opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

opsol book

三重県伊勢市にある小さな出版社です。 小説家になろうにて好評連載中の『神霊術少女チェルニ』が待望の書籍化、2021年12月24日(金)全国の書店にて発売決定! 既刊『フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ』リニューアル版もnoteと小説家になろうにて投稿中です。

    マガジン

    • 神霊術少女チェルニ〈連載版〉

      『小説家になろう』で大好評連載中! 須尾見蓮先生による『神霊術少女チェルニ〈連載版〉』を、こちらからまとめて読むことができます。 ※本連載投稿は、『小説家になろう』に連載されているものと同内容です。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・  ほとんどの国民が神霊術を使うルーラ王国の南部、キュレルの街で営む食堂兼宿屋の〈野ばら亭〉。  〈野ばら亭〉の看板娘で、町立学校に通う神霊術の天才、チェルニ・カペラが、いつものように調理場のお父さんのお手伝いをしていると、食堂の扉が勢いよく開いた。 「チェルニちゃん、いてくれてよかった。きみに力を貸してほしいと思っているんだ。街の子供たちが三人、拐われたかもしれない」  この誘拐事件をきっかけに、チェルニの運命は大きく動き出す――。

    • 小説コンテストを開催することにした、駆け出し出版社の話

      opsol book初の小説コンテスト開催が決定しました。 コンテスト名やロゴが決まるまでの道のり、opsol bookの会議の様子などをリアルタイムでお届けします。

    • フェオファーン聖譚曲op.Ⅰ 黄金国の黄昏

      リニューアル版を連載しています。こちらからまとめて読むことができます。

    記事一覧

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-9

     フェルトさんが、クローゼ子爵家のいいなりにならなかったら、アリアナお姉ちゃんたちを誘拐して脅迫するか、フェルトさんやわたしたちを殺そうとするかもしれない……。…

    opsol book
    2か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-8

     神去りのクローゼ子爵家から、フェルトさんとアリアナお姉ちゃんを守り、子供たちの誘拐事件の真相に迫るために、ネイラ様と王城が罠を仕掛ける一日目……って、長いな。…

    opsol book
    2か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-7

      二つの大きな力は、あっという間に近づいてきて、うちの家に到着した。でも、すぐには入ってこなくて、スイシャク様と紅い鳥は、ゆっくりとうちの家の上を回っている。…

    opsol book
    2か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-6

     さて、それからも長い時間をかけて話し合ったわたしたちは、翌日からさっそく行動を起こすことにした。善は急げっていうし、いろいろと予想していながら、結果的に間に合…

    opsol book
    2か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-5

     クローゼ子爵家のお屋敷にいる雀は、一羽だけじゃなかったみたい。入り口に張り廻らされている、神霊さんからの〈縁切り状〉を見て、わたしが硬直していると、今度はヒョ…

    opsol book
    2か月前

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-4

     突然現れた巨大な雀は、不機嫌そうな顔のまま、わたしをじっと見詰めている。わたしはさっと床に下りると、雀の前でひざまずいた。  ふくふくした羽毛とか、真っ黒でま…

    opsol book
    2か月前
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-9

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-9

     フェルトさんが、クローゼ子爵家のいいなりにならなかったら、アリアナお姉ちゃんたちを誘拐して脅迫するか、フェルトさんやわたしたちを殺そうとするかもしれない……。
     
     ヴェル様の話が怖すぎて、思わず硬直していると、腕の中のスイシャク様と、肩にとまったままのアマツ様が、白と紅の光で、わたしの身体をぐるぐる巻きにしてくれた。
     何も心配することはない、ちゃんと守ってあげるから、自分にできることで立ち向

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-8

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-8

     神去りのクローゼ子爵家から、フェルトさんとアリアナお姉ちゃんを守り、子供たちの誘拐事件の真相に迫るために、ネイラ様と王城が罠を仕掛ける一日目……って、長いな。この先は、単に〈作戦一日目〉とかにしよう。
     
     作戦一日目は、気持ちの良い快晴だった。朝起きると、左の肩口にスイシャク様、右の肩口に紅い鳥のアマツ様がいて、わたしの頬にぴったりとくっついて眠ってた。
     柔らかくて、温かくて、すごく気持ちが

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-7

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-7

      二つの大きな力は、あっという間に近づいてきて、うちの家に到着した。でも、すぐには入ってこなくて、スイシャク様と紅い鳥は、ゆっくりとうちの家の上を回っている。スイシャク様は右回りに三回、紅い鳥は左回りに三回。
     わざと軌道をずらしているみたいで、分体が動いた後にできる光の帯が、まるで何かの印みたいに見える。そう、家のなかにいるのに〈視える〉んだ。万事に気の利くスイシャク様が、今だけ視点を共有させ

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-6

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-6

     さて、それからも長い時間をかけて話し合ったわたしたちは、翌日からさっそく行動を起こすことにした。善は急げっていうし、いろいろと予想していながら、結果的に間に合わなかったりしたら、余計に悔しいからね。
     
     わたしの最初の役割は、ネイラ様に手紙を書いて、事情をお知らせすることだ。できるだけ正確に情報を伝えて、ネイラ様の指示を仰ぐ。
     本当にクローゼ子爵家とセレント子爵がつながっているとしたら、ルー

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-5

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-5

     クローゼ子爵家のお屋敷にいる雀は、一羽だけじゃなかったみたい。入り口に張り廻らされている、神霊さんからの〈縁切り状〉を見て、わたしが硬直していると、今度はヒョイって視点が上がったんだ。
     
     目に入ってきたのは、大きくて立派な部屋だった。多分、応接間とか居間とか、人が集まる場所なんだろう。そこには十人近い人たちがいて、怖い顔で何かを話し合っていたんだけど、わたしは話の内容どころじゃなかった。だっ

    もっとみる
    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-4

    連載小説 神霊術少女チェルニ〈連載版〉 2-4

     突然現れた巨大な雀は、不機嫌そうな顔のまま、わたしをじっと見詰めている。わたしはさっと床に下りると、雀の前でひざまずいた。
     ふくふくした羽毛とか、真っ黒でまんまるな瞳とか、ジタバタしたくなるくらい可愛いくても、これはただの雀じゃない。いや、もちろん大きさ的にもただの雀じゃないんだけど、それ以前に、この雀は神霊さんの分体なんだから、礼を尽くすのは当たり前なんだ。
     
     でも、わたしが学校で習った

    もっとみる