opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    神霊術少女チェルニ 往復書簡

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    すべて見る
    • 85本

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 86通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  王立学院の入学試験を終えたら、すぐにお手紙を書くつもりだったのに、翌日になってしまいました。優しいネイラ様のことだから、きっと、気にかけてくれていましたよね? 遅くなってしまって、本当に申し訳ありません。  翌日になった理由は、神霊術の実技試験を終えた途端、ふっと気が遠くなって、ついさっきまで熟睡していたからです。試験会場には、マルティノ様もきてくれていたから、このことも、ネイラ様に報告されていますよね? びっくりするくらい長く寝て、お父さんのお

    スキ
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 85通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の町立学校に行ってきました。わたしたち卒業生は、もう卒業前の待機期間に入っているので、授業はありません。わたしは、おじいちゃんの校長先生に会いたくて、久しぶりに登校したんです。    町立学校では、校長先生が大歓迎してくれました。わたしは、お父さんが持たせてくれた、栗の渋皮煮がごろごろ入ったパウンドケーキを、校長先生と仲良く分け合いながら、校長先生に相談しました。王立学院の入試まで約一週間、神霊術の実技試験の内容について、そろ

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 84通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、キュレルの街の自分の部屋で、この手紙を書いています。生まれ育ったところって、やっぱり落ち着きますね。お昼前まで寝て、おいしいご飯を食べて、スイシャク様とアマツ様と一緒にごろごろして……わたしは、もう元気いっぱいです。  お母さんは、わたしの顔を見て、〈すぐに回復するのは、若いからこそよ〉って、笑っていました。最近、いろいろなことがありすぎて、一気に歳を取ったような気がしていたんですが、どうやら錯覚だったみたいですね。  ところで、今日は

    スキ
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 83通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今夜は、キュレルの街の家で、この手紙を書いています。王都の家も気に入っているんですが、いざ生まれ育った家に戻ってくると、やっぱり安心しますね。キュレルの街の夜空にも、美しい月と星が輝いていて……ただ、王都で見た月と比べると、ほんの少しだけ、寂しいものに思えるのは、ネイラ様と遠くなったからかもしれません。  自分では意識しなくても、それなりに疲れていたようで、家に帰ってきた途端、大きなため息を吐いちゃいました。それは、お父さんやお母さん、アリアナ

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

    opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    すべて見る
    • 7本

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(詳細発表編)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。 opsol bookのヤナガワです。 noteに「小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(1)」を投稿したのが9月。そこから月日が経ち、あっという間に12月になりました。日ごとに寒さがつのってまいりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、本日はタイトルにもあるように、ハナショウブ小説賞の詳細を発表いたします。 第1回ハナショウブ小説賞に関するお知らせ募集テーマ 第1回では、「福祉」「医療

    スキ
    65

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(テーマ発表編)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。 opsol bookのヤナガワです。 6回目となる今回のnoteでは、第1回ハナショウブ小説賞のテーマを発表します。なお、応募に関する詳細は絶賛会議中のため、後日発表となります。 第1回のテーマは?第1回ハナショウブ小説賞では、「福祉」「医療」「介護」のいずれか一つまたは複数をテーマにした、フィクションの小説を募集します。 ファンタジー・恋愛・ミステリー・コメディ・SFほか、ジャンルは不問です。 募集部門は、長編

    スキ
    60

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(5)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます! ▼過去の投稿はこちらからお読みいただけます。 ファイル添付についてのあれこれ打ち合わせをしていたある日のこと。 ハナショウブ小説賞の詳細が決まっていくなか、応募フォームについては、Googleフォームを使用することになった。 ここでミワさんが一言。 「Googleフォームって、ファイル添付できるんですか?」 えっ、できなかったらどうしよう(できます)。 Googleへのログインが必須ではあるものの、こちらが

    スキ
    27

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(4)

    ▼過去の投稿はこちらからまとめてお読みいただけます。 ロゴ、ついに完成ここ最近の更新では、BOOK EXPOの話題が多かった気がする。いや、気がするというか、事実である。 BOOK EXPO出展に向けた制作物が多く、スケジュールは多忙。そんな中、ハナショウブ小説賞のロゴ制作も同時進行してくれた、デザイナーのミワさん。 数多くのバトルを繰り広げ(?)、最終ステージに残ったデザインがこちら。 (1) (2) 個人的には、(1)のエンピツ部分が好きすぎるのだが、ハナショ

    スキ
    25

    神霊術少女チェルニ〈連載版〉

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    すべて見る
    • 114本

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-38

    「〈神託の巫〉たるわたくしは、約を司りし御神霊、□□□□□□□□様の眷属にござります。尊き□□□□□□□□様の御命により、わたくしが□□□□□□□□様の依代となり、言霊を賜りまする。皆々、心してお聞きあれ」    自分のものだとは、とても思えない、荘厳な響きを帯びた声が、〈神秤の間〉を満たしていく。え? ええ? わたし、今まで一度も、こんな話し方をしたことはないよ? そこは文学少女だし、神霊術の関係で古語だって得意だから、やろうと思えばできるんだけど。  おまけに、ときどき発

