opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-14

04 アマーロ 悲しみは訪れる14 結末  右手で小さな聖紫石を握り締め、ゲーナの足元に埋め込まれた巨大な聖紫石に向かって、全力で次元の壁を突破する為の魔力を注ぎ始…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-13

04 アマーロ 悲しみは訪れる13 手にしたものは  |蹲って鮮血を吐き出すゲーナと、決死の形相で聖紫石を握り締めたダニエが、全力で魔力を振り絞ろうとしている最中、…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-12

04 アマーロ 悲しみは訪れる12 発見  その頃、儀式の間では、緊張と興奮が最高潮に達しようとしていた。四つの正三角形が赤い光線を描いて完成したとき、ゲーナの足元…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-11

04 アマーロ 悲しみは訪れる11 痕跡  ゲーナが|施した封印を解除し、生まれて初めて解き放たれたアントーシャは、真実の間に留まったまま、自身の力と向き合っていた…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-10

04 アマーロ 悲しみは訪れる10 次元の彼方  アントーシャの封印が解き放たれた丁度その頃、異様な緊張を孕んだ儀式の間では、ゲーナの行使する魔術によって、召喚対象…

opsol book
7か月前

フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 4-9

04 アマーロ 悲しみは訪れる9 その瞳は  儀式の間で召喚魔術が行われようとする丁度その頃、アントーシャは、三匹の猫達と共に不思議な空間にいた。広いといえば地平線…

opsol book
7か月前