフと呼んでもらうよう、説明したいと思います。イメージの問題ですが、きっとわかってもらえるのではないでしょうか。

 そして、きみの可愛らしい名前には、そんな事情があったのですね。わたしが予測していた名前とは、少し違っていましたので、きみのご両親が、わざと変更したのだと思っていました。納得です。

 きみが生まれたときに、ご両親へと与えられたイメージは、神霊の〈声〉に他なりません。神ならぬ人の身で、神霊の〈声〉を正確に理解することはできませんので、〈響きの似た名前〉になったのでしょう。
 あるいは、神霊によって伝えられた、きみの〈存在の在り方〉から、ご両親が今の名前を選ばれたのかもしれません。

 いずれにしろ、〈チェルニ〉ちゃんという名前は、とても可愛らしく、生き生きとして元気の良いきみに、ぴったりですね。
 きみの許しを得ましたので、わたしも、今度会えるときまでに、きみをチェルニちゃんと呼べるようになりたいと思います。(嬉しい反面、恥ずかしくて仕方がないというきみの気持ちが、とてもよくわかります。副官に聞いたら、とても自然な心の動きだそうです。それ以上の説明は、してくれませんでしたが)

 きみの名については、ときが至れば、いろいろと解き明かされることもあるでしょう。仮に、何ひとつわからないままだったとしても、きみの存在そのものに影響があるわけではありませんので、気にする必要はありませんよ。

 そして、パヴェルです。パヴェルは、守秘義務というものを、何と心得ているのでしょうか。たった一日の間に、わたしの私生活を暴露するとは、少々呆れてしまいました。きみが心配していますし、わたしも本当に腹を立てているわけではないので、特に責めたりはしませんが、不公平感は禁じ得ません。
 きみが、パヴェルからわたしのことを聞くように、わたしもきみのことを教えてもらってもいいでしょうか? 何しろ、わたしのかたわらには、きみのいうアマツ様がいるのですから。

 年頃の少女に対して、失礼になるような質問はしないと約束します。できるなら、了承してもらえると嬉しく思います。

 では、また。すぐに次の手紙で会いましょうね。

     パヴェルの実態を、きみに暴露したい誘惑にかられている、レフ・ティルグ・ネイラ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!