マガジンのカバー画像

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

58
リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。
運営しているクリエイター

記事一覧

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-11

 朗らかな表情のアントーシャに、最初に言葉を掛けたのはルーガだった。滅多に遠慮というものをしないルーガは、がりがりと頭を掻き毟りながら、呆れたように言った。 「アントーシャ様の仰ることの意味が、おれには全く分かりませんよ。おれの頭が悪いからなのか、アントーシャ様が途轍もない方だからなのか。多分、両方なのでしょうな」  大きな溜息を吐くルーガの様子に、アントーシャは更に微笑んだ。ルーガの周りでは、オローネツ辺境伯もイヴァーノも、何とも微妙な表情でアントーシャを見詰めている。

スキ
1

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-10

05 ハイムリヒ 運命は囁く10 宣言  短くはない時間を掛けて、真実の間で起こった出来事を語り終えたアントーシャは、もう一度深々と頭を下げた。頬には薄く涙の跡が光っていたものの、表情は晴々と明るく、見る者を安心させるだけの力強さが有った。 「ベルーハの指摘の御陰で、ぼくは最後に父上に御目に掛かることが出来ました。そして、父上が残して下さった鍵を通して、ぼく達の魂と霊は固く結び付けられました。今でも悲しくて|堪らず、耐えがたい気持ちになる瞬間は有りますけれど、ぼくは大丈夫

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-9

05 ハイムリヒ 運命は囁く9 約束  召喚魔術の術式を破壊した直後、真実の間に立ち|竦み、星灯さえない虚無の夜空を見詰めていたアントーシャは、ゲーナの死と同時に出現した光球の軌跡を、絶望の眼差しで追っていた。微かに瞬く淡い黄色の光球は、人の身体を司る〈魄〉である。壮絶に四散したことによって、司るべき身体を失ったゲーナの魄は、瞬く間に微かな光さえも消し去り、何処とも知れない空に融けていった。人ならぬアントーシャの霊眼には、ゲーナの魄が身体としても記憶を失い、新しい熱量体とし

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-8

05 ハイムリヒ 運命は囁く8 再会  オローネツ城の領主執務室では、オローネツ辺境伯と|家令のイヴァーノが、落ち着かない面持ちで書類に向かい合っていた。その日だけでも何度目になるのか分からない溜息を吐きながら、オローネツ辺境伯は眉間を指先で揉んだ。 「それにしても、アントンは何を考えているのだろう。あの子なら、瞬時に何処へでも転移出来るというのに、王都からオローネツ城まで、十日以上も掛けて馬で訪ねて来るなどと。やはり、何か理由が有るのであろうな」  オローネツ辺境伯が

スキ
1

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-7

05 ハイムリヒ 運命は囁く7 旅立ち  ゲーナの遺品の整理を終えたアントーシャは、腰を落ち着ける時間さえ持とうとはせず、早々に王都ヴァジムを後にした。ゲーナと暮らしていた邸宅には、アントーシャの許しを得た者だけが立ち入れるように魔術を掛け、着の身着のままの出立である。魔術|触媒も魔術陣も必要とせず、超長距離を転移することの出来るアントーシャは、敢えて領地までの長い旅を選んだのだった。  アントーシャが継承したテルミン子爵領は、ゲーナが魔術師団長として王都に縛り付けられて

スキ
1

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-6

05 ハイムリヒ 運命は囁く6 痛み  召喚魔術の失敗によって、|叡智の塔を揺るがす大惨事を引き起こして以来、ダニエはパーヴェル伯爵邸に引き籠っていた。聖紫石諸共に捥ぎ取られた右腕は、直ぐに止血と治療を施されたものの、傷口を平らにする為に再度切断しなくてはならず、ダニエの苦痛は大きかった。四散して命を落としたゲーナを思えば、腕一本の犠牲で助かった幸運を喜ぶべきだったとしても、何日も激痛と発熱に苛まれたダニエには、そう考えるだけの余裕など有りはしなかった。部下の魔術師達に、繰

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-5

05 ハイムリヒ 運命は囁く5 激怒  アリスタリスの正妃を選定する為に、動きを早めようと決意したエリザベタは、不意に視線を流した。アリスタリスの座る椅子の背後、無言で控えているコルニー伯爵とイリヤを、内心の|窺えない瞳で見据えたのである。コルニー伯爵は、顔を伏せる仕草で王妃の視線を憚り、イリヤは僅かに身を震わせた。 「殿下への支持と言えば、そなた達は二人して、地方領主の下を回っているのだったわね。殿下から伺っていますよ。直答を許します。どう進んでいるのか、わたくしに状況

