見出し画像

編集部日記(好きな食べ物編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。

初対面の方との会話において重宝される「好きな食べ物は?」という質問。「私は○○です。ヤナガワさんは?」と逆に質問が返ってくるのが王道パターンだと思うのですが、質問をしておきながら、私自身は絶対にこれだという回答を持ち合わせていません。お肉も好きだし、お寿司も好きだし、お菓子も好きです。でも、この中でどれか一つに絞れるほど好きかと聞かれるとそうでもないのです。洋菓子か和菓子どちらの方が好きかという質問も難しいですね。どちらも同じくらい好きなので。

ただ、「選べない」とは言いたくありません。話を膨らませるため、間を持たせるため、もしくは人の好きな食べ物を秘かに調査して統計を取る趣味があるなど、先方が質問した意図があるはず。ただ質問をオウム返ししただけならまだしも、統計を取っている可能性があるのならば、こちらとしても何か一つは答えておきたいところです。

限定した食べ物を答えるには、これといったものが思い浮かびません。そこで、数年考えて導き出した回答が「小麦粉」です。

ピザ、パスタ、ラーメン、うどん、お好み焼き、たこ焼き、パン。ありとあらゆる食べ物の共通点である「小麦粉」。そう、原材料を答えればいいんです!

「ヤナガワさんって好きな食べ物なんですか?」
「小麦粉系ですね!」
「こ、小麦粉系?」
「ピザとか、麺類とか、お好み焼きとか、パンとかです!」

完璧ですね。初手でいくつもの食べ物を伝えるのは憚られますが、「小麦粉系ってなんだ……!?」と相手が動揺したところで畳みかけるように複数の食べ物の名前を言えば、数が絞れていないことに疑問を抱かれないでしょう。きっと相手も「そういうことか~」と納得し、会話が広がっていくはず。体重の増加を気にしている割にグルテンフリーとは程遠い回答ですが、好きなものは好きなので仕方がありません。

最近は少しでも体重を減らすためにと頻度を減らしていますが、昔から朝ごはんはパン派でした。一番好きなパンはシナモンロールです。ホテルの朝食ビュッフェで初めてシナモンロールを食べたときは、おいしすぎて人目を気にせずめちゃめちゃおかわりしました。好きなパンとか、好きな麺とか、好きなケーキとか、分類してもらえればすぐに答えられるんですけどね。好きな「食べ物」となるとなかなか……。一生回答が変えられないわけではないので、それほど深く考える必要はないのですが。

パンといえば、LIENリサーチの「好きな菓子パンランキング」では、以下の結果が出ていました。

1位:クロワッサン
2位:ドーナツ
3位:メロンパン
4位:デニッシュ
5位:クリームパン

出典:LINEリサーチ

どれも魅力的なラインナップですが、私はこの5種類の中から選ぶのであればドーナツが好きです。昔はよく朝食にヤマザキさんのケーキドーナツを食べていました。

こちらはオールドファッションタイプのドーナツです。プレーンが2個、ココアが2個の計4個入りと結構なボリュームですが、小学生の頃は平気で一気に全部食べていました。今は2回に分けて食べています。胃がね、驚いて泣いてしまうので。

2022年の記事ですが、ヤマザキさんの菓子パン売上ランキングがこちら。

ケーキドーナツはランキング入りとはなりませんでしたが、1位のまるごとソーセージは、ケーキドーナツと並んで我が家の朝食のスタメンだったパンです。なんと、2022年時点で9年連続首位とのこと。す、すごい。

ちなみに、このまるごとソーセージにはからし入りのドレッシングがかかっています。私がまだ無知な子どもだった頃、このパンを食べた後、ドレッシングが手に付いた状態で目を擦ってしまい、しばらく痛みに悶えたことがあります。からしの恐ろしさを、齢6歳の私は知らなかったのです。それ以来、まるごとソーセージを食べた後はすぐに手を洗うようになりました。もう二度と、からしと眼球をマッチングさせないために。

この記事を書きながらずっと考えていましたが、結局「小麦粉」という回答以外に良い案は思いつきませんでした。自分は何が好きなんだろうか。そもそも、好きってどういう感情なのか。どのくらいのレベルに達すれば、その食べ物を好きと言えるのか。考えれば考えるほど深みにハマってしまいそうなので、今回はこの辺で終わりたいと思います。今度から人に質問するときは、何か食べ物のジャンルを絞って質問します。自分に同じ質問が返ってきても困らないように。

ここまでお読みいただきありがとうございます。「好きな色は?」という質問には特定の色を答えられますが、あくまで推しているアイドルのメンバーカラーや、好きなキャラのイメージカラーを答えているのであって、そこに自分の意思はありません。推しの色なら問答無用で私も好き。それでは、また次回の更新でお会いしましょう!


電子書籍発売のお知らせ

第1回ハナショウブ小説賞 短編部門大賞受賞作品「光を受ける者たち」(著・那月珠雨なづきしゅう2月9日(金)電子書籍で発売予定です! 詳細は続報をお待ちください。

▼第1回ハナショウブ小説賞結果発表はこちら!

▼授賞式の様子はこちら!

第2回ハナショウブ小説賞 最終選考ノミネート作品発表!

▼詳細はこちらをご確認ください。

〈刊行作品のご紹介〉

『神霊術少女チェルニ1 神去り子爵家と微睡の雛』(須尾見 蓮/2021)

定価 本体1,800円+税 A5変型版ハードカバー

ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部。
「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」
この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

▼noteでもお読みいただけます!


『フェオファーン聖譚曲オラトリオ』シリーズ(菫乃薗ゑ/2020)

※絶版中、現在新装版刊行準備中。

「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」
王族、政治家、騎士たちのさまざまな思惑の中行われようとしている禁忌の「召喚魔術」。
アントーシャたちは、果たしてそれを止めることができるのか。そして強大な王国を倒すために採ろうとしている前代未聞の手法とは――。

▼リニューアル版(op.Ⅰ)はnoteでもお読みいただけます!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!