opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    固定された記事

    opsol bookの出版物

    opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnote…

    opsol book
    1年前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 25通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  さてさて。今日の手紙では、わたしの大好きなアリアナお姉ちゃんと、基本的にはかっこいいフェルトさんが、めでたくお付き合いをすることにな…

    opsol book
    11時間前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 24通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたし、チェルニ・カペラは、猛烈に感動しています。やりましたよ、ネイラ様! 今日、うちの家を訪ねてきたフェルトさんが、しっかり、はっ…

    opsol book
    1日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 23通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今、わたしは、サクラ色のショートマフラーを首に巻いて、この手紙を書いています。あまりにも綺麗で、神々しいマフラーですからね。いっその…

    opsol book
    2日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 22通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様。  びっくりですよ、ネイラ様。いや、びっくりを通り越して、驚愕です。難しい言葉を使うと、驚天動地っていう感じです。ネイラ様ってば、ただ…

    opsol book
    3日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 21通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  いよいよ、いよいよ、あと五日に迫ってきました。何がって、フェルトさんが、うちの家に訪ねてくる日ですよ、ネイラ様!  今日の午後、キュ…

    opsol book
    4日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 20通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    〈ほどほど〉って、本当にむずかしいことなんですね、ネイラ様。    今日は、アリアナお姉ちゃんが、高等学校に登校する日で、わたしは自…

    opsol book
    5日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 19通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    大事件が起こりました、ネイラ様! 〈野ばら亭〉というか、カペラ家にとって、これ以上ないかもしれない大事件です。何と、何と、あのへた…

    opsol book
    6日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 18通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    ネイラ様のお手紙って、お説教じみてますか? わたしは、全然、まったく、そんなふうには思いません。正直なところ、〈えっ、そうなの?〉…

    opsol book
    7日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 17通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    困ったときに頼ったりして、本当にいいんですか、ネイラ様? いや、ネイラ様は、本気じゃないと約束なんて口にしない人だって、よくわかっ…

    opsol book
    8日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 16通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    今日は、アリアナお姉ちゃんの秘密をひとつ、ネイラ様に打ち明けます。お姉ちゃんに聞いてみたら、〈恥ずかしいけど、かまわないわよ、チェ…

    opsol book
    9日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 15通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    ネイラ様ってば、あの素晴らしい書店のご主人と、親しいお知り合いなんですね! ご迷惑でないのなら、ぜひ一度、お会いしたいです。  あ…

    opsol book
    10日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 14通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様     もしかして、わたしったら、ネイラ様に手紙を出しすぎているんでしょうか?    この間、お母さんに王都に連れて行ってもらったとき、大…

    opsol book
    11日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 13通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    そうなんです、ネイラ様。可愛すぎる服屋さんは、〈花と夢の乙女たち〉という、わたしには信じられない名前のお店でした。王都でも有名な人…

    opsol book
    12日前

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 12通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    今日、王都へ行ってきたんですよ、ネイラ様!    わたしが、六年間も通った町立学校が、ついに一昨日で修業になりました。卒業は二ヵ月近…

    opsol book
    13日前

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(5)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます! ▼過去の投稿はこちらからお読みいただけます。 ファイル添付についてのあれこれ打ち合わせをしていたある日…

    opsol book
    13日前
    固定された記事

    opsol bookの出版物

    opsol bookの出版物についてご紹介します。 noteや小説家になろうにて、無料で読めるお話もございますので、是非読んでみてください! フェオファーン聖譚曲シリーズnoteと小説家になろうにて、『フェオファーン聖譚曲 op.Ⅰ黄金国の黄昏』のリニューアル版を投稿中です! 小説家になろう『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ黄金国の黄昏』はこちら フェオファーン聖譚曲公式サイトはこちら あらすじ 「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」  強大なる中央集権国家を維持する

