opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェル…

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

マガジン

  • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

    opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

  • 編集部日記

    編集部ヤナガワが書くあれこれをまとめています。

  • 神霊術少女チェルニ 小ネタ集

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の小ネタ集です。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ チェルニ本編の物語とご一緒にお楽しみください。

  • 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー

    万物に宿るとされる神霊の力を借り、人知を超える現象を引き起こす〈神霊術〉。千年の安寧を誇るルーラ王国は、国民のほとんどが、何らかの神霊術を使うことから、〈神霊王国〉と呼ばれている。  そんなルーラ王国で、史上最年少で王国騎士団長となった、レフ・ティルグ・ネイラ。彼こそは、千余年の時を経て現れ出でし《神威の覡》に他ならなかったーー。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 〈神霊王国物語〉シリーズ『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝作品です。

  • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

くわしく見る
  • 16本

【第2回ハナショウブ小説賞】授賞式を開催しました!

2024年4月6日(土)に、三重県伊勢市にて第2回ハナショウブ小説賞授賞式を開催しました。 当日は、5名の受賞者様に出席していただきました。 〈opsol部門〉 ●大賞 小川 マコト様 ●銀賞 ウダ・タマキ様 ●opsol book賞 本多 あにもる様 〈テーマ部門〉 ●大賞 九津 十八様 ●銀賞 目白 成樹様  ▼第2回ハナショウブ小説賞 最終結果発表はこちら ◆受賞者挨拶(opsol部門)〈大賞〉『走れ!スーパー茜号』小川 マコト様 〈受賞コメント〉 この度は

スキ
6

電子書籍「光を受ける者たち」<著・那月珠雨(なづきしゅう)>が発売されました!

昨年開催した第1回ハナショウブ小説賞の短編部門にて大賞を受賞した「光を受ける者たち」に加筆修正を行い、opsol bookより電子書籍として発売しました。 本作は、特別支援学校を舞台とした短編小説で、著者が高校在学中に執筆。校外活動のボランティアとしてやってきた高校生たちと引率教員、そこで勤務する教員たちの出会いと葛藤を、瑞々しい感性で描いた作品です。 発売日:2024年2月9日(金) 発行形態:電子書籍 価格:本体価格350円+税 販売電子書店:Kindleストア、紀伊

第2回ハナショウブ小説賞 最終結果発表!

このたびは、第2回ハナショウブ小説賞にご応募いただきありがとうございました。 本日、opsol book公式サイトにて、第2回ハナショウブ小説賞の最終選考結果が発表となりました。各部門の受賞作品は、以下のとおりです。 ◆opsol部門【大賞】賞金30万円+書籍化『走れ!スーパー茜号』小川マコト(応募時ペンネーム:macoty)*掲載当時からペンネームが変更されたことに伴い修正しています。 【金賞】該当作品なし 【銀賞】賞金5万円『かすみ荘に暮らす人たち』ウダ・タマキ

第2回ハナショウブ小説賞開催のお知らせ

このたび、opsol book主催の公募企画、第2回ハナショウブ小説賞の開催が決定いたしました。 今回は、以下の2部門で長編小説を募集します。 1つ目の部門は、「テーマ部門」。こちらの部門では、回替わりのテーマを設け、フィクションの長編小説を募集します。今回のテーマは「ふたり」。「ふたり」がテーマになっていれば、組み合わせは自由です。人、動物、ぬいぐるみや家電でも構いません。人に限らず、皆さまの描く「ふたり」の物語をご応募ください。 2つ目の部門は、「opsol部門」。

スキ
37

編集部日記

編集部ヤナガワが書くあれこれをまとめています。

くわしく見る
  • 103本

編集部日記(祝・一周年編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 この日記(という名の恥さらし)の投稿を始めてから、昨日で丁度一年が経ちました。一本目の日記は、2023年3月21日に投稿した料理の失敗談を綴った「待ちとせっかちと私」。 投稿を始めた頃は、このように記事毎にタイトルをつけていましたが、8月よりタイトルを「編集部日記(○○編)」に変更しました。 実を言うと、「○○編」の部分を「○○の巻」とするつもりだったのでした。実際に、編集部日記の中で一本だけ巻バージョンが投稿されていま

スキ
3

編集部日記(睡眠編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 昨年、SNS断食についての記事を投稿しました。 あれから約4か月。スマホ中毒の自覚があるので、当然のごとくSNSの使用を控えることはできませんでした。というか、正直控えるつもりもありませんでした。SNSの話題は把握しておきたいし、知人の投稿も気になるし、動画の視聴はやめられないし。週末にスマホのスクリーンタイムの通知が届くたびに、レポートを見ては毎回引いています。 一日24時間、仕事が8時間、睡眠が6時間、その他の食事や