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-4

05 ハイムリヒ 運命は囁く4 訪れし日に  その日、リーリヤ宮に居るアリスタリスの下を密かに訪れたのは、コルニー伯爵とイリヤだった。元第四側妃の|不貞に端を発した騒動から約一月、近衛騎士団に対する厳しい非難の眼差しも、漸く薄れ始めた頃である。  鍛え上げた長身に、近衛騎士団の純白の団服を纏ったイリヤは、既に元第四側妃の不貞に関する謹慎が明け、近衛騎士団の連隊長職に復帰している。一方のコルニー伯爵は、近衛騎士団長の地位を返上する覚悟を固めてはいるものの、未だに王城からの引

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-3

05 ハイムリヒ 運命は囁く3 意味するものは  聖王の間での一幕を終え、エリク王とタラスがボーフ宮に戻ろうとする頃、一組の客が王の帰りを待っていた。タラスによって事前に呼び出されていた、王国騎士団長のスラーヴァ伯爵と副官のミカル子爵である。ロジオン王国の王が住まう特別な宮殿に、初めて訪問する機会を得たミカル子爵は、落ち着かない様子で言った。 「|私くしがボーフ宮に参上するなど、想像もしておりませんでした。ロジオン貴族の端くれとして、豪華絢爛な宮殿はヴィリア本宮殿で慣れて

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-2

05 ハイムリヒ 運命は囁く2 変転  その日、クレメンテ公爵とスヴォーロフ侯爵は、エリク王の名で内々の呼び出しを受けていた。面会の場として指定されたのは、王の私室の有るボーフ宮ではなく、ロジオン王国の本宮殿たるヴィリア大宮殿である。ロジオン王国の王が、高位貴族や外国の使者を正式に|引見するときに使われる〈聖王の間〉で、彼らは王を待っていた。  聖王の間には、王の玉座として黄白の豪奢な椅子が設えられており、それ以外には椅子も家具も置かれていない。扉から玉座まで、王が進む道筋

スキ
1

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-1

既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏』を大幅リニューアルしたものを、投稿しております。 同じものを小説家になろうでも連載中です。 opsol bookより書籍化された作品に加筆修正を加えたリニューアル版で、改めての書籍化も決定しており、2022年春期刊行予定となっています! ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 05 ハイムリヒ 運命は囁く1 別れ  王城を揺るがせた召喚魔術から十日程後、ゲーナによ

スキ
1

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-14

04 アマーロ 悲しみは訪れる14 結末  右手で小さな聖紫石を握り締め、ゲーナの足元に埋め込まれた巨大な聖紫石に向かって、全力で次元の壁を突破する為の魔力を注ぎ始めたダニエは、|直ぐに悲鳴のような声を上げた。召喚対象者を掴んだままの術式は、ダニエの想像を遥かに超え、異常としか言えない程の質量を有していたのである。 「何という重さだ。星を引き寄せているわけでもないのに、余りにも、余りもに重過ぎる。何とか次元の壁を超えたとしても、これでは上手く制御できないかも知れない。十二

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-12

04 アマーロ 悲しみは訪れる12 発見  その頃、儀式の間では、緊張と興奮が最高潮に達しようとしていた。四つの正三角形が赤い光線を描いて完成したとき、ゲーナの足元の聖紫石は、真紅に変色して強く発光した。ダニエは必死に興奮を押し殺しながら、儀式の間にいる|賓客に告げた。 「成功致しました。召喚対象を確保し、魔術陣の中に固定致しました。これから、儀式の間に召喚する為の術式に移ります。この世と異なる次元、異なる界の存在が、遂に証明されようとしているのでございます。有史以来の大

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-13

04 アマーロ 悲しみは訪れる13 手にしたものは  |蹲って鮮血を吐き出すゲーナと、決死の形相で聖紫石を握り締めたダニエが、全力で魔力を振り絞ろうとしている最中、アントーシャの投げ入れた熱量体を掴んだ魔術陣は、儀式の間へと戻る為、正に次元の壁を超えようとしていた。深い苦悩を浮かべた表情で、魔術陣の動きを見定めていたアントーシャは、光線が次元の壁に触れようとした瞬間、己が創り出した熱量体の質量を、それまでの十倍に引き上げた。  急激に質量を増した熱量体に耐え切れず、ゲーナ