opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-3

     大公家のお姫様だったオディール様の、あまりの早口と勢いに圧倒されて、わたしの家族と総隊長さんは、ちょっと呆然としちゃった。  大公のお屋敷では、相手を怒らせる…

    opsol book
    1か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-2

     わたしが受験する王立学院では、六科目の学科試験の他に、実際に神霊術を使う実技試験がある。学科と実技の合計で、合格者を決めるわけじゃなく、実技はあくまでも〈参考…

    opsol book
    1か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-1

     すっかり秋の気配が濃くなって、ひんやり冷たい風が吹き抜ける中、わたしは一人で町立学校に向かって歩いていた。とぼとぼとぼとぼ、とぼとぼとぼとぼ。  われながら、…

    opsol book
    1か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-37

     熊みたいな総隊長さんの挑発に乗って、大公騎士団の団長は、四十人もいる騎士たちに抜刀を命じた。キュレルの街のど真ん中で、まだ夜も早い時間なのに!  あまりにも馬…

    opsol book
    1か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-36

     ヴェル様が、うちの食堂を出て行くのと入れ違いに、お父さんとお母さんが戻ってきた。〈野ばら亭〉の従業員さんの振りをしている、神職の人たちから、大まかな話を聞かせ…

    opsol book
    1か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-35

     高貴なお姫様に、とんでもない勢いで罵倒されて、応接間にいた人たちは、呆然とした顔で固まっていた。お姫様は、大公に冷たい目を向けてから、黙って空いている長椅子に…

    opsol book
    1か月前
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-3

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-3

     大公家のお姫様だったオディール様の、あまりの早口と勢いに圧倒されて、わたしの家族と総隊長さんは、ちょっと呆然としちゃった。
     大公のお屋敷では、相手を怒らせるために、わざと煽っているのかと思ってたんだけど、お姫様って、普段からこういう人だったの? 悲劇のお姫様っていうイメージが、一気に崩れたのは、いいこと……なんだよね、きっと。
     
     お姫様に寄り添うように、横に座っていたマチアスさんは、すっご

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-2

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-2

     わたしが受験する王立学院では、六科目の学科試験の他に、実際に神霊術を使う実技試験がある。学科と実技の合計で、合格者を決めるわけじゃなく、実技はあくまでも〈参考〉らしいんだけど。
     わたしと文通してくれている、ネイラ様の説明によると、勉強は得意ではないけど、神霊術に素晴らしい才能を持っている生徒のために、実技が組まれているんだって。ルーラ王国で最高の教育機関である王立学院が、神霊術の才能を見逃すっ

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-1

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 3-1

     すっかり秋の気配が濃くなって、ひんやり冷たい風が吹き抜ける中、わたしは一人で町立学校に向かって歩いていた。とぼとぼとぼとぼ、とぼとぼとぼとぼ。
     われながら、元気のない足取りになるのは、仕方のないことだと思う。だって、十四歳のわたし、チェルニ・カペラは、今、大きな悩みを抱えているんだから。
     
     キュレルの街の守備隊分隊長のフェルトさんと、わたしの大好きなアリアナお姉ちゃんをめぐる事件は、一応、

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-37

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-37

     熊みたいな総隊長さんの挑発に乗って、大公騎士団の団長は、四十人もいる騎士たちに抜刀を命じた。キュレルの街のど真ん中で、まだ夜も早い時間なのに!
     あまりにも馬鹿だから、わたしの口がパカンと開いちゃったんだけど、お母さんにいわせると、必ずしも馬鹿だとはいえないんだって。
     
    「わたしたちは、ネイラ様のご助力や、神霊様のご加護があるから、気持ちを強くしていられるのよ。王族である大公の権力は強いから、

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-36

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-36

     ヴェル様が、うちの食堂を出て行くのと入れ違いに、お父さんとお母さんが戻ってきた。〈野ばら亭〉の従業員さんの振りをしている、神職の人たちから、大まかな話を聞かせてもらったんだって。
     わたしの大好きなお母さんは、エメラルドみたいに澄み切った緑の瞳を、好奇心できらきら輝かせながら、満面の笑顔だった。
     
    「オルソン子爵閣下から、ご伝言をいただいたの。いよいよ作戦の大詰めだから、〈捕縛の瞬間は、ご両親

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-35

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-35

     高貴なお姫様に、とんでもない勢いで罵倒されて、応接間にいた人たちは、呆然とした顔で固まっていた。お姫様は、大公に冷たい目を向けてから、黙って空いている長椅子に腰かけた。優雅で上品で、まるで自分の家みたいに自然な動作だった。
     
     呆然としていた大公は、自分が何をいわれたのか、だんだんと理解してきたんだろう。真っ赤になったかと思うと、青白くなり、最後には墓石みたいな顔色になった。人間って、あんまり

    もっとみる