    スキ
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-37

    〈手負いの獣の如く也〉  〈崩れゆく廃墟とも見ゆ〉    スイシャク様とアマツ様から、そう形容されたオルトさんは、うずくまっていた床から立ち上がり、今にも崩れ落ちそうな足取りで、証言台へと歩いていった。被疑者の席から証言台まで、距離にしたらわずかなのに、見ているわたしたちにとっても、オルトさん自身にとっても、遠くに感じられる歩みだった。  〈神秤の間〉に入ってきたときから、痩せてやつれて、別人のようになっていたオルトさんは、もう重病人にしか見えなかった。自分の息子であるアレン

    スキ
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-36

    〈おさらば〉     ミランさんが、そういった瞬間、足下に広がっていた魔術陣が、激しく明滅し始めた。青黒い光が、〈神秤の間〉に広がるにつれ、唇を吊り上げたミランさんの顔が、少しずつ揺らぎ始める。よりにもよって、ルーラ王国の神霊庁の奥の奥、神聖な〈神秤の間〉で、魔術を使おうとしているんだよ、ミランさんは!    〈神秤の間〉に集まっている傍聴の人たちは、突然の事態に、ものすごく混乱しているようだった。ある人は席から立ち上がり、ある人は悲鳴を上げ、ある人は隣の人の手を握り、ある人

    スキ
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-35

     ご神秤の印を持つマチェク様の声は、〈神秤の間〉いっぱいに、朗々と響きわたった。荒々しいわけじゃないのに、罪のある人を鞭打つみたいな、重みと威厳のこもった声。名前を呼ばれた元大公騎士団長、今は一切の身分を凍結されているから、ただのバルナとしか呼ばれない人は、マチェク様の呼びかけに、応えることはなかった。  正確にいうと、アリアナお姉ちゃんの証言のあたりから、精神的に追いつめられちゃったんだろう。大きな身体を縮め、耳をふさぐような格好で、被疑者席の椅子の上にうずくまったままなん

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

    リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    すべて見る
    • 58本

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-11

     朗らかな表情のアントーシャに、最初に言葉を掛けたのはルーガだった。滅多に遠慮というものをしないルーガは、がりがりと頭を掻き毟りながら、呆れたように言った。 「アントーシャ様の仰ることの意味が、おれには全く分かりませんよ。おれの頭が悪いからなのか、アントーシャ様が途轍もない方だからなのか。多分、両方なのでしょうな」  大きな溜息を吐くルーガの様子に、アントーシャは更に微笑んだ。ルーガの周りでは、オローネツ辺境伯もイヴァーノも、何とも微妙な表情でアントーシャを見詰めている。

    スキ
    1

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-10

    05 ハイムリヒ 運命は囁く10 宣言  短くはない時間を掛けて、真実の間で起こった出来事を語り終えたアントーシャは、もう一度深々と頭を下げた。頬には薄く涙の跡が光っていたものの、表情は晴々と明るく、見る者を安心させるだけの力強さが有った。 「ベルーハの指摘の御陰で、ぼくは最後に父上に御目に掛かることが出来ました。そして、父上が残して下さった鍵を通して、ぼく達の魂と霊は固く結び付けられました。今でも悲しくて|堪らず、耐えがたい気持ちになる瞬間は有りますけれど、ぼくは大丈夫

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-9

    05 ハイムリヒ 運命は囁く9 約束  召喚魔術の術式を破壊した直後、真実の間に立ち|竦み、星灯さえない虚無の夜空を見詰めていたアントーシャは、ゲーナの死と同時に出現した光球の軌跡を、絶望の眼差しで追っていた。微かに瞬く淡い黄色の光球は、人の身体を司る〈魄〉である。壮絶に四散したことによって、司るべき身体を失ったゲーナの魄は、瞬く間に微かな光さえも消し去り、何処とも知れない空に融けていった。人ならぬアントーシャの霊眼には、ゲーナの魄が身体としても記憶を失い、新しい熱量体とし

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-8

    05 ハイムリヒ 運命は囁く8 再会  オローネツ城の領主執務室では、オローネツ辺境伯と|家令のイヴァーノが、落ち着かない面持ちで書類に向かい合っていた。その日だけでも何度目になるのか分からない溜息を吐きながら、オローネツ辺境伯は眉間を指先で揉んだ。 「それにしても、アントンは何を考えているのだろう。あの子なら、瞬時に何処へでも転移出来るというのに、王都からオローネツ城まで、十日以上も掛けて馬で訪ねて来るなどと。やはり、何か理由が有るのであろうな」  オローネツ辺境伯が

    スキ
    1