opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 49通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  わたしが成人するまで、あと四年もあるんですけど、ネイラ様……。  すみません。一行書いたところで、ちょっと気が遠くなって、ペンが止ま…

    opsol book
    1か月前
    1

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 48通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  何時間か前、ネイラ様に宛てて書いた手紙を、アマツ様に届けてくださいってお願いしたら、鼻で笑われてしまいました。何の比喩だよ、って思わ…

    opsol book
    1か月前
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 47通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  今日は、ちょっと真剣な質問をしたくて、この手紙を書いています。もしも、聞いちゃいけないことだったり、答えられないものだったりしたら、…

    opsol book
    1か月前
    2

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 46通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  お父さんのキャラメルを喜んでもらえて、わたしもうれしいです。ネイラ様のお母さんが、一日に食べる数を決めちゃった話をしたら、うちのお父…

    opsol book
    1か月前
    1

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(詳細発表編)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。 opsol bookのヤナガワです。 noteに「小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(1)」を投…

    opsol book
    1か月前
    65

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 45通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様  前回のネイラ様の手紙は、かなり衝撃的でした。校長先生が、そんなに有名な人だったっていうのも、驚きといえば驚きでしたけど、〈只者じゃな…

    opsol book
    1か月前
    0
    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 49通目

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 49通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様

     わたしが成人するまで、あと四年もあるんですけど、ネイラ様……。

     すみません。一行書いたところで、ちょっと気が遠くなって、ペンが止まってしまいました。前回の手紙で、わたしに会いたいと書いてもらって、すごくうれしかったです。本当に、ごろごろ転げ回るくらい、うれしかったんですけど……わたし、まだ十四歳です。十八歳の成人までっていうと、あと四年もあるんですけど……?

     

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 48通目

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 48通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様

     何時間か前、ネイラ様に宛てて書いた手紙を、アマツ様に届けてくださいってお願いしたら、鼻で笑われてしまいました。何の比喩だよ、って思われるかもしれませんが、言葉通りの意味です。真紅の羽根を煌めかせ、朱色の鱗粉をまとった、世にも尊く美しいご神鳥が、本当に鼻で笑ったんです。ふんって、鼻息も荒く……。

     あまりにも頻繁に、手紙の配達をお願いしちゃったんで、不敬だったのかもし

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 47通目

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 47通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様

     今日は、ちょっと真剣な質問をしたくて、この手紙を書いています。もしも、聞いちゃいけないことだったり、答えられないものだったりしたら、そういって叱ってくださいね。

     それで、何を聞きたいのかというと、〈鬼哭の鏡〉についてです。この前の夜、わたしの家と〈野ばら亭〉を守るために、ヴェル様が鏡の神霊術を使ってくれました。(ヴェル様って、神霊庁の神使様なんですね。何というか、

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 46通目

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 46通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様

     お父さんのキャラメルを喜んでもらえて、わたしもうれしいです。ネイラ様のお母さんが、一日に食べる数を決めちゃった話をしたら、うちのお父さんも、とっても喜んでいました。ブランデーケーキとは別に、キャラメルも定期的にお届けするそうなので、召し上がってくださいね。(お菓子ばっかりで忘れそうになるんですけど、お父さんのパンやお料理だって、ものすごくおいしいんです。本当に、いつか

    もっとみる
    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(詳細発表編)

    小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(詳細発表編)

    いつもお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。
    opsol bookのヤナガワです。

    noteに「小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話(1)」を投稿したのが9月。そこから月日が経ち、あっという間に12月になりました。日ごとに寒さがつのってまいりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

    さて、本日はタイトルにもあるように、ハナショウブ小説賞の詳細を発表いたします。

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 45通目

    連載小説 神霊術少女チェルニ 往復書簡 45通目

    レフ・ティルグ・ネイラ様

     前回のネイラ様の手紙は、かなり衝撃的でした。校長先生が、そんなに有名な人だったっていうのも、驚きといえば驚きでしたけど、〈只者じゃない〉っていうのは、何となく感じてましたからね。わたしが唖然としたのは、むしろ校長先生の年齢の方なんです。

     六十代っていったら、そんなにおじいちゃんじゃありませんよね? 高齢者の前期っていうか、高齢者になりかけっていうか、高齢者の新人っ

    もっとみる