opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    固定された記事

    opsol bookの出版物

    opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnote…

    opsol book
    1年前
    5

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 86通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  王立学院の入学試験を終えたら、すぐにお手紙を書くつもりだったのに、翌日になってしまいました。優しいネイラ様のことだから、きっと、気に…

    opsol book
    10時間前
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 85通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の町立学校に行ってきました。わたしたち卒業生は、もう卒業前の待機期間に入っているので、授業はありません。わたしは…

    opsol book
    1日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 84通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の自分の部屋で、この手紙を書いています。生まれ育ったところって、やっぱり落ち着きますね。お昼前まで寝て、おいしい…

    opsol book
    2日前
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 83通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今夜は、キュレルの街の家で、この手紙を書いています。王都の家も気に入っているんですが、いざ生まれ育った家に戻ってくると、やっぱり安心…

    opsol book
    3日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 82通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今夜は、とっても月が綺麗ですね。わたしは、今、王都の家の窓を大きく開けて、夜空を見ています。銀色に輝く月と満天の星々が、あまりにも鮮…

    opsol book
    4日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 81通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  前回のネイラ様の手紙を読んで、わりと衝撃を受けてしまいましたよ、わたし。神霊さんの真実のお姿を目にするのは、魂の負荷が大き過ぎて、人…

    opsol book
    5日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 80通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  忘れていました。〈神託の巫〉の宣旨とか、統帥権の話とか、平民の少女には、刺激の強過ぎる話題が続いたので、すっかり書くのを忘れていまし…

    opsol book
    6日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 79通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  丁寧で率直なお手紙をいただき、ありがとうございます。わたしのような平民の少女が、王国の統帥権なんていう、重要機密っぽいことを質問した…

    opsol book
    7日前
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 78通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたしが聞いちゃっても、良い話なのかどうか、かなり疑問なのですが、思い切って書いてしまいます。もし、差し障りがあるようなら、そう教え…

    opsol book
    8日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 77通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  混乱だとか反省だとか謝罪だとか、暗めの話ばかり書いてしまいましたので、この手紙は、気楽な感じの内容にしたいと思います。何かっていうと…

    opsol book
    9日前
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 76通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今、わたしは、深く反省しています。何かっていうと、前回の手紙についてです。ネイラ様から、優しいお返事をもらって、かなり気持ちが安定し…

    opsol book
    10日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 75通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  まだ王都にいる、チェルニ・カペラです。これから何通も手紙を送る間、ずっと王都にいる見込みの、チェルニ・カペラです。だって、ネイラ様に…

    opsol book
    11日前
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 74通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたしは今、王都の新しい家で、この手紙を書いています。王都の新しい家、王都の新しい家ですよ、ネイラ様! 今朝、王都に出てきたと思った…

    opsol book
    12日前
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 73通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日の手紙では、〈野ばら亭〉の王都進出記念の締めくくりとして、うちのお店の秘密をお教えしたいと思います。まあ、秘密とはいっても、別に…

    opsol book
    13日前
    0

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 72通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  この前のお手紙で、神前裁判のことを教えてもらって、ありがとうございました。すごく興味深くて、勉強になったんですが、あれって、キュレル…

    opsol book
    2週間前
    1
    固定された記事

    opsol bookの出版物

    opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnoteと小説家になろうにて、『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ黄金国の黄昏』のリニューアル版を投稿中です! 小説家になろう『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ黄金国の黄昏』はこちら フェオファーン聖譚曲公式サイトはこちら あらすじ 「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」  強大なる中央集権国家を維持する

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 86通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  王立学院の入学試験を終えたら、すぐにお手紙を書くつもりだったのに、翌日になってしまいました。優しいネイラ様のことだから、きっと、気にかけてくれていましたよね? 遅くなってしまって、本当に申し訳ありません。  翌日になった理由は、神霊術の実技試験を終えた途端、ふっと気が遠くなって、ついさっきまで熟睡していたからです。試験会場には、マルティノ様もきてくれていたから、このことも、ネイラ様に報告されていますよね? びっくりするくらい長く寝て、お父さんのお