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 25通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  さてさて。今日の手紙では、わたしの大好きなアリアナお姉ちゃんと、基本的にはかっこいいフェルトさんが、めでたくお付き合いをすることになった経緯を、ご説明したいと思います。今思い出しても、きゃーっと叫んで暴れ回りたくなるほど、甘酸っぱい展開だったんですよ。  約束の日、アリアナお姉ちゃんが女学校に行っている間に、フェルトさんが訪ねてきました。同行したのは、守備隊の総隊長さんと、優しそうな女の人でした。  総隊長さんのことは、ネイラ様も知っていますよ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 24通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたし、チェルニ・カペラは、猛烈に感動しています。やりましたよ、ネイラ様! 今日、うちの家を訪ねてきたフェルトさんが、しっかり、はっきり、アリアナお姉ちゃんに求婚したんです! やったー!  今、わたしは二種類の喜びに包まれています。もちろん、最初の喜びは、わたしの大好きなアリアナお姉ちゃんが、幸せになってくれそうなことです。  二年以上も片思いをしていたフェルトさんに、正式に結婚を申し込まれたんですから、お姉ちゃんにとって、これ以上の良縁はあり

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 23通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今、わたしは、サクラ色のショートマフラーを首に巻いて、この手紙を書いています。あまりにも綺麗で、神々しいマフラーですからね。いっそのこと、ずっと飾っておこうかと思ったのですが、それってネイラ様のご希望とは違いますよね? えいやって思い切って、普段使いにすることにしました!  とはいえ、なかなか勇気が出ないのも事実なので、しばらくの間は、家で使うことにします。それで、自分でも慣れてきたなって思ってから、外で使わせていただきますね。  もらった最

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 22通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様。  びっくりですよ、ネイラ様。いや、びっくりを通り越して、驚愕です。難しい言葉を使うと、驚天動地っていう感じです。ネイラ様ってば、ただの平民の少女に、何というものを贈ってくれたんですか!  今日の夜、晩ご飯を食べ終わった頃のことです。食後のデザートに、大好きなチーズソースの焼きりんごを食べていたところに、紅い鳥のご分体が、荷物を届けてくれました。いつものネイラ様の手紙と一緒に、どこからか出してきた、可愛くリボンをかけられた紙包を渡してくれたんです

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 21通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  いよいよ、いよいよ、あと五日に迫ってきました。何がって、フェルトさんが、うちの家に訪ねてくる日ですよ、ネイラ様!  今日の午後、キュレルの街を守ってくれる、優しい熊みたいな守備隊の総隊長さんから、新しいお手紙が届きました。フェルトさんは、五日後にうちの家を訪ねてきて、そのときは総隊長さんも同行してくれるんですって。  総隊長さんっていえば、フェルトさんにとっては、一番上の上司ですよね。そんな立場の人を連れて、うちの家を訪ねてくるなんて、縁談以

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 20通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    〈ほどほど〉って、本当にむずかしいことなんですね、ネイラ様。    今日は、アリアナお姉ちゃんが、高等学校に登校する日で、わたしは自宅学習だったので、お母さんと二人、ずっと洋服の相談をしていました。  何のことかっていうと、来週、フェルトさんと守備隊の総隊長さんが、うちを訪ねてくるじゃないですか? そのとき、わたしとお母さんが、どんな服でお迎えしたらいいのか、けっこう悩んでいるんです。    多分、絶対、きっと、フェルトさんの用事は、アリアナお

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 19通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    大事件が起こりました、ネイラ様! 〈野ばら亭〉というか、カペラ家にとって、これ以上ないかもしれない大事件です。何と、何と、あのへたれのフェルトさんから、うちのお父さんに話したいことがあるって、面会希望のお手紙がきたんです!    話の発端は、今日の午後でした。キュレルの街を守ってくれている、守備隊の総隊長さんが、うちの家を訪ねてきたんです。(うちの家は、〈野ばら亭〉と道路をはさんだ向かい側に建っています。お昼ご飯のお客さんたちが帰っていって、お

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 18通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    ネイラ様のお手紙って、お説教じみてますか? わたしは、全然、まったく、そんなふうには思いません。正直なところ、〈えっ、そうなの?〉っていう感じで、とても驚いてしまいました。    ただ、ここまで書いて、ひとつ気づいたことがあります。ひょっとすると、ネイラ様と同じように、わたしも〈説教じみた〉少女で、だからこそ、ネイラ様がちょっとくらい先生みたいでも、何とも思わないのかもしれないなって……。    わたし、町立学校の同級生たちとは、そんなに仲良く

