opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    神霊術少女チェルニ〈連載版〉

    『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    すべて見る
    • 78本

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-2

     たった十四年の人生だけど、わたしは今、最大の決断を下したんだと思う。ルーラ王国の騎士団長で、〈神威の覡〉でもあるレフ・ティルグ・ネイラ様からの、きゅっ、きゅっ、求婚を受けるって宣言したんだから。    お母さんとアリアナお姉ちゃんは、わたしにぎゅうぎゅう抱きついて、歓声を上げている。〈良かったわね、チェルニ〉〈おめでとう〉〈幸せになってね〉って。まだ十四の娘が、こっ、こっ、婚約するって勝手に決めちゃったのに、一言も反対しようとしないのは、きっとわたしの気持ちを察していたんだ

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 4-1

     その日の目覚めは、とっても幸せなものだった。気持ちが満ち足りていて、ぐっすりと熟睡できて、ぬくぬくと暖かくて……。鎧戸の隙間から差し込んでいる、淡い光の色合いからすると、朝といえる時間じゃないのかもしれないけど。    薄っすらと目を開けると、左右の枕元に、紅白の柔らかな羽が見えた。清らかな純白の羽はスイシャク様、鮮やかな真紅の羽はアマツ様。大きな鳥の姿を取る二柱の神霊さんが、わたしにくっつくみたいにして、微かな寝息を漏らしているんだ。  秋も深まって、空気が冷たくなってき

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-38

     わずかに明るさの増してきた満月の夜空に、ネイラ様……じゃなくて、レフ様の声が、厳かに響き渡った。   「〈神威の覡〉とは、神々の一柱が、仮初に人の血肉を受けて、この現世に顕現した者。魂の本質は神であり、束の間、人として生きるもの。〈神託の巫〉は、神々に愛される資質を持った人の魂が、必要とされるとき、様々な加護を得て生まれた者。きみは、神と人とを繋ぐという、重き役目を持った神々の愛子ですよ、チェルニちゃん」    その言葉を聞いた瞬間、わたしは、大きく身体を震わせた。いろいろ

    スキ
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-37

    〈こんばんは、お嬢さん。やっときみに会えましたね〉    夜空に浮かぶ月の銀橋で、ネッ、ネイラ様にそういわれた瞬間、わたしは、たまらずに泣き出してしまった。いや、涙はとっくに吹き出していたんだけど、あまりの緊張と混乱に、とうとう声を出して泣いちゃったんだよ。思いっきり。  自分でも、あまりの態度に絶望しそうになったけど、ネイラ様は、呆れた顔を見せなかった。〈失礼〉って、一言声をかけてから月舟に乗り込み、わたしが座っている猫足の長椅子に、そっと腰かけたんだ。    魂魄だけだか

    スキ
    1

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

    opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    すべて見る
    • 2本

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(2)

    9月某日、花菖蒲小説賞の表記を決めるため、仁義なき闘いがここに――。 ということはなく。 いつも通りの会議が行われていた。 ▼前回(スキを押してくださった皆さま、オススメをしてくださった皆さま、ありがとうございます! 励みになります!) 漢字VSカタカナ、果たして勝者はミワさんがロゴのラフを考えてくれたので、ホワイトボードに貼り付けて全員で確認。漢字が6案、カタカナが7案。カタカナ推しの私であるが、これは漢字も捨てがたい。でもやっぱり、カタカナが一番しっくりくる。うー

    スキ
    10

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(1)

    小説コンテストの開催が決まった。 opsol bookにとって初めてのこの企画は、私にとっても大きな企画である。何せ、今noteを書いている私、ヤナガワは、ド素人のまま半年前に入社した新人編集者なのだ。企画の主担当となり、ドキドキの毎日を過ごしている。 そもそも、どうして私は今、noteに文章を書いているのか。事の発端は、数日前の会議中に放たれた、デザイナーミワさんの一言である。 「小説コンテスト企画の進行過程を、noteで公開するのはどうですか?」 めっちゃいい め

    スキ
    42

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

    リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    すべて見る
    • 58本

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-11

     朗らかな表情のアントーシャに、最初に言葉を掛けたのはルーガだった。滅多に遠慮というものをしないルーガは、がりがりと頭を掻き毟りながら、呆れたように言った。 「アントーシャ様の仰ることの意味が、おれには全く分かりませんよ。おれの頭が悪いからなのか、アントーシャ様が途轍もない方だからなのか。多分、両方なのでしょうな」  大きな溜息を吐くルーガの様子に、アントーシャは更に微笑んだ。ルーガの周りでは、オローネツ辺境伯もイヴァーノも、何とも微妙な表情でアントーシャを見詰めている。

    スキ
    1

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-10

    05 ハイムリヒ 運命は囁く10 宣言  短くはない時間を掛けて、真実の間で起こった出来事を語り終えたアントーシャは、もう一度深々と頭を下げた。頬には薄く涙の跡が光っていたものの、表情は晴々と明るく、見る者を安心させるだけの力強さが有った。 「ベルーハの指摘の御陰で、ぼくは最後に父上に御目に掛かることが出来ました。そして、父上が残して下さった鍵を通して、ぼく達の魂と霊は固く結び付けられました。今でも悲しくて|堪らず、耐えがたい気持ちになる瞬間は有りますけれど、ぼくは大丈夫

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-9

    05 ハイムリヒ 運命は囁く9 約束  召喚魔術の術式を破壊した直後、真実の間に立ち|竦み、星灯さえない虚無の夜空を見詰めていたアントーシャは、ゲーナの死と同時に出現した光球の軌跡を、絶望の眼差しで追っていた。微かに瞬く淡い黄色の光球は、人の身体を司る〈魄〉である。壮絶に四散したことによって、司るべき身体を失ったゲーナの魄は、瞬く間に微かな光さえも消し去り、何処とも知れない空に融けていった。人ならぬアントーシャの霊眼には、ゲーナの魄が身体としても記憶を失い、新しい熱量体とし

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 5-8

    05 ハイムリヒ 運命は囁く8 再会  オローネツ城の領主執務室では、オローネツ辺境伯と|家令のイヴァーノが、落ち着かない面持ちで書類に向かい合っていた。その日だけでも何度目になるのか分からない溜息を吐きながら、オローネツ辺境伯は眉間を指先で揉んだ。 「それにしても、アントンは何を考えているのだろう。あの子なら、瞬時に何処へでも転移出来るというのに、王都からオローネツ城まで、十日以上も掛けて馬で訪ねて来るなどと。やはり、何か理由が有るのであろうな」  オローネツ辺境伯が

    スキ
    1