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 85通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の町立学校に行ってきました。わたしたち卒業生は、もう卒業前の待機期間に入っているので、授業はありません。わたしは、おじいちゃんの校長先生に会いたくて、久しぶりに登校したんです。    町立学校では、校長先生が大歓迎してくれました。わたしは、お父さんが持たせてくれた、栗の渋皮煮がごろごろ入ったパウンドケーキを、校長先生と仲良く分け合いながら、校長先生に相談しました。王立学院の入試まで約一週間、神霊術の実技試験の内容について、そろ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 84通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の自分の部屋で、この手紙を書いています。生まれ育ったところって、やっぱり落ち着きますね。お昼前まで寝て、おいしいご飯を食べて、スイシャク様とアマツ様と一緒にごろごろして……わたしは、もう元気いっぱいです。  お母さんは、わたしの顔を見て、〈すぐに回復するのは、若いからこそよ〉って、笑っていました。最近、いろいろなことがありすぎて、一気に歳を取ったような気がしていたんですが、どうやら錯覚だったみたいですね。  ところで、今日は

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 83通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今夜は、キュレルの街の家で、この手紙を書いています。王都の家も気に入っているんですが、いざ生まれ育った家に戻ってくると、やっぱり安心しますね。キュレルの街の夜空にも、美しい月と星が輝いていて……ただ、王都で見た月と比べると、ほんの少しだけ、寂しいものに思えるのは、ネイラ様と遠くなったからかもしれません。  自分では意識しなくても、それなりに疲れていたようで、家に帰ってきた途端、大きなため息を吐いちゃいました。それは、お父さんやお母さん、アリアナ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 82通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今夜は、とっても月が綺麗ですね。わたしは、今、王都の家の窓を大きく開けて、夜空を見ています。銀色に輝く月と満天の星々が、あまりにも鮮やかに見えて、少し驚いています。田舎でも都会でもない、穏やかなキュレルの街ならともかく、王国中から人が集まってくる王都でも、月や星は美しく、空気は澄んでいるんですから。  ……と、めずらしく感傷的な書き出しになったのには、理由があります。激動に次ぐ激動で、何が大事件なのかもわからなくなっちゃった王都訪問が、今夜で、い

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 81通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  前回のネイラ様の手紙を読んで、わりと衝撃を受けてしまいましたよ、わたし。神霊さんの真実のお姿を目にするのは、魂の負荷が大き過ぎて、人の子には耐えられないから、見る人が無意識に思い浮かべた姿を仮とし、現世に顕現する……。  なるほどなって思って、神霊さんの深いご配慮に感動するお話だったんですけど、それだと、スイシャク様が、真っ白でふくふくの巨大雀になっちゃったのは、わたしが原因だっていうことになりますよね?  巨大雀のスイシャク様は、すっごく可愛

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 80通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  忘れていました。〈神託の巫〉の宣旨とか、統帥権の話とか、平民の少女には、刺激の強過ぎる話題が続いたので、すっかり書くのを忘れていました。そう、ちょっと前までのわたしなら、驚愕して、感動に震えるはずの出来事……神霊庁で出会うことのできた、四柱のご神亀の存在について、すっぱりと忘れていたんです。  話の前提として、神霊庁のコンラッド猊下って、ものすごくネイラ様と仲が良さそうというか、ネイラ様のことが大好きですよね? ヴェル様も、ネイラ様の執事さんだ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 79通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  丁寧で率直なお手紙をいただき、ありがとうございます。わたしのような平民の少女が、王国の統帥権なんていう、重要機密っぽいことを質問したのに、ものすごくぶっちゃけ……いえ、わかりやすい答をいただいたこと、感謝しています。  でも、そうですよね。いくら〈神威の覡〉だからって、ネイラ様一人が、すべての戦力の統帥権を持っているなんて、どう考えても行き過ぎですよね? わたしが、王城にいる貴族だったら、さすがにだめなんじゃないのって、文句をいいたくなると思う