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 17通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    困ったときに頼ったりして、本当にいいんですか、ネイラ様? いや、ネイラ様は、本気じゃないと約束なんて口にしない人だって、よくわかっています。でも、いくら何でも厚かましくないですか? わたしってば、ネイラ様にお世話になってばっかりですよ?    この手紙を読んだネイラ様は、きっとこんなふうにいってくれますよね。〈わたしは何ひとつ、きみの世話をしたことなどありませんよ。もし、あったとしても、それはわたしが好きでしていることです。むしろ、もっと甘えて

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 16通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    今日は、アリアナお姉ちゃんの秘密をひとつ、ネイラ様に打ち明けます。お姉ちゃんに聞いてみたら、〈恥ずかしいけど、かまわないわよ、チェルニ〉っていってくれたので。  わたしの大好きなアリアナお姉ちゃんの、繊細な初恋の話なので、ネイラ様の心の中に留めておいてくださいね。    ネイラ様にもらってもらおうと思っていた、綺麗なグレーの毛糸のセーターが、大惨事を引き起こしたことは、前に書いた通りです。あんまりにもひどくって、それ以来、わたしはお姉ちゃんに編

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 15通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    ネイラ様ってば、あの素晴らしい書店のご主人と、親しいお知り合いなんですね! ご迷惑でないのなら、ぜひ一度、お会いしたいです。  あんなに巨大なのに、本が好きで好きで仕方がない人が作っているお店だって、ひと目でわかりますからね。いろいろな本について、お話を聞かせてもらえるんじゃないかって、今から楽しみです。(わたし、同世代の友達は少ないんですけど、おじいちゃんたちには、いつもとっても可愛がってもらえるので、多分、嫌われないと思います)    それ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 14通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様     もしかして、わたしったら、ネイラ様に手紙を出しすぎているんでしょうか?    この間、お母さんに王都に連れて行ってもらったとき、大きな文具屋さんで、すごく綺麗な文箱を見つけました。飾り彫や縁飾りのついた真鍮で、蓋のところはピンク色で、可愛い猫足までついているんです。もう、ひと目で気に入って、お土産に買ってきました。  そして、家に帰って、喜んでネイラ様からのお手紙を入れたら、けっこう一杯になっちゃって。先日もらったお手紙で、ついに蓋がぴたっと

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 13通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    そうなんです、ネイラ様。可愛すぎる服屋さんは、〈花と夢の乙女たち〉という、わたしには信じられない名前のお店でした。王都でも有名な人気店なんだって、お母さんがいってましたけど、本当なんですね。ちょっとだけ、お母さんを疑っちゃって、申し訳ないことをしてしまいました。    その〈花と夢の乙女たち〉で、わたしとアリアナお姉ちゃんは、それぞれ洋服を買ってもらいました。ほしかったのかといわれると、微妙なものがあるんですけど、お店の人たちが涙目で勧めてくる

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 12通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様    今日、王都へ行ってきたんですよ、ネイラ様!    わたしが、六年間も通った町立学校が、ついに一昨日で修業になりました。卒業は二ヵ月近く先で、まだ授業の単位を取れていない人は、補習に通うんですけど、わたしは全部合格しているので、ときどき卒業式の練習に行くだけなんです。(進学する生徒は、この間に試験を受けたりします。ネイラ様が通っていた王立学院も、同じでしたか?)  そこで、わたしの大好きなお母さんが、王都に行こうと誘ってくれました。〈受験の前に、

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(5)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます! ▼過去の投稿はこちらからお読みいただけます。 ファイル添付についてのあれこれ打ち合わせをしていたある日のこと。 ハナショウブ小説賞の詳細が決まっていくなか、応募フォームについては、Googleフォームを使用することになった。 ここでミワさんが一言。 「Googleフォームって、ファイル添付できるんですか?」 えっ、できなかったらどうしよう(できます)。 Googleへのログインが必須ではあるものの、こちらが