opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ 往復書簡

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』の外伝シリーズです。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ 『神霊術少女チェルニ 〈連載版〉』内で文通をしているふたり。 ふたりの間で交わされる手紙を、少しご紹介します。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-11

    02 カルカンド 状況は加速する11 永遠の別れか    王城の朝が始まり、|夥しい数の人々が職務に付き始めた頃には、ローザ宮の異変の噂は、熾火の如く王城内に広がって…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-10

    02 カルカンド 状況は加速する10 絶望     タラスとスラーヴァ伯爵が、寝室に続くカテリーナの居間に足を踏み入れたとき、正式な側妃に許された色合いの|黄白が、朝…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-9

    02 カルカンド 状況は加速する9 王国騎士団    ロジオン王国の慣わしとして、議会によって選出された正式な妃には、それぞれに花の名を冠した宮殿が与えられる。正妃…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-8

    02 カルカンド 状況は加速する8 恥辱の朝  側妃の|不貞を手助けした使用人達が、王国騎士団の騎士に連行される直前、只ならぬ出来事に揺れていたのは、王城を守る近衛…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-7

    02 カルカンド 状況は加速する7 罪の果て    タラスがスヴォーロフ侯爵を訪ねてから二日後の朝は、抜けるような晴天だった。その美しい青空の下を、麻縄で後ろ手に縛…

    opsol book
    1年前

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-6

    02 カルカンド 状況は加速する6 相克  ロジオン王国の王都ヴァジムは、王城が|聳え立つ丘陵を囲むように広がる、美しくも洗練された都である。王城に最も近い外周には…

    opsol book
    1年前
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-11

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-11

    02 カルカンド 状況は加速する11 永遠の別れか

     
     王城の朝が始まり、|夥しい数の人々が職務に付き始めた頃には、ローザ宮の異変の噂は、熾火の如く王城内に広がっていた。周囲への立ち入りを禁じられ、為す術もなく立ち竦む近衛騎士の一団と、仕事の合間を縫って噂を拾い集めに訪れた宮廷雀、主人たる貴族に命じられて様子を伺う陪臣達。そして、一分の隙もなくローザ宮を包囲したままの王国騎士団の存在が、薔薇の

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-10

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-10

    02 カルカンド 状況は加速する10 絶望 

     
     タラスとスラーヴァ伯爵が、寝室に続くカテリーナの居間に足を踏み入れたとき、正式な側妃に許された色合いの|黄白が、朝日を受けて柔らかに光る室内には、屈辱に燃える二人の王子と、身を寄せ合って震えている三人の王女が、一塊になって監視されていた。一人では着替えの置いてある場所さえ分からない彼らは、寝衣の上に薄い上着を羽織っただけの頼りない姿を晒していた

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-9

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-9

    02 カルカンド 状況は加速する9 王国騎士団

     
     ロジオン王国の慣わしとして、議会によって選出された正式な妃には、それぞれに花の名を冠した宮殿が与えられる。正妃エリザベタが住まうのは、百合を意味する〈リーリヤ宮〉であり、花の女王の呼び名に|相応しく、洗練の極地ともいうべき典雅な宮殿が聳え立つ。第四側妃カテリーナを主人とする〈ローザ宮〉は、咲き誇る薔薇にも似て豪奢であり、ロジオン王国の底知れな

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-8

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-8

    02 カルカンド 状況は加速する8 恥辱の朝

     側妃の|不貞を手助けした使用人達が、王国騎士団の騎士に連行される直前、只ならぬ出来事に揺れていたのは、王城を守る近衛騎士団である。純白の生地に黄金の獅子を描いた団旗が翻る近衛騎士団の本部は、異常な緊張と動揺に包まれていた。
     夜通し王城の警護に当たっていた近衛騎士によれば、早朝、王国騎士団が突如として第四側妃の住むローザ宮に踏み込み、多くの女官や従

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-7

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-7

    02 カルカンド 状況は加速する7 罪の果て

     
     タラスがスヴォーロフ侯爵を訪ねてから二日後の朝は、抜けるような晴天だった。その美しい青空の下を、麻縄で後ろ手に縛られた幾人もの男女が、裸足のまま引き摺られていた。着ている物は上等な女官服や女中服、或いは王城の|従僕が着る御仕着せである。ロジオン王国の誇る豪華絢爛たる王城で、只ならぬ何かが起こっているのだと、王城の者達は誰もが一目で察していた。

    もっとみる
    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-6

    フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 2-6

    02 カルカンド 状況は加速する6 相克

     ロジオン王国の王都ヴァジムは、王城が|聳え立つ丘陵を囲むように広がる、美しくも洗練された都である。王城に最も近い外周には、五家の公爵家を始めとする高位貴族の大邸宅が豪奢を競い、更にその外周には、地方領主達の王都屋敷が立ち並ぶ。ロジオン王国に存在する八百余の貴族家の内、半数程の貴族達は、この貴族街に屋敷を構えているのである。
     貴族街の外周の一角、高位貴

    もっとみる