見出し画像

編集部日記(XとTwitter問題編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。

変更になってかなり時間が経ってしましましたが、タイトルのとおり、今回は今更この話題です。

TwitterがXとなり、ツイートはポスト、リツイートはリポストとなりましたね。

私の情報入手手段の一つはXなので、これからも大きな出来事がない限りは使い続けるつもりでいます。月額料金を払うとなると話は別ですが。無料で使用できる今の状況って、ありがたいことなんだと気が付きました。

なぜ今更Xの話をしているのかといいますと。

先日、社内で「○○をポストしてください」といった指示を受けたときに思ったのです。そうだ、もう、Twitterはいないのだと。

というか、個人的な感覚だと大多数の方がTwitterとの別れを惜しんでいたように思うのですが、ここ最近のタイムラインを眺めていても、各ユーザーが現状に順応し、「X」や「ポスト」という言葉を巧みに使いこなしているように感じます。実際に、社内のやり取りでXが登場するときも、「Twitter」と呼んでいる人はそういません。私はときどき口からポロッとででしまいますが。

よく考えれば、その昔、当時のTwitterが「ふぁぼ」から「いいね」に変わったときも、「ふぁぼのままがいい!」と強く願っていたはずなのに、現在の私の口から出るの言葉は「いいね」だけです。あんなにキラキラと輝く星マークに愛着があったはずなのに、今は何の迷いもなくハートマークを押しています。むしろ、今更ふぁぼに戻ったら、違和感を覚える可能性だってあります。これが時代の流れというものなのでしょうか。

アイコン(プロフィール画像)が正方形から丸になったときも、違和感が拭いきれなかったはずなのに、今やそれが当たり前になってきました。アイコンの形で言えば、LINEも昔は正方形でしたね。そちらも全く違和感がなくなったので、やはり置かれた環境に順応していくのでしょう。

小学生の頃、ミニトマトに四角いケースをはめたまま育て続けると、丸ではなく四角いミニトマトができる、といったものがありました。実際に私も四角バージョンを収穫しましたが、今の私の状況は、まさにミニトマトと同じですね。Xを与えられたのだから、Xに馴染むしかないのです。

そうそう。ほかの方の投稿、いや、ポストを見ていると、たまに「RP」という文字を見かけます。RPとは一体何だ……と一瞬悩んだのですが、ひらめきました。RTがRPになったのですね。リポスト、なるほど。

引用リツイートは引用リポスト、つまり引リポになったのでしょうか? 試しに「引リポ」とXで検索してみたら、たくさんヒットしました。やはり、時代は確実に進み始めている。そう確信しました。そして、引リポという響き、とっても可愛いですね。

余談ですが、リポと聞くと、某栄養ドリンクが脳内に思い浮かびます。皆さまは「D」を何と読む派でしょうか。「ディー」ですか? 「ダー」ですか? それとも「デー」ですか?

私は「ダー」派です。いつか、イーロン・マスク氏の好きなアルファベットが「D」になったら、SNSの名称も「D」になったりするのでしょうか。そうなった暁には、何と呼ぶのか論争が巻き起こされるかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございます! 私の好きなアルファベットはYです。筆記体が可愛いので。それではまた、次回の更新でお会いしましょう!


第1回ハナショウブ小説賞 結果発表!

最終選考結果が発表されました!
▼受賞作品は公式サイトをご確認ください。

〈刊行作品のご紹介〉

『神霊術少女チェルニ1 神去り子爵家と微睡の雛』(須尾見 蓮/2021)

定価 本体1,800円+税 A5変型版ハードカバー

ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部。
「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」
この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

▼noteでもお読みいただけます!


『フェオファーン聖譚曲オラトリオ』シリーズ(菫乃薗ゑ/2020)

※絶版中、現在新装版刊行準備中。

「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」
王族、政治家、騎士たちのさまざまな思惑の中行われようとしている禁忌の「召喚魔術」。
アントーシャたちは、果たしてそれを止めることができるのか。そして強大な王国を倒すために採ろうとしている前代未聞の手法とは――。

▼リニューアル版(op.Ⅰ)はnoteでもお読みいただけます!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!