スキ
3

編集部日記(湯たんぽ編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 昨晩、就寝時に布団に入って思いました。湯たんぽって最強なのでは、と。今回のnoteネタにすべく「note 湯たんぽ最強説」とスマホにメモを残し、湯たんぽの温もりを感じながら、その日は眠りにつきました。 昔から、冬の夜は湯たんぽを愛用しています。我が家のスタメンはプラスチック製のオレンジ色の湯たんぽ。布団に足を入れたときのあの優しい温もりは、生命すら感じさせます。いや、さすがに言い過ぎかも。 暖房をつけていなくても、湯たん

スキ
5

編集部日記(クッキー缶入手編)

こんにちは、opsol bookのヤナガワです。 本日の更新で、編集部日記は記念すべき100本目を迎えます。先日まで「これで50本! 折り返し!」と思っていたのですが、気付けばこんなに投稿していたようです。偶然マガジンを開いたから気付いたものの、危うく見逃すところでした。 さて、今回はクッキー缶についてです。 いつかクッキー缶を買いたいと願望を綴った記事を過去に投稿しています。 この記事を投稿してすぐ、同じ編集部のヤマザトさんが、いくつかクッキー缶を紹介してくれました

スキ
8

神霊術少女チェルニ 小ネタ集

『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の小ネタ集です。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ チェルニ本編の物語とご一緒にお楽しみください。

くわしく見る
  • 7本

連載小説 神霊術少女チェルニ 小ネタ集 チェルニ・カペラの忘年会〈後編〉

 夜空から降ってきた四つの流れ星が、四本の注連縄になって、それが一本の巨大な注連縄に変わったところで、スイシャク様の玉音が響き渡った。〈目出度かりける今宵こそ 忘年会の始め也〉って。すると、スイシャク様に応えるように、注連縄が輝き始めた。  きらきらきらきら、きらきらきらきら。氷の結晶を思わせる煌めきが、〈野ばら亭〉をほの白く浮かび上がらせる。その美しさと神々しさに、わたしたちが圧倒されちゃってるうちに、注連縄は、もう一度形を変えた。光が解けるみたいに広がって、〈野ばら亭〉全

スキ
1

連載小説 神霊術少女チェルニ 小ネタ集 チェルニ・カペラの忘年会〈中編〉

 一年の最後の一日、ルーラ王国では〈祝祭夜〉って呼ばれている、特別な夜。わたしが幹事のお役目を申しつけられた、神霊さんたちの忘年会が、〈野ばら亭〉で開催されることになった……って書くと、順調に準備が進んだような気がするけど、実際は大変だった。そりゃあもう、本当に大変だったんだよ!  最大の問題は、予定していた忘年会の規模が、なぜか雪だるまみたいに大きくなっていくことだった。スイシャク様とアマツ様の予言の通り、〈野ばら亭〉で忘年会を開くっていう話が伝わった途端、びっくりするく

スキ
1

連載小説 神霊術少女チェルニ 小ネタ集 チェルニ・カペラの忘年会〈前編〉

 師走の寒風が吹き抜け、道行く人たちが、思わずコートの襟を立てた夕暮れ。見ているだけで温かくなっちゃうような、ふくふくのスイシャク様と、赤々と輝いているアマツ様が、そろって相談を持ちかけてきた。世にも尊い神霊さんのご分体が、わたしみたいな少女に相談っていうのも変なんだけど、本当にそういう話だった。  スイシャク様とアマツ様は、黒曜石みたいな黒い瞳と、ご神鏡みたいな銀色の瞳を煌めかせて、堂々といったんだ。〈忘年会を開きたい〉って。 〈人の子のすなる忘年会とぞいうものを、我らも

連載小説 神霊術少女チェルニ 小ネタ集 ブルーノ・ドゥ・ガルニエの副官日誌

 ブルーノ・ドゥ・ガルニエは、王都の中心街に建つ屋敷の一室で、鍵付きの分厚い日記帳に目を通していた。ルーラ王国の栄えある王国騎士団において、団長補佐官、通称〈副官〉を務める者たちの間で、密かに回覧される日誌である。  王国騎士団では、現在、七人の騎士が副官の任に就いている。団長であるレフ・ティルグ・ネイラが執務に当たる際、少なくとも二人以上の副官が、必ず行動を共にできるよう、多くの人員を配置しているのである。  王族の警護を主とする近衛騎士団の場合、近衛騎士団長の副官は二名

邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー

万物に宿るとされる神霊の力を借り、人知を超える現象を引き起こす〈神霊術〉。千年の安寧を誇るルーラ王国は、国民のほとんどが、何らかの神霊術を使うことから、〈神霊王国〉と呼ばれている。  そんなルーラ王国で、史上最年少で王国騎士団長となった、レフ・ティルグ・ネイラ。彼こそは、千余年の時を経て現れ出でし《神威の覡》に他ならなかったーー。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 〈神霊王国物語〉シリーズ『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝作品です。

