opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-14

    04 アマーロ 悲しみは訪れる14 結末  右手で小さな聖紫石を握り締め、ゲーナの足元に埋め込まれた巨大な聖紫石に向かって、全力で次元の壁を突破する為の魔力を注ぎ始…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-13

    04 アマーロ 悲しみは訪れる13 手にしたものは  |蹲って鮮血を吐き出すゲーナと、決死の形相で聖紫石を握り締めたダニエが、全力で魔力を振り絞ろうとしている最中、…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-12

    04 アマーロ 悲しみは訪れる12 発見  その頃、儀式の間では、緊張と興奮が最高潮に達しようとしていた。四つの正三角形が赤い光線を描いて完成したとき、ゲーナの足元…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-11

    04 アマーロ 悲しみは訪れる11 痕跡  ゲーナが|施した封印を解除し、生まれて初めて解き放たれたアントーシャは、真実の間に留まったまま、自身の力と向き合っていた…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-10

    04 アマーロ 悲しみは訪れる10 次元の彼方  アントーシャの封印が解き放たれた丁度その頃、異様な緊張を孕んだ儀式の間では、ゲーナの行使する魔術によって、召喚対象…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-9

    04 アマーロ 悲しみは訪れる9 その瞳は  儀式の間で召喚魔術が行われようとする丁度その頃、アントーシャは、三匹の猫達と共に不思議な空間にいた。広いといえば地平線…

    opsol book
    1年前
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-14

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-14

    04 アマーロ 悲しみは訪れる14 結末

     右手で小さな聖紫石を握り締め、ゲーナの足元に埋め込まれた巨大な聖紫石に向かって、全力で次元の壁を突破する為の魔力を注ぎ始めたダニエは、|直ぐに悲鳴のような声を上げた。召喚対象者を掴んだままの術式は、ダニエの想像を遥かに超え、異常としか言えない程の質量を有していたのである。

    「何という重さだ。星を引き寄せているわけでもないのに、余りにも、余りもに重過ぎ

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-13

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-13

    04 アマーロ 悲しみは訪れる13 手にしたものは

     |蹲って鮮血を吐き出すゲーナと、決死の形相で聖紫石を握り締めたダニエが、全力で魔力を振り絞ろうとしている最中、アントーシャの投げ入れた熱量体を掴んだ魔術陣は、儀式の間へと戻る為、正に次元の壁を超えようとしていた。深い苦悩を浮かべた表情で、魔術陣の動きを見定めていたアントーシャは、光線が次元の壁に触れようとした瞬間、己が創り出した熱量体の質量を

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-12

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-12

    04 アマーロ 悲しみは訪れる12 発見

     その頃、儀式の間では、緊張と興奮が最高潮に達しようとしていた。四つの正三角形が赤い光線を描いて完成したとき、ゲーナの足元の聖紫石は、真紅に変色して強く発光した。ダニエは必死に興奮を押し殺しながら、儀式の間にいる|賓客に告げた。

    「成功致しました。召喚対象を確保し、魔術陣の中に固定致しました。これから、儀式の間に召喚する為の術式に移ります。この世と異な

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-11

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-11

    04 アマーロ 悲しみは訪れる11 痕跡

     ゲーナが|施した封印を解除し、生まれて初めて解き放たれたアントーシャは、真実の間に留まったまま、自身の力と向き合っていた。封印のない状態を知らないアントーシャにとって、突然齎された巨大な力は、想像を超えるものだったのである。

     ロジオン王国に於ける魔術の頂点であり、世界最高の魔術の殿堂でもある叡智の塔に於いて、アントーシャが持つ魔力量は、平均的な魔術

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-10

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-10

    04 アマーロ 悲しみは訪れる10 次元の彼方

     アントーシャの封印が解き放たれた丁度その頃、異様な緊張を孕んだ儀式の間では、ゲーナの行使する魔術によって、召喚対象の探索が続いていた。ゲーナの魔力を注ぎ込んだ魔術陣が、青白く発光する様子を注視しながら、エリク王は|傍らのタラスに囁いた。

    「ゲーナ・テルミンの魔力量は、流石に甚大であるな。並の魔術師であれば、既に魔力が枯渇しておろう。これで儀式は

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-9

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-9

    04 アマーロ 悲しみは訪れる9 その瞳は

     儀式の間で召喚魔術が行われようとする丁度その頃、アントーシャは、三匹の猫達と共に不思議な空間にいた。広いといえば地平線も見えない程に広く、狭いといえば一つの部屋程にも狭い。上下左右の区別も有るといえば有り、ないといえばない。曖昧なまま|仄かに光る空間こそは、アントーシャの〈真実の間〉だった。

     魔術師にとって真実の間とは、己の魔力によって作り上げた

    もっとみる