見出し画像

編集部日記(アツアツコーヒー編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。

11月も半ばに差し掛かり、急に冷え込み始めましたね。opsol bookの事務所では、本日より暖房が解禁されました。皆さまいはかがお過ごしでしょうか? 

私は最近、通勤のお供としてホットコーヒーを飲み始めました。運転中の眠気覚ましにもいいですし、身体も温まります。元々、その日の気分によってはコンビニでコーヒーを購入することもありましたが、それが毎日続いては出費もかさみます。

そこで、私は気付きました。自宅で淹れたコーヒーを持参するほうが、圧倒的にコストパフォーマンスが良いことに。我が家にはコーヒーメーカーなど存在していないため、使用するのはインスタントコーヒーです。早い、安い、うまいの三拍子が揃っているうえに、飲むのは味の違いがわからないこの私なので、コンビニからインスタントに切り替えたとて、何の支障もありません。皆、平等においしいのです。

そうとなれば早速行動に移しましょう。本当は、某有名コーヒーショップのタンブラーを使ってみたいのですが、割といいお値段をしていらっしゃったので、今回は自前の水筒を使用します。保温機能付きで、丁度コーヒー1杯分が入るサイズ感の優れ物です。

インスタントコーヒーを淹れるには、お湯を沸かす必要がありますよね。実はこの行動、とんでもないメリットが一つ。

私が現在チャレンジ中である、白湯活。そう、コーヒーのために沸かしたお湯を、そのまま白湯にも活用できるのです。

▼白湯についての記事はこちら

これで、しばらくは白湯活の生命線も消えることはないでしょう。朝からコーヒーを準備し、更に白湯を飲んでいると、なんだか意識が高くなったような気分になれるので、おすすめです。

さて、このコーヒー。本来は運転中に飲むためのものとして用意しています。しかし、ここで問題発生。

水筒の保温性が高いが故に、熱すぎて一口も飲めないのです。

沸騰したお湯を水筒に注ぎ、家を出るまでの間に蓋を開けて冷ましていても、温度は全く下がりません。仕方なく、蓋を開けたまま車内のボトルホルダーにセットしていても、会社に着くまでの道中だけでは、到底飲める温度になってはくれないのです。

これは大誤算でした。エレガントな朝の通勤タイムになるはずだったのに。少しでも冷めてくれればとフーフーしてみても、コーヒーの香りとともに蒸気が顔を覆うだけで、温度の変化はなし。この蒸気のおかげで顔の保湿はバッチリですが、生憎そのためにコーヒーを用意しているわけではありません。

顔面を包み込む蒸気は尋常ではない熱さでしたが、それでも、コンビニのコーヒーで考えれば、数分待てば飲みやすい温度になるはずです。自宅を出て20分。もうそろそろ飲める頃合いでしょう。

信号待ちのタイミングで、一口。ゆっくりと水筒を傾け、中のコーヒーが私の上唇に触れたその瞬間。

熱すぎて一瞬記憶が飛びました。すさまじい勢いで水筒を離し、口元を押さえる私。想像以上の熱さに思わず笑ってしまう私。前方の車のルームミラーに映る私。

水筒の保温性の高さを舐めていました。目的どおり、確かに目は覚めました。しかし、それは私が想像していたシチュエーションとは異なります。優雅にコーヒーを嗜みながら会社へ向かうはずが、熱さに驚き飛び上がる始末。そして、恐らくルームミラー越しに前の運転手にはバレているのことでしょう。

コーヒーを持参し始めて現在3日目。未だに改善策は浮かんでおらず、今日も今日とて蒸気だけを浴びながら会社に辿り着きました。あの一瞬の熱さが忘れられず、水筒を傾けることができなくなってしまいました。

赤ちゃんのミルクのように、湯冷ましを入れるか、水筒ごと流水に当ててみようかな。ヤマザトさんにそう言ったら、「流水は意味ないやろ」と突っ込まれました。そもそも沸騰したてホヤホヤのお湯をそのまま使うから、こんなことになっているんですよね。明日は、お湯の温度が下がってから淹れてみようかな……。

ここまでお読みいただきありがとうございます。車内のボトルホルダーと水筒の相性があまりよくないので、何かの拍子に水筒が傾いた暁には、近くに置いてある通勤バッグの中へとコーヒーが注がれます。それではまた、次回の更新でお会いしましょう!


第1回ハナショウブ小説賞 結果発表!

最終選考結果が発表されました!
▼受賞作品は公式サイトをご確認ください。

▼授賞式の様子はこちら!

〈刊行作品のご紹介〉

『神霊術少女チェルニ1 神去り子爵家と微睡の雛』(須尾見 蓮/2021)

定価 本体1,800円+税 A5変型版ハードカバー

ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部。
「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」
この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

▼noteでもお読みいただけます!


『フェオファーン聖譚曲オラトリオ』シリーズ(菫乃薗ゑ/2020)

※絶版中、現在新装版刊行準備中。

「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」
王族、政治家、騎士たちのさまざまな思惑の中行われようとしている禁忌の「召喚魔術」。
アントーシャたちは、果たしてそれを止めることができるのか。そして強大な王国を倒すために採ろうとしている前代未聞の手法とは――。

▼リニューアル版(op.Ⅰ)はnoteでもお読みいただけます!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!