くわしく見る
  • 3本

連載小説 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー〈後編〉

 少年少女の誘拐に手を染めている、アイギス王国の外交使節団長、シャルル・ド・セレント子爵を捕縛するため、王国騎士団の精鋭たちは、王都の通用門を駆け出した。やがて、見晴らしのいい草原の彼方に、場違いにも立派な箱馬車と、騎馬の騎士たちの姿を見つけたとき、一行は微かに安堵の息を吐いた。  門を出る直前、密かに尾行を続ける〈黒夜〉から届けられたのは、〈集められし《荷物》は、依然として馬車の中にあり〉という知らせである。ルーラ王国を守護する者として、必ず救い出さなくてはならない子供たち

連載小説 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー〈中編〉

 ルーラ王国の王国騎士団が、少年少女誘拐の実行犯を捕らえてから数日、宰相であるロドニカ公爵の執務室に、再び関係者が集められた。ロドニカ公爵と筆頭事務官、何人かの官吏、王国騎士団長レフ・ティルグ・ネイラ、レフの部下たち。そして、前回は姿を見せなかった男が一人、宰相執務室の片隅に控えていた。 「先日は助かったよ、レフ。いつもながら、誠に見事な手並だった。今日は、捕縛した者たちの尋問の経過を、そなたたちに伝えるために、足を運んでもらったのだよ」  ロドニカ公爵は、そういって片隅

スキ
1

連載小説 邂逅 ー神霊術少女チェルニ外伝ー〈前編〉

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- こちらは、現在連載中の、〈神霊王国物語〉シリーズ『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝作品です。前編・中編・後編の全3部構成となっています。   なお、本作『邂逅』と『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』『神霊術少女チェルニ〈往復書簡〉』では、作品のイメージに合わせて文体が大きく異なります。  ぜひ、『〈連載版〉』そして、同作の登場人物による文通の様子を描いた『往復書簡』と、合わせ

スキ
2

神霊術少女チェルニ 往復書簡

『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

くわしく見る
  • 102本

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 幕間書簡(13) ユーゼフ・バランとエルヴェ・ルクラ・クラルメ

幕間書簡(13) ユーゼフ・バランとエルヴェ・ルクラ・クラルメ 〈キュレルの街の町立学校で校長を務めるユーゼフと王立学院の前学院長であるエルヴェとの書簡〉    ∞ エルヴェ・ルクラ・クラルメ先生 御机下  朝晩、いくらか冷え込むようになってまいりましたが、お元気でいらっしゃいますか、先生? 大切な御身なのですから、くれぐれも無理をなさらず、ぬくぬくと着膨れしていただきますよう、お願い申し上げます。  さて、いつもお心にかけていただいております、不肖の弟子から、先

スキ
3

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 幕間書簡(12) エドアルド・キクノイとロナルド・バルマン

幕間書簡(12) エドアルド・キクノイとロナルド・バルマン 〈ルーラ王国で神霊庁御用達の装束店の店主であるエドアルドと、キクノイ装束店と提携する織物工房を営むロナルドとの書簡〉    ∞ バルマン先生へ  いつもお世話になります。極めて重要なご依頼がありますので、風屋経由の手紙にさせてもらいました。この手紙を読まれたら、至急、打ち合わせのできる日時を教えていただけませんか? 勝手を申しますが、どうかよろしくお願いします。  さて、実は今日、神霊庁からの急ぎのお呼び

スキ
2

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 幕間書簡(11) ダニエル・サンスとトニー・マクエル

幕間書簡(11) ダニエル・サンスとトニー・マクエル 〈王都を中心に手広く不動産業を営むダニエルと、同業で宅地開発なども手がける商会を経営するトニーとの書簡〉    ∞ 親愛なるトニーへ  ちょっとご無沙汰だな、トニー。元気か? 定期的に会っていないと、何となく物足りないな。近いうちに、飯でもどうだ?  あ、いや。そうじゃなくて、今日はビジネスの話だった。是非とも懇意にしておきたいお客様をご紹介いただいたんで、トニーにも力を貸してほしいんだよ。話の規模としてもけっ

スキ
4

連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 幕間書簡(10) サミュエル・ロイドとフランク・バーン

幕間書簡(10) サミュエル・ロイドとフランク・バーン 〈王都の海鮮レストラン〈エビール・カニーナ〉のマネージャーであるサミュエルと、オブジェ製作工房の経営者であるフランクとの書簡〉    ∞ フランク・バーン様  いつもお世話になっております。今日は、少々おかしなご相談があって、手紙を書かせていただきました。バーン工房で製作していただいた、当店自慢の広告塔、文字通りの看板である、海老と蟹の巨大オブジェについてです。  実は、しばらく前から、あの海老と蟹がおかしい