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 78通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたしが聞いちゃっても、良い話なのかどうか、かなり疑問なのですが、思い切って書いてしまいます。もし、差し障りがあるようなら、そう教えてください。すっぱりと割り切って、考えないようにしますので。  わたしが気になっているのは、前回の手紙で、ネイラ様が〈一つ一つが統帥権を意味する〉って教えてくれた、星の刺繍のことなんです。王国騎士団の漆黒の団服の襟元に、銀色の糸で星が刺繍されているのは、ものすごくカッコいいんですけど……本当に素敵だったんですけど…

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 77通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  混乱だとか反省だとか謝罪だとか、暗めの話ばかり書いてしまいましたので、この手紙は、気楽な感じの内容にしたいと思います。何かっていうと、今日、〈花と夢の乙女たち〉から、大量の荷物が届けられたんですよ。  王都でも人気の服飾店である〈花と夢の乙女たち〉については、以前の手紙で、書いたことがあったと思います。うちのお母さんの好きなデザイナーさんが経営していて、王都の少女たちに大人気で、とにかく可愛らしい洋服ばっかり置いてある店なんです。  お店の中に

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 76通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今、わたしは、深く反省しています。何かっていうと、前回の手紙についてです。ネイラ様から、優しいお返事をもらって、かなり気持ちが安定して、緊張がとけていって……途端に、恥ずかしくなっちゃったんです。  だって、前回のわたしの手紙って、卑怯だったと思うんです。優しいネイラ様が、十四歳の少女に冷たくできないってわかっていて、泣き言を並べていたんですから。それに、〈神威の覡〉であるネイラ様だって、〈神託の巫〉であるわたしを、気にかけてくれているのに。

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 75通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  まだ王都にいる、チェルニ・カペラです。これから何通も手紙を送る間、ずっと王都にいる見込みの、チェルニ・カペラです。だって、ネイラ様に聞いてほしいことや、教えてほしいことが多過ぎて、一日に何回も手紙を書いてしまうと思うんです。  わたしの予定では、キュレルの街に帰ってから、ゆっくりと手紙を出すつもりだったんですけどね。大きな問題に直面したわたしが、心を落ち着けるには、すぐにでもネイラ様に手紙を書くしかないみたいなんです。  ということで、今回は、

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 74通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたしは今、王都の新しい家で、この手紙を書いています。王都の新しい家、王都の新しい家ですよ、ネイラ様! 今朝、王都に出てきたと思ったら、もう住む家が決まっていて、生活する準備まで整っていたんだから、びっくりしちゃいますよね?  今回、わたしと一緒に王都に来たのは、うちの家族とフェルトさん、総隊長さん、なぜか使者Bと良い感じになっているルルナお姉さん。それから、〈野ばら亭〉の料理人のルクスさんです。ルクスさんのことって、わたし、手紙に書いたことが

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 73通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日の手紙では、〈野ばら亭〉の王都進出記念の締めくくりとして、うちのお店の秘密をお教えしたいと思います。まあ、秘密とはいっても、別に隠しているわけじゃないし、街の人たちは、だいたい知っているんですけどね。  食堂の方の〈野ばら亭〉は、かなり大きなお店で、百人分くらいの席があります。高級宿の方の〈野ばら亭〉でも、宿泊客のためのレストランや食堂があって……つまり、毎日毎日、ものすごい数のお客さんが、うちの料理を食べに来てくれるんです。  お母さんに

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 72通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  この前のお手紙で、神前裁判のことを教えてもらって、ありがとうございました。すごく興味深くて、勉強になったんですが、あれって、キュレルの街の十四歳の少女に過ぎないわたしが、知っていても良いことなんでしょうか? あまりにも重要な内容だったんで、ちょっと心配になっちゃいました。大丈夫だったら、良いんですけど。  かなり前から、薄々感じていたのは、ネイラ様って、本当にもったいぶらない人だなっていうことです。普通だったら、出し惜しみをしたり、秘密にしたり